TokenPay(トークンペイ)はXVG(Verge)に続けるのか。最もセキュリティとプライバシーに優れた通貨の誕生。

 

今回ご紹介するのは匿名性の高い通貨です。

Monero(XMR)、DASH、Zcash(ZEC)などの主要匿名通貨を勝る機能を備えています。

TokenPayとは?

TokenPayは、高度なセキュリティとプライバシー機能を備えたビットコインの暗号化技術を組み込んだブロックチェーンプロジェクトです。

さらに、TokenPayは、銀行とクローズドエンドのプライベートエクイティを組み合わせたプラットフォームを構築しています。

これにより、消費者および加盟店サービスを通じてコインの幅広い採用が可能になります。

 

TokenPayプラットフォームについて

TokenPayプラットフォームは、分散型で自己検証可能な支払いプラットフォームです。

数学に完全に基づいており、複数の当事者間の安全な取引を可能にするように設計されています。

フォーカスポイントとして、最大限のユーザーセキュリティを使用して、システムは暗号化されたTorブラウザネットワークを介して排他的にアクセスされます。

トランザクションは、最新の最も高度な安全機能が組み込まれたTPAYと呼ばれる、独自の独自のトラッキング不可能な暗号化方式で行われます。

これらの特性には、ステルス・アドレッシング・システム、暗号化されたメッセージング、完全に匿名の取引、および任意の条件下で迅速かつ安全な取引を可能にするユニークに設計されたハッシング・アルゴリズムが含まれてます。

TOR統合によりプライバシーを高める

同社のデジタルエコシステムは、カスタマイズされた2-of-3 マルチ署名エンジン(MTE)によってさらに支えられており、堅牢な仕組みになっています。

この高度なプロトコルは、TPAY通貨のユーザーを保護し、対応するデータがブロックチェーンに公開される前に、各当事者がトランザクションを承認する必要があるためプライバシー保護が高まります。

従来の決済サービスとは異なり、いつでもユーザーファンドを集中管理することはできず、参加者は、秘密鍵と公開アドレスのペアを独自に生成します。秘密鍵は秘密に保持されますが、ユーザーは公開アドレスを自由に配布します。

ビットコインが持っていない6つのセキュリティ要素

マルチ・シグネチャ・トランザクション


TokenPayネットワーク上の標準トランザクションは、TPAYアドレスに関連付けられた秘密鍵の所有者からの転送に1つの署名しか必要としないため、「単一署名トランザクション」と呼ばれることがあります。

しかし、TokenPay P2Pネットワークは、資金が移転する前に複数の人物の署名が必要な、より複雑な取引をサポートしており、M-of-Nトランザクションと呼ばれています。

複数人の署名の場合のみ、トランザクションが有効になります。

デュアルキーステルスアドレス

デュアル・キー・ステルス・アドレスは、受信者が公に共有することができますが、このアドレスに送信されたトランザクションは、それにリンクすることはできません。

つまり、ステルス・アドレスが支払人に明らかになると、受取人は無限のリンク不可能な支払いを受けることができ、盗み出し者は、2つのアドレスをリンクすることができないため、暗号通貨を普通に使う際よりも、より良いプライバシーを提供します。

TPAYは、これらの機能を組み合わせて、ユーザーエクスペリエンスをプライベートで安全なものにします。

ゼロ知識証明

ゼロ知識証明またはゼロ知識プロトコルは、ある当事者(証明者)が、ある特定の記述が真実であることを他の当事者(検証者)に証明できる方法です。

記述が証明者の一部の秘密情報の知識を必要とすることを証明した場合、検証者はその秘密情報を所有していないので、検証者はその記述を他の誰かに順番に証明することはできません。

リング署名

暗号化では、リングシグネチャは、キーを持つユーザーグループの任意のメンバーが実行できるデジタル署名の一種です。したがって、リング署名で署名されたメッセージは、特定のグループの人物によって裏書きされます。

リングシグネチャのセキュリティプロパティの1つは、グループメンバのどのキーが署名を生成するために使用されたかを判断することは計算上実行不可能でなければならないということです。

これにより、セキュリティを向上させます。

TORネットワーク統合

Torは、Webブラウジング、セキュアシェル、インスタントメッセージングなどの遅延が低いTCPベースのアプリケーションを匿名化するために設計された分散型オーバーレイネットワークです。

