イージーマーケットがイーサリアムとリップルの導入を決定/XRPとETHで差金決済取引が可能に

イージーマーケットがイーサリアムとリップルの導入を決定/XRPとETHで差金決済取引が可能に

Easy Market(イージーマーケット)はこれまで、ビットコインでのみ仮想通貨CFD(差金決済取引)を提供していた。

Easy Market(イージーマーケット)は、イーサリアムとリップルのCFDをアセットリストに追加すると発表した。これにより、そのプラットフォーム全体での取引が可能になる。

世界を牽引するFXおよびCFDプロバイダーの多くが仮想通貨を彼らの資金にしようとしているのに対し、Easy Market(イージーマーケット)はクライアントの要求に対応しようとしている。

ビットコインCFDのスプレッドも引き下げへ

イーサリアムとリップルは、最近の数ヶ月間で仮想通貨市場を牽引してきた。彼らの最近見せた急成長により、時価総額の面では仮想市場でのリーダーになることができた。

リップルの日本におけるクレジットカードコンソーシアムの創設は、確立されたパートナーシップと連携した技術の実用化により、仮想通貨の需要を前例のないレベルまで押し上げたため、その価値を高めることに成功した。

一方、イーサリアムはビットコインの安定した代替品としての地位を維持している。どちらの仮想通貨も高い認知度と投資家の需要をもたらしている。Easy Market(イージーマーケット)の声明によると、同社はビットコインCFDのスプレッドを引き下げた

市場が低迷しても仮想通貨CFDの需要は維持

Easy Market(イージーマーケット)は、2017年10月にビットコインCFDを開始した。これは主要な仮想通貨で多く見られる強い上昇が起きる直前の傾向だ。

市場が最近低迷したことで需要の低下を招いたが、仮想通貨CFDには売りの選択肢があるので、需要を維持している

仮想通貨は、多くのブローカーや市場参加者にとって比較的新しいものだ。リスクマネジメントの手順を欠いた結果、取引を止めかねないように、多くの企業が仮想通貨CFDを提供するよう急いでいる。

時間が経つにつれて、企業は仮想通貨を適切に管理するために必要なフレームワークを作成する過程で、より良いシステムを使用し、それに慣れつつある。

様々な仮想通貨問題があるにも関わらず、需要のかげりはないように見える。多くの取引所では、新規ユーザー数と取引量全体の両方で、引き続き堅調な成長が報告されている

リップル(XRP)が購入できる国内取引所

現在、国内取引所でリップル(XRP)を取り扱いしている取引所は「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」「DMM bitcoin」「BitTrade」「QUOINEX」「Coincheck」など6社があります。

リップル(XRP)の取引(売買)手数料/スプレッド/セキュリティGMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」の2社がおすすめ!

リップル(XRP)取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位 取引所 取引(売買)手数料 特徴 公式
GMOコイン 無料 【GMOインターネット(東証一部上場)グループだから安心】レバレッジ取引5倍/全取り扱い通貨5種類! 公式サイト
ビットバンク 無料 リップル含む全6種類/コールドウォレット・マルチシグ対応だからセキュリティ安心! 公式サイト
DMM bitcoin  (レバレッジ取引:建玉金額の0.04% / 日 )  リップル、ネムなどのレバレッジ取引5倍可能!F 公式サイト
4位 BitTrade  0.25%~0.45%  安心の国内MT4取扱業者/全取り扱い通貨5種類! 公式サイト
5位 QUOINEX 0.25%  通貨ペア数14種類!人気の通貨ペアからマイナーな通貨ペア豊富! 公式サイト
6位 Coincheck  無料  日本No1仮想通貨取引所/全13種類取り扱い通貨/現在取引停止中  公式サイト

また、リップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)をしたい方は、国内で唯一レバレッジ取引(最大5倍)が可能なDMM bitcoinに登録しましょう!

最も安くリップル(XRP)を購入できるおすすめ取引所・手数料比較ランキング

リップル最新ニュース一覧へ

 

参照元

https://www.financemagnates.com/forex/brokers/easy-markets-enables-crypto-cfds-ethereum-ripple/

Source: Col.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。