Helbiz(HBZ)Airbnb・Uberなどの大企業が牽引する共有経済への分散化ブロックチェーンプロジェクト

 

Helbizとは

Helbizは、車をレンタルすることを便利で手頃な価格で行い、報酬を与えるための分散型の交通市場です。

シェアリングエコノミー(共有経済)という大きな業界において、ブロックチェーンによって特に自動車などのレンタル化をシームレスに接続します。

P2PのHelbizモビリティエコシステム

Helbizのエコシステムは、ピアツーピアの車両共有アプリケーションであるHelbizと、Ethereumブロックチェーン上のプラットフォームであるHelbiz モビリティシステム(移動通信関連のサービスに関心を持つ他の企業向けのプラットフォーム)からなり

顧客中心のアプローチを備えた完全に統合されたモビリティエコシステムです。

このエコシステムで、ネイティブ通貨となるのが今回トークンセールで発行されるHelbizCoin(HBZ)であり、

Helbizは、このHelbizCoinを採用し、Helbiz モビリティシステムと交通部門における車の共有の使い慣れたアプローチをブロックチェーン技術と組み合わせたいと考えています。

モビリティエコシステムの特徴

モビリティエコシステムによって、個々の車両、艦隊およびその他の輸送サービスへの即時のアクセスを可能にし、データ共有を制御することができます。

ブロックチェーンテクノロジは、プラットフォームを介して提供されるすべてのサービスと、所有者、事業者、および外部サービスプロバイダとの間の取引のすべてのサwービスの登録を、その使用に基づく単一の支払システムで自動的に処理します。

エコシステムの要素としては

  • 検索エクスプローラー
  • 主要通貨交換機能
  • トークン保管用財布
  • 資産共有のためのスマートコントラクトテンプレート
  • アクセス許可と報酬システム

簡単な流れです。

1.ブラウジングする

モバイルアプリケーションにアクセスして、特定の条件と一致するすべての車両を検索します。

2.予約と検証

デジタルIDが検証され、ただちに車を予約し、保険のレベルを選びます。

3.ロックする

あなたのスマートフォンは、電子的に車をロック解除するための鍵を得る

4.起動する

タップ・アンド・ドライブでエンジンを始動する

この単純な工程をブロックチェーンによってシームレスに行えるようにします。

Helbizの技術

ブロックチェーン によるユーザーエクスペリエンスの向上

ブロックチェーンを使用するメリットとして、インスタントでペーパーレスなアプリ内賃貸体験を可能にすることができます。

ブロックチェーンテクノロジは、プラットフォームを通じて提供されるすべてのサービスの登録を許可し、所有者、オペレータ、および外部サービス間のトランザクションを単一の支払いシステムによって自動的に検証します。

トランザクションコストの削減

データの自動化と分析

などのメリットが生まれます。

ブロックチェーンは金融分野以外にも広く応用が提案されていますが、多くが概念実証段階であり、ブロックチェーンの真価が発揮されるのを見るまでにはまだ時間がかかりそうです。

シェアリングエコノミー業界でも本人確認、信頼性の担保、取引の正真性の確保など信用に依存する部分があり、ブロックチェーンが貢献することが期待されています。

市場分析とリスク分析

世界の12億台の車は平均して4%の時間しか使用されておらず、非効率性ゆえに収益性も問題となっています。

ブロックチェーンは、共有経済を指数関数的かつ急速に混乱させる可能性を秘めています。

Helbizは、コミュニケーションやキーを処理することなく、残りの96%をあなたのプライベート駐車車両、自転車、またはバイクから借りるシームレスな方法を作り出しています。

インフラストラクチャの分散とスマート契約の使用により、中間層リソースの必要性がなくなり、Airbnbなどの従来の企業とは異なり、大規模なコスト削減と拡張が可能になります。

リスクとしては市場へのブロックチェーン統合の面で、開発が順調に進まない可能性があります。しかし、これはこのプロジェクトだけに言えることではなく、あらゆる業界で懸念されるリスクです。

しかしながら、白書には明確な財務モデルやチームの明確な戦略が見えてこなかった点は懸念点としてあげられます。

競合分析-競合プロジェクトとの優位性

Helbizが参入するのは共有経済(シェアリングエコノミー)であり、すでにAirbnb(宿泊)Uber(乗り物)などの大企業か存在があります。

このうち、シェアリングエコノミーの分散化に取り組もうとしているプロジェクトは何もHelbizだけではありません。

Airbnb:最大級の民泊サイト

Uber:最大級の自動車配車サイト

この大2企業も分散化に取り組み始めています。

共有経済エコシステムの正確な定義は、技術によって人と企業がリソースとデータを共有し、必要に応じて対応する支払いを受け取ることができることとされています。

しかし、最も重要な共有経済技術の巨人であるUberとAirbnbは、しばしば共同経済学の例として引用されていますが、正確に集中化されたプラットフォームではないと主張されています。

Airbnbは最近ブロックチェーン技術を取り入れることも視野に入れており、Uberも然りです。(分散型のSUber

Airbnbが分散型に取り組んでいることに関する記事です。

Airbnbが、Bitcoinをベースにしたマイクロ決済サービスを開発するスタートアップChangeCoinを先日買収した。チームメンバーの大部分を獲得することを目的にした「Acqui-hire」(人材獲得を目的にした買収)だ。