顧客は、ネットワークを通る経路を選択し、経路内の各ノード(またはオニオンルータ)がその前身および後継者を知っているが、回路内の他のノードを知っていない「回路」を構築することができます。

回路を流れるトラフィックは固定サイズの「セル」で送信され、各ノードの対称キー(タマネギのレイヤーなど)によって解除され、ダウンストリームに中継されます。

安全なコミュニケーションインターフェース(SCI)

TokenPayは、TokenPay ウォレットを使用してプライベートな会話を維持するためのアルゴリズムを使用して、ピアツーピアの暗号化されたインスタントメッセージングシステムを組み込んでいます。

送受信されるすべてのメッセージは、実証済みのAES-256-CBCアルゴリズムで暗号化され、ハッカーや意図しない人がハッキングしたり受信したりすることを防ぐために、ノード間で配布されます。

パスワードの共有のリスクと不便さを大幅に軽減するため、Elliptic Curve Diffie-Hellmanの実績のある信頼できる方法を実装しておりこれはECDH鍵交換としても知られています。

この暗号化のレベルは、政府が最高機密ファイルに使用するものと同じレベルです。

競合的な面で見ると、

MoneroはTPAYにはない最も印象的なプライバシープロファイルを備えていますが、TPAYユーザーがリアルタイムで暗号化されたチャットを楽しむTorネットワークの統合と組み込みなどの安全な通信インターフェイスは欠けています。

興味深いのは、Bitcoin自体が、安全なDashトークンとともに、高度なセキュリティ機能を持たないということです。

そして、ZCashは広く安全で匿名性の高いコインと見なされていますが、エンドツーエンドの匿名性が欠けています。

それに比べて、TPAYは、ゼロ知識証明、ステルスアドレス、暗号化されたチャット、完全なTorネットワークインテグレーションと結合された、プロトコルレベルでの秘密リングトランザクションの究極のプライバシーを提供する唯一のコインです。

他のコインはこれらの機能のいくつかを組み合わせていますが、TPAYだけがすべてを単一のプラットフォームに統一しているということです。

TokenPayのメリット

ライセンスされた国際バンキングプラットフォーム

TokenPayはバヌアツで新たな銀行憲章を作成したり、パートナー提携して、銀行ライセンスを正式に取得する予定です。

現在進行中の1つの交渉は、国際的な移転を可能にするために大きな評判と必要な関係を持っている銀行にあります。

TokenPayは、このテーマを念頭にコンプライアンス部門を調整して暗号化クライアントに対応したいと考えているため、銀行ライセンスは重要な一歩と考えているようです。

TokenPay銀行プラットフォームの一部となるクローズドエンド・リアルタイムプライベート交換のおかげで、TPAYやBitcoinのようなユーザーのデジタルトークンにアクセスすることができます。したがって、ユーザは、決済取引を行うために正確な量のデジタルトークンを変換する必要がなくなります。

銀行業務について

この銀行業務は規制の監督と信任状を伴う伝統的な銀行業務を提供することを意図しており、 AMLおよびKYC手続きは、金銭的通貨を使用する顧客と同様に適用されます。 TokenPayはUSDに固定されている香港ドルで運営する予定です。最も望ましいのは、主要通貨で取引するために必要な既存の取引銀行関係の多くをすでに有する銀行のパートナーシップまたは買収です。

バヌアツの銀行業務の管轄はプライバシーに重点を置いており、財政条約はありません。デンマーク、フェロー諸島、フィンランド、フランス、グラナダ、アイスランド、アイルランド、韓国、ニュージーランド、ノルウェー、サンマリノ、スウェーデンとの情報交換契約を締結しています。バヌアツでは、マネーロンダリングを妨げる国内法が制定されています。これにより、特定の状況において調査官との協力が確立されます。しかし、最も重要なのは銀行秘密が保証されていることです。バヌアツには税金がないので、脱税は罰せられる犯罪ではありません。

非公開契約があるため、TokenPayは銀行を名前で言及することはできません。しかし、この機関には、顧客が口座にアクセスするためにデジパスを使用する強力なオンラインバンキングプラットフォームがあります。

