今までの銀行取引はリップル(XRP)によって革命が起きる/メリルリンチなど世界的大企業とも提携

今までの銀行取引はリップル(XRP)によって革命が起きる/メリルリンチなど世界的大企業とも提携

Ripple(リップル)は急騰し、比較的容易に仮想通貨の上位10位以内に入りました。また、Ripple(リップル)はごり押しで時価総額に達し、旧態依然の銀行ネットワークとみなすものに食ってかかりました。このプロトコルは、世界中の金融機関の顧客をイライラさせ続けている処理プロセスの遅さに対抗するためのアイデアから派生したものです。

Ripple(リップル)は現在、コインマーケットキャップで3位を誇っており、現時点で127円と低単価にもかかわらず、Ripple(リップル)を採用している金融機関が増えていることで、それらの金融機関は成長に有利な立場に立っています

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位 取引所 特徴 公式
Zaif 【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%! 公式サイト
bitFlyer ビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍 公式サイト
GMOコイン  リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン! 公式サイト

リップルはメリルリンチをはじめ金融機関と提携して実用化に動いている

Ripple(リップル)の魅力は、Bitcoin(ビットコイン)とは対照的に、大きくて重いブロックチェーンを軸に展開していることです。実際に、Ripple(リップル)はマイニングコミュニティを検証する分散型台帳に依存しており、ネットワークを運用するのに必要な電力量を大幅に削減しています。

信頼できる承認者は、取引を処理する前にそれを確認することを義務付けられています。そして、多数の承認者が承認すると取引が進みます。

先に述べたように、同社は現在の銀行ネットワークを時代遅れと見なし、また現代社会の消費者のニーズにも応えることはできないと見ています。この銀行ネットワークはバンク・オブ・アメリカや、国際銀行間送金グループにすでに調印しているメリルリンチなどの複数の主要な金融機関の銀行取引をすでに受けました。要するに、このRipple(リップル)の決済プロトコルはより速く、より簡単な送金を可能にし、結局のところは銀行取引をより効率よくします

リップルはブリッジ通貨として資金の換金性に優れているのが利点

最初に考慮すべき利点は、分散型台帳で使用するXRP(リップル)に移行することがどれだけ簡単かということです。このおかげで、システムに多くの利点がもたらされます。まず、それは外国為替取引に門戸を開いてくれます。

目立たない通貨ほど多大な労力を費やすことなしでは取引パートナーを見つけることができない多くのケースがありつつも、現在は単にRipple(リップル)を使って、今後の取引でその通貨を簡単に使用できるようにします。また、トレードはもはや同時に行う必要もありません。主要な外為取引のペアも、 仮想通貨にとって問題となることはなく、それははるかにコスト効率の高いオプションです。

これはすべて、ブリッジ通貨と呼ばれるものとしてXRP(リップル)が優れているからです。このプロトコルは、不換通貨間の迅速な移行を可能にします。大手機関やヘッジファンドは、そのプロセスを流動化します。海外で働く人は現在、すべてRipple(リップル)のおかげで、簡単に資金を換金して本国で元の通貨に戻すことができるようになります。

2018年1月初旬に私たちはすでに、価値が多少反落したにもかかわらず、価格が392円と高値をつけるのを目にしています(昨年12月に目にしたものより現在今もなお5倍高いですが)。もし仮想通貨が私たちに何かを伝えていたのだとすれば、予期せぬことを予期し、一見不可能と思えることをも予期するということでしょう。

複数の主要銀行を支援し成長しているRipple(リップル)が現在、主要な金融機関の中でもっとも大きな成功を収めているのは明らかです。その成功には複数の特徴や変化する世界金融システムが挙げられ、こうした特徴のいくつかには、取引が行われる速度であるとか、セキュリティなどが含まれます。外為でさえ垣根を越えており、やがてRipple(リップル)という形で別の取引プラットフォームを使用していくようになります。

支援を与えてくれるこれらの機関のおかげで、大きなセールスポイントとして、少量投資も手ごろな価格でできるようになっていくでしょう。

リップル(XRP)が購入できる国内取引所

現在、国内取引所でリップル(XRP)を取り扱いしている取引所は「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」「DMM bitcoin」「BitTrade」「QUOINEX」「Coincheck」など6社があります。

リップル(XRP)の取引(売買)手数料/スプレッド/セキュリティGMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」の2社がおすすめ!

リップル(XRP)取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位 取引所 取引(売買)手数料 特徴 公式
GMOコイン 無料 【GMOインターネット(東証一部上場)グループだから安心】レバレッジ取引5倍/全取り扱い通貨5種類! 公式サイト
ビットバンク 無料 リップル含む全6種類/コールドウォレット・マルチシグ対応だからセキュリティ安心! 公式サイト
DMM bitcoin  (レバレッジ取引:建玉金額の0.04% / 日 )  リップル、ネムなどのレバレッジ取引5倍可能!F 公式サイト
4位 BitTrade  0.25%~0.45%  安心の国内MT4取扱業者/全取り扱い通貨5種類! 公式サイト
5位 QUOINEX 0.25%  通貨ペア数14種類!人気の通貨ペアからマイナーな通貨ペア豊富! 公式サイト
6位 Coincheck  無料  日本No1仮想通貨取引所/全13種類取り扱い通貨/現在取引停止中  公式サイト

また、リップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)をしたい方は、国内で唯一レバレッジ取引(最大5倍)が可能なDMM bitcoinに登録しましょう!

最も安くリップル(XRP)を購入できるおすすめ取引所・手数料比較ランキング

リップル最新ニュース一覧へ

参照元

https://ripplenews.tech/2018/02/20/traditional-banking-enter-revolution-ripple/

 

Source: Col.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。