ECBドラギ総裁「欧銀行はビットコインを保有する可能性もある」

欧州中央銀行(ECB)のマリオ・ドラギ総裁は、「ヨーロッパの銀行がビットコインを将来保有する可能性もある。」と発言しました。

今週行なわれたユーロ議会にて、ドラギ総裁は他の講演者が議会中に話題としていた仮想通貨について触れました。

「欧州連合(EU)の金融機関は、まだ、ビットコインのような仮想通貨に対する興味は限定的である。」しかし「仮想通貨に対する市民の関心は高まっているのが現在の状況だ。」と付け加えました。

さらにこの傾向は、金融のメインストリームになりつつある仮想通貨の出現によって、変化していく可能性もあることを認めました。

米国の取引所によるビットコイン先物取引の上場など、最近の動きは、欧州銀行もビットコインを保有する可能性があるため、我々はそれを正しく検討していく。

いっぽうで、ビットコインや他の仮想通貨は、「規制されていない」「非常に危険な資産」とみなしリスクを考慮すべきである。としました。

実際に、ヨーロッパの銀行の資産にビットコインなど仮想通貨が追加されれば、仮想通貨市場にとって大きなポジティブインパクトになるでしょう。

先日、はリヒテンシュタイン公国の王室も、ビットコインを資産に検討すると発言したばかりです。

仮想通貨下落トレンドの際には、ネガティブニュースばかりでしたが、回復基調の今、ポジティブなニュースも多くなりますね。

出典:https://www.ccn.com/european-banks-soon-hold-bitcoin-admits-ecb-president/
European Banks Could Soon Hold Bitcoin, Admits ECB President

 
 
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Source: TradeBitLab

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。