【チェチェン共和国】首長ラムザン・カディロフ首長がBitcoin(ビットコイン)を購入/国策としてブロックチェーンを推進

【チェチェン共和国】首長ラムザン・カディロフ首長がBitcoin(ビットコイン)を購入/国策としてブロックチェーンを推進

ブロックチェーン技術についてこれまで熱のこもった発言をしてきたチェチェン共和国のラムザン・カディロフ首長が、Bitcoin(ビットコイン)を購入したことを、週末のソーシャルメディアへの投稿により、明らかにした。

チェチェン共和国のラムザン・カディロフ首長は、より効率的に暗号通貨の発展をモニターするために、Bitcoin(ビットコイン)を購入した旨を発表した。購入量は未公表となっている。

時間がなく全文の記事が読めないけどビットコイン(BTC)を今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「Zaif(ザイフ)bitFlyer(ビットフライヤー)」で購入しましょう!(複数登録必須です!)

Zaif(ザイフ)無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位 取引所 特徴 公式
Zaif 【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%! 公式サイト
bitFlyer ビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍 公式サイト
GMOコイン  リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン! 公式サイト

カディロフ首長は暗号通貨への投資やその売買管理へ高い意欲を示した

ソーシャルメディアのフ・コンタクテのウェブサイト上でのラムザン・カディロフ首長の210日付発表によると、技術分野で急速に展開しているイノベーションを理解するための試みとして購入に踏み切ったという。

カディロフ氏は、

チェチェン共和国でブロックチェーンを推進することは既に公表しています

とソーシャルメディアへの投稿で述べ、特にこのテクノロジーの革新的な支払いネットワークを支援する能力への関心を表明している。

チェチェンはロシア連邦法の適用を受ける。ロシアでは、デジタル資産売買管理の政策を示唆し、さらにはクリプトルーブルとでも言うべき政府発行の暗号通貨の計画を暗示している法案が先月明らかにされたばかりである。

ブロックチェーン技術に熱意を持つ一方、チェチェン首長は、不正なスキームから消費者を守るべく、暗号通貨への投資やその売買の管理への意欲を示している

彼の表現に拠れば、そのような不正スキームはブロックチェーンの領域で一層巧緻化しているという。しかしながら、チェチェン首長は仮想通貨の売買の全面的な禁止を支持しているわけではない。

チェチェン共和国は土地登記にブロックチェーンを導入する

2月初め、メッセージプラットフォームのテレグラムへ投稿したコメントで、カディロフ氏はチェチェン政府は、ロシア開発銀行との協働により、“Rosreestr”として知られているチェチェン土地台帳地図製作連邦局が現在管理している土地登記をブロックチェーンに移管する考えであることを示した

いつ完了するかについてはまだ言えませんが、移管作業は進行中です」、とカディロフ氏は説明する。

テレグラムでの彼のコメントに拠れば、チェチェン政府の第一副議長で、カディロフ氏の甥と報道されているザクリ・ヤクブ・サルマノヴィッチ氏がこの移管プロジェクトの統括を担当しているという。

参照元

https://www.ethnews.com/leader-of-chechnya-buys-bitcoin

Source: Col.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。