レジャーナノSとマイイーサウォレットを連携しセキュリティを高める使い方

主流のハードウェアウォレット(コールドウォレット)であるレジャーナノS(ledger-nanos)を使ってマイイーサウォレット(MyEtherwallet)連携させ仮想通貨安全保管する方法をご説明します。

マイイーサウォレットはたくさんの仮想通貨を保管できるウェブウォレットですが、オンライン上の管理になるため、ハッキングをされて仮想通貨の盗難にあう可能性があります。

マイイーサウォレットでは秘密鍵(パスワード)でのログインではなく、レジャーナノSのような「ハードウェアウォレット」での仮想通貨の保管を推奨しています。

関連記事▼▼(ハードウェアウォレットの特徴を紹介した重要記事)

マイイーサウォレットはハードウェアウォレットでの保管を推奨している。

上の図はマイイーサウォレットのログイン画面ですが、画面の解説ように実際ログイン画面にハードウェアウォレットでのログインを推奨する記載があります。

レジャーナノSについては、ハードウェアウォレットとしてオフラインで保管することができるため、ハッキングの可能性が少なくセキュリティを大きく高めることができます。

ある程度の資産を持っていれば、レジャーナノSのようにコールドウォレットでオフラインで保管することが必要になりますが、合わせてマイイーサウォレットも連携するというのがオススメと言えます。

関連記事▼(レジャーナノSの特徴と購入方法)

レジャーナノSを使ってマイイーサウォレットにログインをする。

*マイイーサウォレットのサイトは偽サイトも出回っているので、必ず正規のサイトかを確認してください。

参考記事▼▼(マイイーサウォレットの正規リンクを下記の記事でご紹介)

レジャーナノSをパソコンに接続します。

イーサリアムのウォレットなので、イーサリアムのアプリを選択します。

「お財布情報を見る」より「Ledger Wallet」を選択し、「Ledger Walletに接続」をクリックします。

上のログイン画面では、HD Drivation Pathの項目はは(Ledger(ETH))に選択されています。 そして下の欄のアドレスは一番上の選択するといいます。 次回からウォレットにイーサリアムを送金した場合は「残高」の欄にイーサリアムの数量が記載されます。

上の画像はログイン後の画面になります。

通常のマイイーサウォレットのログイン画面と同じです。 新しいウォレットのアドレスが表示されているので、このアドレスに通貨を送金することが可能です。

このアドレスは「イーサリアム」だけでなく、「ERC20」トークンも送金可能です。 つまりコムサ(CMS)やシビック(CVC)などイーサリアムベースでマイイーサウォレットで保管できる通貨はレジャーナノSでも可能だと思います。

すでにマイイーサウォレットに通貨を保管している場合

すでにマイイーサウォレットを作っていて通貨を保管している場合は、そのウォレットからレジャーナノSに通貨を送金すれば大丈夫です。

上の画像は通常のウォレットの送金画面です。 

この画面からレジャーナノSのマイイーサウォレットのアドレスを入力して仮想通貨を送金します。

送金については最初少額から送金し、ちゃんとレジャーナノSのウォレットに反映されているか確認をしてください。

ちなみに私の場合はほとんどのERC20の仮想通貨はレジャーナノSのウォレットで保管できたのですが、ブラックムーンサイクロ(BMC)はレジャーナノSのウォレットに送金に失敗し保管できませんでした。送金に失敗してもBMCの残高は元のウォレットに残ったままになっています。

レジャーナノsのイーサウォレットについて
👉レジャーナノSでのマイイーサウォレットは推奨されている。

👉レジャーナノSのウォレットに通貨を送金する場合は最初は少額で送金し通貨が反映されるかを確認する。

👉レジャーナノSの秘密鍵は厳重に保管し無くさないようにする。

よりセキュリティの高い方法で仮想通貨資産を保管をする。

以上ご説明してきましたが、仮想通貨は大切な資産です。 

まとまった金額の通貨がある場合は、多くの通貨に対応している「レジャーナノS」にまとめて保管することが、オフラインで保管することができるので、ぜひ大切な資産を守るためにもよりセキュリティの高い方法で保管するようにしてください。

レジャーナノSはオフラインで保管できるだけでなく、ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコインなどの20種類以上の主要な通貨を保管できる便利なウォレットになりますので、ぜひレジャーナノSで仮想通貨を安全に保管するようにしてください。

関連記事▼(レジャーナノSの特徴と購入方法)

 

Source: 仮想通貨の投資方法

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。