TokenPayは、銀行プラットフォームをクライアント向けのクローズドエンドのプライベート交換とさらに統合する予定です。目的は、銀行システムのバックボーンとなるTPAYを含む、主要な暗号資産に流動性を受け取ることです。ワンクリックで通貨を切り替えて市場金利を支払うオンラインバンキングプラットフォームがあります。この計画は、トランザクションが各APIを介して流動性を提供するために取引所と統合することです。

銀行顧客はデビットカードを申請して発行することができます。これは、この銀行とマスターカードの関連会社との既存の関係を通じて行われる可能性が高いです。料金は典型的なバンキング料金になります。 TokenPayはバヌアツのライセンスを受けて規制された銀行になるため、保証付き財布を提供する予定であり、ある時点では、純資産の高い顧客のために私用保管庫に実際の物理的な保管を提供する予定です。これは市場でユニークであり、暗号化通貨と決済通貨とのシームレスな交差を促進します。

白書にはこのように述べられており、銀行との提携のメリットは以下です。

プライバシー重視の管轄
複数通貨取引
国際線能力
広く認められたデビットカード
 
 
同社は、規制された免許を有する銀行の保護下にある私設交換サービスを提供する予定です。

ウォレット開発

TokenPayの安全な暗号化財布は、完全に分散されたTPAYブロックチェーンによって強化された画期的なステークス自動化技術を採用しています。デスクトップウォレットのユーザーは、ウォレットを開いたままにしておくだけで報酬を受け取ることができます。

複数のTokenPayデスクトップおよびモバイルデジタルウォレットが完全に開発され、今すぐダウンロードできます。

アカウントを登録するにはこちらをクリックしてください。

また、さまざまなTPAYデジタルウォレットが高度なセキュリティプロトコルの頂点を定義していますが、多くの場合、ペーパーウォレットのコールドストレージシステムは、最も重視されるデジタルトークンキャッシュであると考えられています。

文字通り、TokenPay ペーパーウォレットは、必須のTPAY秘密鍵を生成するために必要なすべてのデータを含む物理的な文書です。これは、ウォレットがマルウェアにさらされていないため、TPAYを保存する最も安全な方法です。

個人の金庫に保管できますし、秘密鍵は、非常に安全なTokenPayサーバー上のユーザーによって生成されます。

このようにして、ペーパーウォレットジェネレータは真に自己完結しており、キーはオンラインで送信されません。 TokenPayは、ウェブサイト上で提供されているクライアント側秘密鍵ジェネレータの整合性を定期的に監査し、検証します。

 広く認められた国際的デビットカードの発行

完全に統合されたBlueDiamondデビットカードの背後にあるコンセプトは、TokenPayデジタルウォレットに直接接続すると負荷がかかりやすいことにあります。

このデビットカードを通して、支出は、事実上またはオンライン販売店または店頭販売店で行うことができます。

さらに、国際デビットカードにより、ネットワーク自動化された現金自動預け払い機で複数通貨に即座にアクセスすることができます。

透明な価格設定と低い手数料により、BlueDiamondデビットカードは、ハードな資産購入を可能にするためにデジタルトークンをキャッシュするための非常に魅力的な仕組みになっています。

低いカード所有者の手数料
グローバルATMアクセス
リアルタイム変換
マルチ通貨サポート
TPAY購入報酬
 
以上のようなメリットが考えられます。
 

開発チーム力

プロジェクト開発チームは以下です。

 

CEOのDerekは元ヘッジファンドアナリストで、最近RoboTerraで国際担当VPを務めました。彼はFIUから財政学位を取得し、上級中国語の研究を完了しています。

CTOのCarlosは、大規模な国際ゲームクライアントのためのIT管理経験を持つサイバーセキュリティ専門家です。

CFOのJosephは、重要な合併・買収経験を持つコンプライアンス専門家です。彼はFIUから会計学の修士号を取得した公認会計士です。

CMOのジョンは、社会的関与を構築する目的で、いくつかのグローバルな自動車ブランドのマーケティングキャンペーンを開発しました。彼はFIUの国際MBAを取得しています。

チームは、各分野の専門家で集められており、MBA取得者含め、楽天やアップルなどの企業向けのアプリケーション開発者、UX / UI /フロントエンド開発とプリントデザインで5年以上の経験を持つグラフィックスとWebデザイナーなどが含まれます。

