Pawn Heroが発行するHERO TOKENと競合プロジェクトの比較

 

HEROとは

Heroは東南アジアの銀行口座を持たず金融サービスにアクセスできないユーザー向けの金融ソリューションです。

Hero(ヒーロー)SoftbankやAlibabaと出資提携している子会社を持つ企業が仕掛ける金融系ソリューション

融資サービスの必要性と需要

途上国には、20億人ものユーザーが、世界経済からの孤立しており、金融サービスにアクセスできないでいるとされています。

主な原因は、

  • 既存の資本運用に関する制度が非効率的である
  • 金融インフラが未発達である

ことだと指摘されており、これらの構造がさらに、彼らが貧困状態からの脱出および途上国の経済成長をより困難にしているとも言われています。

この問題に対し、ブロックチェーンを利用した融資サービスを主軸とするプロジェクトは数多く近年誕生しており、特にモバイル端末を利用したマイクロファイナンス(小口の低金利融資)ソリューションが注目されています。

ブロックチャーンの支持者によれば、仲介者を介さずに人々をお互いに直接つなげる技術は、マイクロファイナンスの再考の第一歩です。

ピア・ツー・ピア送金および貸出プラットフォームの共同創設者であるTedna Reisは、昨年初めにこの機能のためにブロックチェーンを探索し始めています。

MoedaのCTO、Brad Chun氏は、ブロックチェーンを使用することで、監査機能が容易になり、最終的に操作効率が向上すると主張しています。集中化されたデータベースを使用する伝統的なサービスプロバイダーよりも低い貸出コストに対応できます。

そして、ブロックチェーンの背後にあるのが、信頼ベースのネットワークです。

この信頼ネットワークを拡張して、信用を得るために評価ベースのプラットフォームを構築するために活用することができます。

そのようなブロックチェーンに基づくデジタルアイデンティティは、借り手が独自の経済的な履歴と信用プロファイルを構築することができるため、非常に期待されています。

これらの事例のように、ブロックチェーンによるマイクロファイナンスによって、途上国に暮らす貧困層の人々が安定的な生活を実現するための基盤を提供し、拡大する金融格差を解消することができます。

競合となるプロジェクトの比較

Heroのプロジェクトの中核は融資サービスであり、ターゲット層は東南アジア圏です。

類似したプロジェクトは複数あり以下が挙げられます。

Everex(エベレックス) : モバイルアプリケーションを介した国際的なマイクロファイナンスプロジェクト

ETHLEND (イーサレンド ):分散型のP2P融資プラットフォーム

以下、簡単にまとめた表です。

  HERO Everex ETHLEND   
シンボル HERO EVX LEND  

トークン特性

ユーティリティ

①プラットフォームの永久会員

②プラットフォーム上の企業へのファイナンス提供  

③資金調達提供優先アクセス権利         ・配当権利(20%分配)

ユーティリティ

ユーティリティ          

①ローン手数料割引(25%).  

②エアードロップ(20%)

 

技術

イーサリアムベースのDApps.            ・借り手トークン     ・認定登録             ・法規制準拠         ・評判システム

 主要なイーサリアムアプリケーション関連

・インフラサービス提供        ・RSK coinigy 

 分散型担保付き貸付             デジタルトークンとENSドメイン担保            第三者信用格付け(uPort bloomcredit)分散型信用格付け(DCR)     オンデマンド貸出                信用リスクのための予測市場(Gnosis Augor)           人工知能AIプロトコル       競争入札機能 分散型保険政策                  法定ペッグ通貨による為替リスク管理

 

対応通貨

イーサリアムベース通貨 イーサリアムベース通貨 イーサリアムベース通貨  

融資モデル

質入れの担保ローンからソーシャル無担保ローンまで モバイル機器によるマイクロクレジットサービス デジタルトークンを担保としたP2P分散型ローンシステム  

プロトタイプ

 MVP アンドロイド&ウェブウォレット  稼働済み  
ビジネスモデル PawnHero(2015〜オンライン貸付)       フィリピン事業展開からベトナム、インドネシア、タイヘ展開                  金融ライセンス取得済み(ベトナム認可)  バンコク銀行提携        マイクロファイナンス  現物資産のトークン化(不動産・自動車・株式など)  
ユーザーエクスペリエンス

 サービス

・低金利                  ・

多種の機能

・クイックデポジット               ・瞬時転送      ・国際モバイル支払い            ・世界中のATM出金   

 簡素化

・世界中どこからでも融資可能               ・改ざん不可のデータ契約      ・モバイルはインターフェース(Status.im)             

 
         
調達額 3100万ドル(経過中) 2584万ドル(完了) 1786万ドル(完了)  
取引所 QRYPTOS(3月予定)

Binance Huobi HitBTC          KuCoin           OKEx             Tided

Binance        Kucoin.         HitBTC.      OKEx      

特にETHLENDは分散型のP2P融資プラットフォームプロジェクトということで、多数のブロックチェーン企業とも提携しており、今後各業界で需要が増えていくことが予想されます。

