レンドロイド Lendroidの週刊ハイテクラウンドアップ

強度テスト!

この夏、 ENSローンのデモを開発したとき、私たちのスマート契約フレームワークスタックはTruffleフレームワークとRemix IDEで構成されていました 。
当時のユースケースでは、このスタックは急速な開発のための理想的な組み合わせに見えました。
devcon3でのDapptoolsの発表以来、私たちはDapphubツールキットのフレームワークに移行しようと努力してますが、実はフタを開けると思うより良い結果が現れてきています。

ベースレベルでテストされていないコードは構築に適していません。
したがって、relayerやwrangler固有の機能を含むように契約を拡大する前に、基本的なビジネスロジックが安定しており、十分にテストされていることを確認することが重要だと感じました。

我々のスマートコントラクトはGithubのリポジトリよりご覧になれます(英語)↓
https://is.gd/ZatMzp

特典:レンドロイド公式ブログより(英語)
https://is.gd/bFv8up

レンドロイドジャパン

Source: レンドロイド正規販売代理店公式サイト

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。