「仮想通貨の次に来るのはなんですか?」「それは伝統工芸です」

スクリーンショット 2017 12 07 11 07 53

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

仮想通貨の次は何か。

ブロックチェーンや仮想通貨は、インターネットと同様の基盤的な技術なので、厳密にいうと「次」ではないんですけどね。

「インターネットの次はなんですか?」というのは、ちょっとズレた質問じゃないですか。

あらゆる技術は、今や「インターネットの延長」にあります。仮想通貨もそうなりますよ。

2018年にやってみたいのが、伝統工芸のトークン化

関連記事:【仮想通貨】「トークン」とは何か?事例で解説するよ。


たとえば、「日本にひとつしかない大島紬の大作」をトークン化します。

トークン発行は、NEMのモザイク機能を使えば簡単です。

今回は「TSUMUGI」というトークンを100,000枚発行しましょう。

1単位の価格は50円とします。時価総額は500万円になります。

TSUMUGIトークンは、「日本にひとつしかない大島紬の大作」と紐付いたトークンです。

TSUMUGIを所有していれば、その作品を閲覧する権利が与えられます。美術館のチケット(会員権)みたいなものです。

さて、この「大島紬の大作」がテレビで続々と取り上げられ、「ぜひとも見てみたい!」という人が殺到したとします。

すると、TSUMUGIトークンの価格は当然ながら上昇します。

1単位の価格が1,000円になれば、時価総額は1億円。

初期のトークンホルダーは大きな利益を得ることができますね。

この段階に至ったら「トークンを100%買い上げることで、その作品を所有できる」という選択肢を提供するのも面白いでしょうね。

ドバイの富豪あたりが買うんじゃないでしょうかね。知らんけど。

もしも作品が買収されたら、トークンホルダーは自動的に大きな利益を得ることになります。

……という感じの実装は、十分にありえると思いませんか?

そんな投機機会があれば、ぼくなら5万円くらい出します。クラファンみたいなものですし。

人間が働く必要性がなくなるからこそ、人間じゃないと作れないものに価値が出てくるわけです。

伝統工芸なんてまさしくそれなのに、今は過小評価されすぎです。ここで途絶えるのはほんとうにもったいない!

未来を一緒に作ってくれる人、お気軽にメッセージください。

ご案内。

イケダハヤトって誰?

2,980円の「ブログ運営の教科書」

9,800円のアフィリエイト攻略本

LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

資産運用、ハマってます。

イケハヤ流・資産運用の始め方

投資成績公開中

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨に1,000万投資!

2. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

3. ネットで稼ぐ方法まとめ

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!

今日も元気にツイート中。


!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=”https//twitter.com//platform.twitter.com/widgets.js”;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,”script”,”twitter-wjs”);

//platform.twitter.com/widgets.js

Source: まだ仮想通貨持ってないの?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。