仮想通貨チリーズのプラットフォームが11月末にユベントスファントークン発行へ

仮想通貨チリーズのプラットフォームが11月末にユベントスファントークン発行へ

仮想通貨チリーズ(Chiliz)が10月25日、ツイッチ・ツイッター(ペリスコープ)・ユーチューブ・フェイスブックと4つの配信方法を通じて質問会(Ask Me Anything)を開催した。

この放送中にチリーズのアレクサンドレ・ドレイファス(Alexandre Dreyfus)最高経営責任者(CEO)は、ファントークンオファリング(FTO:Fan Token Offering)という独自の方式でイタリアのサッカーチームであるユベントスのファントークンを11月末に2ユーロで販売することを発表している。

ファントークンオファリングとは

ファントークンオファリングとは、チリーズのプラットフォームであるソシオスドットコム(socios.com)を通じて行われるファントークンの販売方法である。11月6日にソフトローンチされるソシオスドットコムのアプリ上でファントークンは、チリーズを使って取引される。

ユベントスを含めてsocios.comは、現段階で6つのサッカーチームと1つのeスポーツチームと提携している。25日の質問会では、提携全チームのファントークンオファリング開催時期を発表した。ユベントス以外の提携チームのファントークンオファリングは、以下のタイミングで行われる。

  • パリ・サンジェルマン:2020年1月開催予定
  • アトレティコ・マドリード:2020年1月開催予定
  • ガラタサライ:2020年2月開催予定
  • ウェストハム・ユナイテッド:2020年2月開催予定
  • ASローマ:2020年2月開催予定
  • OG(eスポーツチーム):2020年3月開催予定

なおこれまでにアトレティコ・マドリードのファントークンは2ユーロ、ウェストハム・ユナイテッドのファントークンは1ポンドでファントークンオファリングが行われると発表されている。

ファントークンとは

ファントークンには、各チームが行う投票への参加機能が付いている。投票には各チームが投票結果に必ず従う拘束力のあるものと、必ずしも結果に従う必要のないものの2種類が存在する。なお投票にファントークンを使用しても、ファントークンそのものは消費しない。25日の質問会でアレクサンドレ最高経営責任者は、「会員カードのような感覚で使って欲しい」と語っている。

参考
Chiliz $CHZ x Socios.com – Alex Dreyfus Keynote October 25th 1PM CEST

【こんな記事も読まれています】
仮想通貨チリーズ(Chiliz)がポケモンGOのような新機能トークンハントを発表
サッカーチームと提携の仮想通貨チリーズ(Chiliz):バイナンスデックス上場予定
バイナンスDEXに上場したチリーズ(CHZ)のソシオスドットコムがeスポーツチームと提携発表

文:かにたま

Source: 仮想通貨ビットコイン

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。