【リップル(XRP)】新たに大手国際送金企業と提携/インフラ整備に4兆円の投資か

【リップル(XRP)】新たに大手国際送金企業と提携/インフラ整備に4兆円の投資か

世界中のさまざまな国から、5社の新規クライアントがRipple(リップル)のブロックチェーンネットワークの採用を予定しているという、Ripple(リップル)の投資家にとって良いニュースが舞い込んできました。

この新規クライアントには主要銀行が2社、国際送金サービス会社が3社含まれています。Ripple(リップル)のプレスリリースでは、ブラジルのイタウ・ウニバンコ銀行と、インドのインダスインド銀行が、クロスボーダーペイメント(国境を越えた支払い)を容易にするために、Ripple(リップル)のブロックチェーンの採用を予定していることが明言されました。

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位 取引所 特徴 公式
Zaif 【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%! 公式サイト
bitFlyer ビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍 公式サイト
GMOコイン  リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン! 公式サイト

シンガポールの大手送金事業会社インスタレム社はxCurrentを利用予定

イタウ・ウニバンコ銀行とインダスインド銀行は、世界中のさまざまな金融機関にリアルタイムに国際取引を行うために、xCurrent(エックスカレント)の利用を予定しています。
シンガポールのインスタレム社は、Ripple(リップル)のブロックチェーンネットワークの採用を計画している国際送金サービス会社3社のうちの1社です。また、インスタレム社はクロスボーダー送金を処理するために、xCurrent(エックスカレント)の利用を予定しています。

この場合は、インスタレム社がシンガポールから事業を運営している送金会社であることに言及する価値があります。ブラジルのビーテック社とカナダのジップ・レミット社は、Ripple(リップル)のブロックチェーンへの参加を予定している国際送金サービス会社3社のうちの他2社です。この送金会社2社は、個々の顧客がクロスボーダー取引を容易に行えるように、xVia(エックスヴィア)の採用を予定しています

また、ビーテック社とジップ・レミット社は中国の送金会社リアン・リアンと取引する計画もあります。この場合は、リアン・リアン社がクロスボーダーペイメントを容易にするために、xCurrent(エックスカレント)をすでに採用しているということに言及する価値があります。

XRP(リップル)への投資を計画している投資家たちは、銀行や送金会社が今回の参加を決めたことで、Rippleネットワークの成長も促進されるともう期待してよいでしょう。これは他のメンバーが成長するネットワークの活用をするのに役立ちます。現在、東南アジア諸国の人々は、インスタレム社が採用したRipple(リップル)ネットを通じて、お金を送金したり受け取ったりすることができます

リップル社はインフラ改善に多額の投資をする用意がある

今後、この動きが新興市場にRipple(リップル)を普及させることになるでしょう。前述したように、これらの国の人々は国際間でお金を送金したり受け取ったりする時に、かなり大変な思いをしています。

今、Ripple(リップル)のブロックチェーン技術を使用して、数秒のうちにクロスボーダー取引を行うことができることは、言及するに値することです。これが、米国最大の送金会社の1つであるマネーグラム社が、すでにRipple(リップル)ネットに参加している理由なのです。

また、この動きによって、Ripple(リップル)社もRipple(リップル)ネットの基盤となる技術の性能を高める検討を始めました。同社は昨日、ピアレビュー用に2つのホワイトペーパーを公開すると発表しました。
この2つのホワイトペーパーのうちの1つは、XRP(リップル)のコンセンサスアルゴリズムを強調しており、また、もう1つは各ノードの接続の多様性を改善する方法を説明しています。

つまり、Ripple(リップル)社が仮想通貨XRP(リップル)を支援するコアインフラストラクチャの改善に4兆円を投資する用意があるということです。Ripple(リップル)は時価総額で3番目に大きい仮想通貨ですが、開発の面では他の仮想通貨に比べて遅れています。

この基盤技術の改善により、Ripple(リップル)のブロックチェーンに投資する投資家の数は増えることでしょう。これは、Ripple(リップル)のブロックチェーンがより速く、より安全で、より信頼性の高いものになるためです。
仮想通貨の専門家たちは、2018年がRipple(リップル)にとって重要であるとすでに予想しています。これは、多くの大手銀行や送金会社、その他の金融機関が、Ripple(リップル)のブロックチェーンの採用を予定しているためです。この場合は、Ripple(リップル)が仮想通貨ではなく、クロスボーダー送金を容易にするための決済プラットフォームであるということに言及する価値があります。

リップル(XRP)が購入できる国内取引所

現在、国内取引所でリップル(XRP)を取り扱いしている取引所は「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」「DMM bitcoin」「BitTrade」「QUOINEX」「Coincheck」など6社があります。

リップル(XRP)の取引(売買)手数料/スプレッド/セキュリティGMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」の2社がおすすめ!

リップル(XRP)取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位 取引所 取引(売買)手数料 特徴 公式
GMOコイン 無料 【GMOインターネット(東証一部上場)グループだから安心】レバレッジ取引5倍/全取り扱い通貨5種類! 公式サイト
ビットバンク 無料 リップル含む全6種類/コールドウォレット・マルチシグ対応だからセキュリティ安心! 公式サイト
DMM bitcoin  (レバレッジ取引:建玉金額の0.04% / 日 )  リップル、ネムなどのレバレッジ取引5倍可能!F 公式サイト
4位 BitTrade  0.25%~0.45%  安心の国内MT4取扱業者/全取り扱い通貨5種類! 公式サイト
5位 QUOINEX 0.25%  通貨ペア数14種類!人気の通貨ペアからマイナーな通貨ペア豊富! 公式サイト
6位 Coincheck  無料  日本No1仮想通貨取引所/全13種類取り扱い通貨/現在取引停止中  公式サイト

また、リップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)をしたい方は、国内で唯一レバレッジ取引(最大5倍)が可能なDMM bitcoinに登録しましょう!

最も安くリップル(XRP)を購入できるおすすめ取引所・手数料比較ランキング

リップル最新ニュース一覧へ

参照元

https://www.ripplecoinnews.com/joining-of-5-new-clients-across-4-countries-helps-encourages-ripple

Source: Col.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。