Bank of Americaの暗号通貨の特許数がすげぇ。

1 

特許は、所有者に一定の期間、技術のような発明に対する排他的権利を与える。発明者の知的財産を保護する手段として設計されていますが、特許制度が革新を抑え、資源を無駄にしていると批判する批評家がいないわけではありません。

アイデアを利益よりも優先し、オープンソースの原則に照らし合わせて特許を出願し、秘密を守っている個人や団体のような、仲間の仲間である仲間の仲間を考えてみましょう。ここ数十年の間に、他の企業よりも暗号解読の特許を集めている企業、  そして分権化された通貨のすべての対立と思われる企業がバンク・オブ・アメリカであることを知ることは驚くべきことです。

Bitcoin特許レポートによると、Bitcoinの最初のブロックが採掘されてから9年間で、2,000件以上の関連特許が提出されています。cryptocurrencyの最初の数年間では、特許の数は平均50以下の平均で低かった。2015年までにその数は増加し始め、2016年までに指数関数的に増加しています。2017年には1,250の暗号化関連の特許が提出されました。

ブロック・チェーンへの関心が十分に文書化されているBitflyerやIBMなど、トップ10に登場する企業の一部が期待されています。この大手企業は、合計34件の暗号化関連特許を提出しているが、韓国証券会社Coinplug(39件)で3位になっている。

リストに挙げられている他の人たちは、暗号の暗号化に関心が薄くなっていることや、そのような最先端の技術には一般的に関連していないため、予期せぬことです。たとえば、MasterCardはデジタル決済システムに興味を持っていると考えられますが、暗号化関連の特許については21件の申告で9位にランクされています。上記のように、少なくとも45件の特許を出願しているバンク・オブ・アメリカが主張しているトップ・スポットには、最大の驚きがあります。

Bitcoin Patent Reportによると、暗号関連特許の50%は中国(910)、米国(676)、英国(112)、韓国(98)である。各特許のメリットとその存在に関する道徳的なケースにかかわらず、これはBitcoinとブロックチェーンテクノロジへのかつてないレベルの関心を示しています。

参考URL:https://www.newsbtc.com/2018/02/17/patent-stockpiling-bank-america-holds-45-crypto-related-patents/

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。