JPモルガンブロックチェーンのスピンオフ、カデナ社が2.4億を資金調達

JPモルガンブロックチェーンのスピンオフ、カデナ社が2.4億を資金調達

スマートコントラクトのスタートアップ、カデナ社は新しいブロックチェーンのプロジェクトのため、シリーズAラウンドとして、2,250,000ドル(2.4億)を個人資産からSAFT roundとして調達した。

メタステーブル社、キロワットキャピタル社、コインファンド社、マルチコインキャピタル社が、SAFT roundを通じてカデナ社に投資した。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位 取引所 特徴 公式
Zaif 【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%! 公式サイト
bitFlyer ビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍 公式サイト
GMOコイン  リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン! 公式サイト

資金調達の目的はスケーリングとセキュリティ問題に注力するため

「我々はチェーンウェブをサポートする。資金調達はスケーリングやセキュリティ問題をにフォーカスし、取引をする過程で、ビットコインのような一つの分権型ブロックチェーンを使うものではなく、多種のブロックチェーンのつながりによって作られるものである。」

とカデナ社の創業者スチュアート・ポプジョイ氏は述べた。

「多種のブロックチェーンを利用によってユーザーは、ビットコインやイーサリアムのような他の公共のブロックチェーンのネットワーク問題を避けることができる。」

と、元JPモルガンのブロックチェーン開発者は話した。

彼は続けて説明した。

「Cryptokittiesというアプリケーションは、5または6つのブロックチェーンで実行できる。大規模なICOは、ネットワーク上で他のブロックチェーンチェーンで実行でき、遅延することがない。またネットワークが密集している場所でネットワーク回線が問題となっているのであれば、新たなブロックチェーンを作り、実行することができる。」

異なるブロックチェーンは、それぞれが独立したブロックチェーンとして動くことを保証するハッシュに相互に統合される。それらのブロックチェーンは、情報を交換することができ、台帳間でコンセンサスを形成している。

他のスケール計画とは違い、ChainWebの並列ネットワークモデルは、大量のトランザクションの処理に、サイドチャンネルやブロックチェーンの一部を利用せずに、セキュリティを維持している。

ハイレベルなセキュリティ

また、スチュアート・ポプジョイ氏はは「カデナ社のテストで、約1,000もの異なるチェーンを提供するという計画は、ハイレベルのセキュリティであることが判明した」と供述した。

「さらに、それらのチェーンはKadenaのトークンを提供するが、リリースされるトークンの数とリリース予定時期は未定である。」

とスチュアート・ポプジョイ氏はは述べた。

つまり、ChainWeb(チェーンウェブ)プロトコルでは同じコインは2つのチェーン上に同時に存在することができないことを保証している。

あなたが、ある通貨を別のチェーンに動かしたい時、「簡易的な支払いの確認」つまり、そのコインは他の所に作成される前にチェーン上から消されるのだ。

このプロジェクトはユーザーにとってより便利スマートコントラクト用の言語を発展させるために始まった。スチュアート・ポプジョイ氏はは

「それは、カデナ社によってすでに企業に提供しているスマートコントラクトサービスであるPactに導入される」

と述べた。

しかし、ChainWeb(チェーンウェブ)は単なる営利活動の枠を越えて公的なネットワークになるだろう、と彼は主張した。

ChainWeb(チェーンウェブ)の並列ネットワークモデルを利用しているカデナ社は、プレスリリースの通り、低コストでの取引を維持しながら、1つのトークンが1秒間に最大10,000以上ものトラザクションを処理できるようになることを望んでいる。

仮想通貨最新ニュース一覧

参考記事

https://www.coindesk.com/jp-morgan-blockchain-spin-off-raises-2-25-million/

Source: Col.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。