ベネズエラが金を担保にした仮想通貨を導入へ/マドゥロ大統領が主導でプロジェクトを推進

ベネズエラが金を担保にした仮想通貨を導入へ/マドゥロ大統領が主導でプロジェクトを推進

ニコラス・マドゥロが率いるベネズエラは、金で担保して石油には無関係な、2番目の仮想通貨を導入したいと考えています。プロジェクトの全ての詳細とは…。
ベネズエラは、前から知られている石油とは別に、次は石油とは関係ない、新しい仮想通貨を始めようという機運があります。最初の電子コインに対する大統領の熱狂ぶりは即座で分かりやすいもので、映像や誇りに満ちたツイッターのつぶやきとなって現れました。
しばしば権威主義的であると批判されてきたニコラス・マドゥロ氏は、彼の治めるベネズエラで新しい仮想通貨の導入を発表しました。ペトロ・ゴールドという名前で、すでに流通しているペトロと並んで、先行販売という形でマーケットに出ることになるでしょう…ビットコインとビットコイン・ゴールドの間に起った関係とまさに同じです。
しかし、新しい仮想通貨の名称は、これからお話するような本当の理由があります。
実のところ、ペトロ・ゴールドは金の価値によって担保されますが、石油とは無関係なのです。

時間がなく全文の記事が読めないけどビットコイン(BTC)を今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「Zaif(ザイフ)bitFlyer(ビットフライヤー)」で購入しましょう!(複数登録必須です!)

Zaif(ザイフ)無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位 取引所 特徴 公式
Zaif 【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%! 公式サイト
bitFlyer ビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍 公式サイト
GMOコイン  リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン! 公式サイト

アメリカはペトロゴールドに対して懐疑的な姿勢

大統領によれば、来週ペトロ・ゴールドは上場する予定であり、相場がひどく不確実な時に投資家が使う、ずば抜けて優秀な安全資産、すなわち「金」によって担保されます
現実には、ベネズエラは仮想通貨を支える金の種類を特定していないので、中央銀行の金準備に基づいてその価値が変動するのか、それとも再び、複数のマイニング預金が利用できることに基づくのか、判断するのは時期早尚です。
来週、私はペトロ・ゴールドを立ち上げ、それはもっと強力な金によって支えられます。これはペトロを強くするでしょう

これは数日前にマドゥロ氏が言ったことです。
この発言の後、ベネズエラの情報省の沈黙が続きましたし、ベネズエラはすぐにその件についてコメントを挟むことはできませんでした。
しかし国王立造幣局によって作成された電子コインであるRMGの存在を考えると、ペトロゴールドは、金によって支えられる最初の仮想通貨にはならないでしょう。
ブラックチェーンの専門家は、電子トーケンが価値を持つのはそれらを発行する人を信頼できる時だけである点を指摘して、マドゥロ氏の熱狂をやっとのことで抑えているとロイターは報道しています。
ベネズエラと世界の投資家が、マドゥロ氏およびあちこちから批判をされた中央銀行が発行した新しい仮想通貨を喜んで買い支えるかどうかは微妙です。
金の価値で裏書きされた仮想通貨を買うくらいなら、金を直接購入するでしょう。金は誰もが自分の手で触ることができる現物のアセットですし、この点が大事です

と仮想通貨投資会社のレッドウッド・シティ・ベンチャーを立ち上げたシーン・ウォルシュは言ってます。
米国財務省は、その方面では、新しいペトロ・ゴールドという仮想通貨を発行することが、ベネズエラに課せられている規制を逸脱し、米国の投資家に法的なリスクをもたらすと警告しています。

参照元
https://ripplenews.tech/2018/02/24/venezuela-wants-another-cryptocurrency-linked-gold/

Source: Col.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。