ChangeCoinはChangeTipという、TwitterやRedditなどのソーシャルネットワークを通じて少額の送金をできるサービスを開発していたが、Airbnbが興味をもったのはそのサービス自体ではなく、ブロックチェーン技術に長けた人材だ。

いまやBitcoinやブロックチェーン技術に興味をもっているのは、金融機関だけではない。Airbnbはかねてから、こうした技術に興味を持っていることを示唆していた。コーファウンダーでCTOのNathan Blecharczyk氏は、ブロックチェーンを使えばユーザーのプロファイルを他の企業にも共有できるようになると語っている。

問題は、(ユーザーの評価を)エクスポートし、他の場でもアクセスできるようにして、他のシェアリングエコノミーモデルが活性化するのに役立てられる方法があるかということです」と彼は当時のインタビューで語っている。

2015年夏には、そのユーザー数が1700万に達したAirbnb。個々のユーザーには、レビューや評価点数といったデータが付随しており、それらはシェアリングエコノミーにおいて信頼度を測るための重要なデータになる。

Airbnbがブロックチェーンを活用して、そうした「信頼データ」を含んだユーザープロファイルを安全に外部とやりとりできるようになれば、他のシェアリングエコノミーサービスとの提携や、特定のユーザー層を対象にした事業開発など、事業が大きく飛躍できる可能性は高くなるはずだ。たとえば、Airbnbユーザーの「信頼度」が、Uberのサービスを利用する際にも影響を与えるといったケースも想定できるようになるのである。

引用元

また、これらに加えてすでにトークン発行済みの分散型カーシェアリングプロジェクトも存在し、Lazoozと言います。

Lazooz

La’zoozはイスラエルで2013年に設立した「コミュニティが所有する分散型交通プラットフォーム」です。zoozというトークンを発行し、最終的には分散型の経済圏の生成を目標としているようですが、最初のサービスとしてリアルタイムライドシェアリングの提供を目指しているようです。(リアルタイムライドシェアリングというのは事前に相乗りを予約するのではなく、「今すぐ乗る」ことを前提に運転手と利用者をマッチングさせるサービスです。Uberもリアルタイムライドシェアリングのサービスです。)

La’zoozはすでに走っている車の空席を埋め、稼働する車の台数を減らすことで車や道路への投資を減らし、交通問題を緩和するという大きな目標を掲げています。ドライバーとして稼ぐことを推奨・宣伝しているUberとの大きな違いの一つです。

Zoozトークンはトークンセールで購入する、開発に参加する、スマートフォンのGPSによる移動情報を提供する(「proof of movement」)ことのいずれかにより入手可能です。サービスの支払いにはzoozを使います。「collaboration(協力)」がキーワードになっており、運転手・プログラマー・デザイナーがその貢献度に応じてzoozトークンが支払われる仕組みになっているようです。このへんはUberより民主的に見えます。

以上のように既存の大企業でも分散化に取り組み始めており、市場は競争率が今後激しくなることが予測できます。

中央集権型と比較した場合のメリットは以下です。

  中央集権型(Airbnb・Uber) 分散型(Helbiz・SUber)
 スケーラビリティ  ❌  ⭕
 プライバシーセキュリティ アプリ管理会社の支配・データ送信の必要性   分散型データ交換・CivicによるID認証
保険  保険会社への継続的なデータ送信   分散型データ交換前提供・ブロックチェーン
 カーシェアリングサービス  一元的な承認監査 変更可能なID分散認証 

ロードマップ

2018年Q1

NYでのMVPとHelbiz市場の起動

2018年Q2

プラットフォームとの統合と報酬システムの研究開発

2018年Q3

プライベートα版

2019年Q1

β版のリリース

2019年Q2

プラットフォームリリース

ロードマップ的には標準的な道のりですが、MVP開発を早々に完成させる必要性が顧客には求められると思います。トークンプレセールは完了していますのでその点がまずは鍵となります。

プラットフォームの性能などは確認取れていませんがQ2にはブロックチェーンの統合が開始される見込みです。

トークンセール参加方法

最後にトークン購入方法についてです。

この記事を執筆段階では、プレセール中ですが、間も無くキャップも満たされ、トークンセールが開始されます。

プレセールは終了し、4000万HBZが完売しました。

2018/2/15/12:00に開始します。

KYC登録はこちらからできます。

トークン購入

 

まずは登録します。Civic認証システムを使用することもできます。

KYCを提出します。

ID認証します。

最後にETHを送金します。

総括-Helbizの投資判断

共有経済、シェアリングエコノミーというあまりブロックチェーン業界では聞きなれない分野のプロジェクトではありましたが、AirbnbやUberなどの巨大な企業が競合となることは確かです。

プレセールは無事完売し、順調ですがMVPやα版を早々にローンチして顧客の確保が最優先となると思います。

しかし、参入市場の規模は拡大が予測されており、ブロックチェーンによるメリットは大きいため、私は長期的には伸びるプロジェクトであると思いますのでICOでトークンを購入するメリットも少なからずはあると考えます。

ただし、プロジェクト自体の内容は良くても市場全体の地合いが依然として重要であることは覚えておいてください。 

関連リンク

公式サイト

白書

Twitter

Telegram

Source: BAB

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。