ETHLendは、借り手と貸し手の両方にとって容易なプラットフォームです。ここでは、貸し手と借り手が会って、ローン期間から金利までのすべてを決定することができます。 Jibrel(後述)ように、プラットフォームはEhtereumネットワーク上で動作し、ERC20トークンを使用してローンのデポジットとして機能します。借り手が債務の返済に成功した場合、すべての担保は没収されます。これは、サービスがブロックチェーン上にあり、LENDトークンを使用することを除いて、大部分のピアツーピア貸出サービスのように機能します。

ETHLendはBrickblockとの戦略的パートナーシップを発表し、ブロックチェーンのさらなる貸し出しの機会を模索しています。 Brickblock自体は、実世界の資産と暗号化された通貨を結びつけて、新しい世代の資産取引プラットフォームを構築することを目指す取引プラットフォームです。 Brickblockを使用すると、ETfの不動産とコインファンドをブロックチェーンで取引できます。まもなく、すぐに会社はトークン化された最初の不動産建物をその資産証書で販売する予定です。

分散型貸出プラットフォームのETHLendはトレーダーにとってどのようなメリットがあるのか?

 

また、こちらの表には載せていませんが、融資プラットフォームの観点から見ると他にも有望なプロジェクトは沢山あります。


SALT

SALTは、暗号化資産からお金を稼ぐための代替ルートを提供します。ブロックチェーンを使ってローンを返済する貸出プラットフォームです。

簡単に言えば、SALTは現金融資の担保としてブロックチェーン資産をリストする機能を持ちます。すべての暗号資産保有者は、融資が返されるとすぐに他の人に貸与し、利息を受け取り、暗号資産を取り戻すことができます。

SALTは、前払い手数料を提示せずに投資家を引き付け、金利は関係当事者間の相互合意に依存します。融資申請のプロセスは、伝統的なサービスと比較してはるかに簡単です。クレジットスコアは必要なく、借り手の履歴に焦点を当てるのではなく、SALTは暗号の可用性と資産価値に注意を払っています。そのようなモデルは、最初は危険に見えるかもしれませんが、すべての融資が法的に準拠したスマート契約で保護されているわけではありません。

すべての公的SALT貸し手は、SALT融資適格性テストに合格し、認定された投資家になる必要があります。 SALT貸出プラットフォームの最初のバージョンは、今月末に開始する予定です。したがって、どのように再生されるのか見て興味深いでしょう。


Jibrel.Network(ジブラル・ネットワーク)

もう1つの有望な暗号化貸出プロジェクトはJibrel Networkです。ユーザー、ブローカー、投資家が金融資産をトークン化して利益のためにブロックチェーンで売却できる場所です。

プラットフォームはまだ開発中ですが、暗号化の愛好家やICO投資家から強力なサポートを受けています。さらに、その事前販売ICOは成功以上のものであり、3百万ドル以上の資金調達を行い、個人投資家ならびにTaaS Fund、Tech Squared、Aurora Partnersなどの機関からも資金を集めました。

Jibrelは、現金やその他の金融商品を暗号化に変換するプロセスを容易にしようとしています。個人や組織は、貴重品を安定した透明な金銭トークンに保管することができます。資産の代わりに、ユーザはEthereum ERC20スマート契約上で実行される預託受領書(CryDR)を取得します。 CryDRは完全にAML / KYCに準拠しているため、実際の金融規制に基づいています。許可されたユーザーだけがプラットフォームのフル機能を利用できるようになります。

まず、Jibrelは、6つの決済通貨と2つのマネーマーケット商品をサポートしますが、将来的には、より多くの通貨、有価証券、商品、さらには株式をサポートする予定です。

融資プラットフォームだけで見ると、これらのプロジェクトが今後主導的な立場となっていくことは間違いなさそうです。

トークンセール開催中

現時点で、ICOだけで2930万ドル程度調達しています。

 

期間はまだまだありますので、こちらから参加できます。

HEROトークン購入

登録しましたら、ダッシュボードからBuy Tokenを選択します。

通貨を選択します。

 

アドレスが出ますので、こちらのコントラクトアドレスへ送金します。

 

日本語ガイドがありますので、参考にしてください。

https://medium.com/@HeroToken/japanese-instructions-token-sale-ad94cc97de0b?source=linkShare-8fc3431391d5-1517792675

総括

HEROは競合プロジェクトの多い銀行系融資サービスに取り組んでいますが、ビジネスモデルがしっかりしており、上場先も決まっているので、早い段階で、参加するメリットは多少あるかと思います。

2017年は暗号コミュニティにとって信じられない成長を見せた年となりましたが、 2018年にはさらにブロックチェーンサービスが実用化の点で、実施されることが期待できます。

融資だけでなく、支払い、銀行業務、ゲームサービスなど、ブロックチェーンはすでに世界を変えつつあります。

関連リンク

公式サイト

白書

twitter

facebook

telegram

Source: BAB

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。