【2018年予想】将来のバブル崩壊後を予想☆彡【仮想通貨】(その2)

f:id:niracryptocurrency:20171204193145p:plain

 

こんばんは! にらたま(@jyImbQ93)です。

 

昨日のブログ『【2018年予想】来年の展開を予想中☆彡【仮想通貨】(その1)』で、

 

「2019年か2020年にはバブル崩壊の可能性があるんじゃないか?」

と書きましたが・・・

 

cryptocurrency-nira.hatenablog.com

 

今回は、その補足を少しだけ書きます。

 

 

質問を頂きました。

 

昨日のブログ内容について質問を頂きました。

ありがとうございます!

 

 

回答が少し長くなってしまったので、ブログで失礼します(*´з`)

 

 

バブル崩壊後の予想

 

先に結論から言うと、私は、

 

①コイン価格

②コイン性能

 

を、別で考えています。

 

「ドットコムバブル」「日本の土地バブル」と同じイメージです。

 

ドットコムバブルは、インターネットが登場して、

 

「これは革命だ!」

 

「インターネットを使った企業は成長する!つまり、企業収益も爆発的に伸びるはずだし、株価もいつまでも上昇し続けるはずだ!」

 

という流れに。

 

 

しかし、

株価が、企業収益の実体に追いつかない異常値まで上り詰めたため、最後はバブル崩壊となりました。

 

そこで実力の無い会社は潰れましたが、アマゾンなどほんの一部の会社は生き残りました。

 

ただ、アマゾンだろうと、当時は天井から19分の1の価格まで急落し、その後10年近く経ってやっと高値更新しました。

 

f:id:niracryptocurrency:20171204184720p:plain

 

 

Nasdaq指数も同じく、5分の1まで急落して高値を抜くのに15年ほどかかりました。

 

f:id:niracryptocurrency:20171204184743p:plain

 

日本の土地バブルも、異常な土地価格が付いて、その後崩壊。

これに関しては、ほとんどの土地で、未だにバブル時の価格を取り戻せていません。

 

 

個人的な予想ですが・・・

 

仮想通貨もこれらのバブル時と同じく、

 

→実体に合わないコイン価格まで、行くところまで行って、その後、コイン価格は急落。

→ICOコイン含め、仮想通貨の9割以上は消滅する。

→ただし、実需で使われている一部のコインは、消滅はせず、生き残ると思います。

 

 

ただ、バブル崩壊後のコイン価格がどうなるかは、人々の価値判断次第なので、どうなるかまだ分かりません・・

 

つまり、そのコインが生き残り、「コインの性能」がどんなに素晴らしいもので、世の中で利用されていったとしても、一方で、「コイン価格」は別の話だと考えています。

 

「コイン価格」は、「買い手」がいて初めて値が付きます。

(もちろん「売り手」も必須。)

 

買い手となる大衆・企業が、「幾らだったら買うか?」次第です。

 

現状の仮想通貨は、皆さんが「上がる!」と強く思っているので、そのエネルギーが強いので、BTC100万円以上、ETH5万円以上の値が付いていますが、

 

皆さんが「BTC100万円の価値は無い。」と判断した途端、コイン価格は下落します。

 

チューリップバブル、ドットコムバブル、土地バブル、リーマンショックは、全く同じ原理です。

 

今のように、大衆が「今の値段でもコインを買いたい!」と思えば、価格はまだ上がっていくでしょうし、

反対に、今の日本の土地のように、「土地としての価値はそれなりにあるけど、バブル時の土地価格ほどの価値は、今も無い。」と判断され続ければ、価格は低迷したままかと。

 
//

-スポンサードリンク-

 

 まとめ

 

頂いた質問とずれてしまいましたが、

 

>『仮想通貨の機能によって今後様々な分野で利便性が高くなると思うのですが崩壊したらそれらはなくなるという見方ですか?』

 

こちらの回答としては・・・

 

一旦、仮想通貨のバブルが崩壊したとしても、一部のコイン自体は生き残り、世の中で利用され続けると思います。

 

 

理想としては、「コイン価格」「コイン性能」が比例しながら、ゆっくりとコイン価格が推移してくれれば、バブル発生バブル崩壊も起きないので良いのですが、これまでの経済・金融の歴史を見る限り、それはあまり望めなそうですね(*´з`)

 

 

さいごに・・・

イチ仮想通貨投資家として、

 

「コイン価格」は置いておいて、)

「ブロックチェーン技術」「それを利用して開発された各種コイン」はどれも素晴らしい可能性を秘めていると思うので、コイン価格が一旦バブル崩壊したとしても、コイン自体はその後も長きにわたって、世の中に受け入れられることを望んでいます☆彡

 

(9月記事)バブルの比較 その3

cryptocurrency-nira.hatenablog.com

 

(9月記事)バブルの比較 その2

cryptocurrency-nira.hatenablog.com

 

(9月記事)バブルの比較 その1

cryptocurrency-nira.hatenablog.com

Bye-bye(^_-)-☆ 

Source: にらたまちゃんの【仮想通貨・株式投資】テクニカルメモ☆

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。