カルダノブロックチェーンの第三者監査機関にFP Completeを指名

ニュースレターにありました「カルダノ財団はFP Completeをカルダノブロックチェーンの独立した第三者監査機関に指名しました」についての記事が全文英語でしたので、Google翻訳した文章を転載しておこうと思います。
機械翻訳ですので、正確さはあまり無いかもしれませんので、ご了承ください。

以下、翻訳文

開発専門家はカルダノのコードと技術文書の包括的なレビューを提供する

ツーグ、スイス、2018年1月24日 – Cardano Foundationは、Cardanoの開発チームであるIOHKによって完成されたエンジニアリング作業の独立した監査を提供するため、ITエンジニアリング専門家FP Completeを任命しました。
カルダノブロックチェーンプロトコルの更なる監査改善のため。

マイクロソフト独自の社内エンジニアリングツールであるAaron Contorerの元首によって設立されたFP Completeは、Cardanoの第3世代ブロックチェーンプロトコルを構築するために使用される関数型プログラミング言語であるHaskellの商用ツールおよびエンジニアリングの世界的なサプライヤです。
保持されている契約の一環として、FP Completeは、堅牢性、セキュリティおよび監査機能に重点を置いて、Cardanoソフトウェアの品質を検証するコードレビューを実行します。

また、カルダノの技術文書および操作手順のレビューを完了し、IOHKがこの進行中の作業を使用して、カルダノの実装に使用されるエンジニアリング手法、ツール、およびコーディング標準を最適化できるようにします。
この開発アプローチはユニークであり、イノベーションと技術的厳しさに対するカルダノのコミットメントを示しています。

カルダノ・ファウンデーションとFPコンプリートは、2月から定期的なレポートを作成し、コミュニティと共有して監査結果の詳細を説明します。
これは、Cardanoプロジェクトの透明性の目標、Cardano Foundationの標準化、保護、促進の目的を満たすアプローチです。

カルダノ財団のマイケル・パーソンズ会長兼エグゼクティブ・ディレクターは次のようにコメントしています。
「この重要な役割を果たすプロジェクト・チームにFP Completeを追加することは、高品質なブロックチェーン・エンジニアリング、プロジェクトの透明性、厳格で独立した監査プロセスへのコミットメントを示しています。
FP Completeの任命はこれらの価値を反映しています。
カルダノはカルダノブロックチェーンの独立した第三者監査のためにFPコンプライアンスを慎重に募集しており、オープンソースのブロックチェーンが可能な限り安全で安定して堅牢であることを保証しています。
継続的な統合、エンジニアリングプロセス管理、Haskellエンジニアリング、セキュアなスケーラブルなクラウドシステムに関する当社の専門知識の恩恵を受ける」と語った。


Source: 非公式エイダコイン情報メモ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。