そして、アドバイザーは以下です。

 

Sunerok -Verge通貨(XVG)

Sunerokは、Verge 通貨のリード開発者です。これは、暗号の愛好家が広く採用している、安全で匿名のプライバシーコインです。

カルロス・ララ-法律顧問

カルロスはAML、国際的な銀行業務、信託、グローバル買収で経験のあるコンプライアンス専門家です。彼は弁護士および弁護士会委員長を務めています。

チャールズモスコー-戦略アドバイス

チャールズは20年以上のインターネット商取引の経験を持つテクノロジー投資家です。彼は人気のある暗号ソーシャルネットワークであるinvestFeedを含むいくつかのfintechスタートアップに資金を提供してきました。

Elizabeth Vrettos、CPA-審査員監査

ElizabethはPricewaterhouseCoopersの法医学のマネージャーで専門家です。彼女は、LATAM全体の贈収賄、腐敗、詐欺、デューデリジェンスの手続きを専門としています。

着目すべきは日本でもコミュニティ人気の高いXVGでしょう。

全体的に見て、プロジェクト遂行力は高いと考えられます。

 

ロードマップ

  • 2015年第4四半期:eFin.com 2015年秋にリリースされたプラットフォームのベータ版
  • 2016年第2四半期:USTOCKTRADEとロンドン証券取引所のTony WeersingheとのパートナーシップMIT Fintech Conferenceでのプレゼンテーション
  • 2016年第4四半期:創業者は暗号化技術に焦点を移す英国ヴァージンアイランドのプライバシーに焦点を当てた管轄区域に本社を設立
  • 2017年第1四半期:Bitcoinのより安全で追跡不可能なバージョンを構築するためのオンボードワールドクラスの開発チーム独自のTorネットワークコインテクノロジの統合作成されたステルスアドレスと暗号化されたメッセージングシステム
  • 2017年第2四半期:マルチ・シグネチャ・トランザクション・エンジンの発売Linux、Windows、macOS、Paper Walletsをリリース
  • 2017年第3四半期:確立された銀行を取得することに合意TPAYブロックチェーンにリングシグネチャ機能を追加Zero-Knowledge Proofの高度なオートメーションが追加
  • 2017年第4四半期:TokenPayトークンセールのホワイトペーパーをリリース
  • 2018年第1四半期:トークン販売の完了注目すべき取引所にTPAYを追加TPAY Apple iOSモバイルウォレット・銀行統合の完全なデューデリジェンス
  • 2018年第2四半期:商業利用のためのTokenPayウェブサイトの立ち上げ銀行の完全取得またはパートナーシップP2Pマルチスクリーン決済プラットフォームグローバルマーチャントサービスアプリケーションが利用可能
  • 2018年第3四半期または第4四半期:BlueDiamondデビットカードは口座保有者に発送
  • 2019年:APAC内の新しい地域に拡大するTokenPay Bank

ウォレット開発やプラットフォーム開発は他プロジェクトよりも比較的進んでおり、2018年から本格的に開発が進んでいきます。

バンキングサービスは2019年が大きな目安となってます。

TokenPayのビジョン

 

TokenPayは、魅力的でプライバシーに配慮された管轄区域で、新しい銀行憲章を作り、20の銀行やパートナーを買収するという交渉に入っています。

暗号通貨所有者は消費者の利益に加えて、TokenPayは、堅牢なTokenPayバンキングプラットフォームを通じて完全な一連のサービスを導入する予定です。収集されたすべての請求および手数料は、すでに完全にテストされ、開発されたTPAYデジタルトークンに記されます。

そして、TPAYはBitcoinよりも機能的に優れた超プライバシーコインです。これには、マルチシグネチャ、リングシグネチャ、デュアルキーステルスアドレス、ZKP(ゼロ知識証明)、完全に暗号化され分散されたTorネットワークインテグレーションなどのいくつかのユニークな機能が含まれています。

TPAYは、TokenPayの根本的なコア暗号暗号化に優しい銀行統合のバックボーンです。

また、マイルストーンごとの開発計画は以下です。あくまで、トークンセールで一定額を調達した場合の計画内容です。

TPAYの交換販売が最低1,500 BTC(Bitcoin)に達した場合、TokenPayはAndroidおよびiOSオペレーティングシステムならびにオンラインポータルおよびウェブサイト上でサービスを提供することができます。 マルチカードプラットフォームの開発と運用を探求するプロセスを開始する予定です。

