橋下徹氏いわく、仮想通貨は「鼻毛、偽札と同じ」らしい。

スクリーンショット 2018 02 09 12 53 16

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

あ、頭が痛いぞこれは!

  • そもそもビットコインやイーサリアムは「特定私人」が発行していない
  • 「仮想通貨は初期保有者がどれくらいの量を持っているのか公開されていない」……ってどこソース?
  • 仮想通貨の大半は、そもそも通貨として開発されていない(関連記事
  • 仮想通貨が値上がりするのは、それが通貨として支持されているのではなく、株式と似ているから

たぶんこういう年配の人って、仮想「通貨」という名前にとらわれて、そこで思考停止してるんですよね。

あえて強調すれば、大半の仮想通貨は、通貨じゃないんです

関連記事:イーサリアムもNEMも、実は「仮想通貨」ではない、という話。


より正しいのは「通貨としても使える株式」「ネットワークを利用するための燃料」「外部市場で売買可能なゲームセンターのメダル」というイメージですね。

純粋な通貨として開発されているものは、むしろマイナーです。

ほとんどは株式的なものだったり、燃料的なものだったり、ゲーセンのメダル的なものです。

  • 株式的なもの:BANKERA(BNK)、KCS、BCO
  • 燃料的なもの:ETH、XEM、WAVES、GAS、ZRX、AION
  • メダル的なもの:BNB、MANA、BAT

これらは完璧に分類できるわけではなく、「株式的でもあり、メダル的なトークン」も存在します。

んでもって、これらのすべてが「通貨としても使える」から、ややこしい。通貨としては開発されてないですが、通貨としても使えてしてまうんですね。


まぁ、こういう説明をしたところで、頭の固い年配者が理解を示すことはないのでしょう。

「通貨としても使えるなら、やっぱり偽札みたいなものじゃないか」とか勝手に納得してしまいそうw


ある意味、安心しますね。仮想通貨に否定的な人たちは、この程度の理解であるということですから。


通貨としては使われない。

あ、先に書いておくと、ビットコインは通貨としてはそんなに支持されないと思います。ここらへんは別途書いたので合わせてどうぞ。

関連記事:ビットコインは日常的な決済には使われない。




Source: まだ仮想通貨持ってないの?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。