くだらないと一蹴するのはもったいない!「ブロックチェーン×ゲーム」は超熱いんですよ!

スクリーンショット 2018 02 08 11 19 15

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

まままままま、マジで!!

こんなにワクワクするのに、なぜ伝わらないんだろう……。

こういう人たちって、なんでも「つまらない」「くだらない」「クソみたい」とか言って、未来をスルーしてしまうんでしょうねぇ……。もったいない!!

というか「クソみたいなゲーム」も何も、イーサごっち、まだリリースしてませんしねw

というわけで、事前登録して無料タマゴゲットしましょう〜。

Aethia(イーサごっち)に登録する


具体的に何が面白い?

ブロックチェーンの特徴とゲームを絡めると、いろいろなことができるんです。

具体的にはどんな特徴があるか。ここらへんでしょうかね?

  • データの改竄・不正コピーができない
  • トークンを導入できる(ゲーム内通貨や手数料として利用)
  • ブロックチェーン上のシステムはサーバーダウンしない
  • 他のdapps、トークンとも連携できる

もっともわかりやすいのは「Decentraland」ですかね。、こちらも未リリースですが。

Decentralandは、ブロックチェーンをベースに作られたVRゲームです。セカンドライフを想像していただければいいのではないかと。

VR空間上で土地を購入し、そこで様々なコンテンツを提供することができるゲームです。

VR空間上にゲームセンターを作る、ライブイベントや講座を開催する、VRアイテムを販売するショップを作る、観光地を作る……なんて利用イメージが語られていますね。

それって失敗した「セカンドライフ」と何が違うの?という点に関しては、Decentralandの通貨は、リアルマネーとがっつり連携しているんですよ

ゲーム内通貨である「MANA」はすでにBinanceなどでトレードできます。

つまり、DecentralandでMANAを稼ぐということは、リアルなお金を稼ぐことと同義なわけですね。

スクリーンショット 2018 02 08 10 40 31

んでもって、Decentraland上のアイテムや通貨はブロックチェーンに乗っているので、改ざんすることは不可能です。

もちろんトランザクションはすべて公開されるので、透明性も高いです。資産としても「リアル」な価値を持ちやすいわけですね。


最後に、実に破壊的なのは、他のゲームとの相互運用性が出てくる点です。

トークンという点でいえば、たとえば「Decentralandで稼いだMANAを、BancorでCHIに変換し、イーサごっちで利用する」なんてことは、割りとすぐにできるようになるでしょうね。

各サービスのゲーム内通貨が、市場を通じて他のゲームとつながっていくのです!ワクワクですね〜。

より長い目で見れば、トークン以外のアセットやコンテンツも、相互運用されるようになっていくのでしょう。

Decentralandで作ったVRコンテンツを、VIBEHubで売買できる」みたいな。


ゲームがお金になる。

ブロックチェーンにゲームを載せることで、ゲーム世界は大きく拡大し、その他のゲームはもちろん、リアルな世界ともつながってくるのです。

わかりやすくいえば、たとえば「イーサごっち」のレアキャラが100万円くらいで売買されるのは、そう遠くないんじゃないかとクリプトキティーズは1,000万円くらいで猫売れてるんでしたっけ?w

ゲームをがんばればがんばるほど、お金が稼げる時代になっていく……というのはかなりワクワクしませんか?

すでにプロゲーマー市場は存在しますが、これがトークンによって大きくアップデートされるわけですよ。うーん、胸熱!

……とはいえ、ブロックチェーン×ゲームという領域は、まだ実験が始まったレベル。実際にどうなるかは誰にもわかりません。

いろいろ触ってみないとなんともわからないので、イケハヤはイーサごっちのタマゴをゲットしたわけです。これ瞬殺なので、配布時間になったら速攻で申請しましょうw

Aethia(イーサごっち)に登録する




Source: まだ仮想通貨持ってないの?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。