2000 BTCに到達すると、より大きな管轄でより大規模かつ確立された銀行を獲得できるだけでなく、第1マイルストーン技術に統合された追加の金融サービスを組み込むことができます。

より大きな銀行を獲得することは、カードの手数料、限度額、ロイヤルティの手数料および手数料の改善されたコントロールが与えられれば、カード所有者に利益や流動性の恩恵をもたらすでしょう。

そして完全にトークン販売が完了した際は、TokenPayプラットフォームは、効率的かつ分散型の取引を行うために十分な流動性を提供することができます。

資本金は、TPAYと主要な暗号化通貨との間の何千もの同時取引を促進するのに十分なものであり、リアルタイム価格、ライブチャート、立体チャートツールはRapid Fire Multi-Currency Exchangeプラットフォームに統合されます。

2要素認証は、最先端のセキュリティサービスをサポートします。為替相場が大幅に上昇するため、手数料が安いとトレーダーにとって最大の利益が得られます。

TokenPayトークン(TPAY)について

TokenPayは、TokenPayプロジェクトのための資金調達と一般的な企業目的のために、厳しい上限のTPAYデジタルトークン販売を開始しています。これにより、チームはプラットフォームに多くの機能を追加することができます。

 Bitcoinごとに発行されるトークンの数は、ホワイトペーパーに詳述されているボーナス構造テーブルに従ってBitcoinに依存します。

トークンセール情報

 
トークンシンボル:TPAY
プラットフォーム:ブロックチェーンを分離する
トークン価格:1 TPAY = 0.0005 BTC
受け入れ:BTC
ICOに分散:〜64.8%
ハードキャップ:5000 BTC
販売用トークン:14,250,000
 

ボーナス

ボーナス構造が魅力的なICOです。最初の一週間までは2倍ボーナスで購入できます。その後の参集は50%(1.5倍)で購入が可能です。

早期貢献者が有利となる仕組みとなっています。 

 トークンホルダーのメリット

トークンホルダーのメリットとしては、デビットカード発行・分散化デジタルウォレットでの報酬などです。

 TPAYトークンは、財布自体内に保持され、取引されることができ、プラットフォームユーザーは、組み込みのライブエンゲージメントプラットフォームを使用して安全な通信を行います。

ウォレット内のTPAYトークンはステークとして機能し、TPAY保有者が、ライセンス付きウォレット1つに保有しておくと、TPAYコインの毎年5%のボーナスを毎日配分することを意味します。

そして、企業向けのメリットは以下です。

 

TokenPayのマーチャントサービス部門は、世界中の企業に対し、TPAYや他の暗号化通貨と取引する機会を提供しています。

企業は、暗号通貨を法定通貨に変換する柔軟性を備えており、マーチャントの手数料は0.25%と低くなります。

さらに、TPAYを受け入れる加盟店は、伝統的な加盟店のサービスオプションから90%以上を節約できます。

 
 
業界低トランザクション料金
毎日の現金決済
カスタマイズ可能なブランドチェックアウト
ポイントとクリックの統合
高度なセキュリティプロトコル

トークンセール参加方法

こちらからアクセスして、登録します。 

トークンセール

 

以下を入力して登録します。

 
 
 
 
 
 購入通貨を選択します。
 
 
 
レートを確認します。
 
 
一番下にビットコインアドレスが表示されますので、送金します。
 
  
 

まとめ

私も白書を何度も読みましたが、計画、実現性共に2018-2019年をめどに面白くなる通貨と感じました。

GVT、CAPPなどICO価格から8倍近くまで短期で高騰するケースもまだまだ見られますし、今回は期待を込めて、第1週の最大ボーナス期間に100万ほど入れる予定です。 

期間は長いため、どのくらい調達してくるか様子を見ながら取引したいと思います。

関連リンク

公式サイト:https://www.tokenpay.com/

白書:https://www.tokenpay.com/whitepaper.pdf

Twitter:https://www.twitter.com/tokenpay

facebook:https://www.facebook.com/tokenpay

telegram:https://t.me/joinchat/GgZih0NrYt2F11oXwQ11Cg

Source: BAB

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。