楽天・三木谷社長、独自通貨の「楽天コイン」構想を発表

日本の大手e-コマース「楽天」は、楽天ポイントプログラムを、企業が独自に開発した、仮想通貨に置き換え、ブロックチェーンベースのシステムを採用する構想を発表
 

楽天、仮想通貨ポイントプログラム開始への構想

楽天市場の三木谷社長はスペイン・バルセロナで開催中の携帯端末見本市「モバイル・ワールド・コングレス」にて、このトークンを「楽天コイン」と名づけることを発表しました。

楽天でのお買い物に対して付与されるポイントシステム、楽天スーパーポイントプログラムと置き換える予定です。このプログラムには15年の運用実績があり、計91億ドル(約9830億円)にも昇るそうです。(これは現在の時価総額で見るとNEOやCardanoに相当)

三木谷社長は、楽天コインの詳しい運用開始日については発表しませんでしたが、現在Ebates, PriceMinister, Viberなどの子会社も含む全てに導入される予定であると言及しました。

現時点では、楽天コインが自社独自のブロックチェーンで運営されるのか、スマートコントラクトを利用してEthereum、Stellar、NEM、NEOなどの別のブロックチェーンの上に構築されるのかは分かっていません。
 

国境を越えた国際通貨

「ボーダレス」な通貨を設定することで、従来の国をまたぐ取引や為替にかかる手数料を排除することができます。これは、同社が子会社間のトラフィックを推進するのに役立ち、同社は徐々に「楽天」のラベルのブランド化を進めています。

「基本的に、私たちのコンセプトは小売業者や海外への販売者のネットワークを再構築することです。」と三木谷社長は述べています。

楽天は2016年に、ビットコイン支払いを処理するスタートアップ企業である「Bitnet」と資本業務提携し、ラボを開設し、ブロックチェーンの研究をするリーダーシップを発揮してきました。

この新しいプログラムは、恐らくその成果です。これまで、Bitnetにてビットコインの支払いを受け入れるようにしていたため、初期の段階から仮想通貨を取り入れたe-コマースプラットフォームの一つとして運営が始まっていました。

 

出典:https://www.ccn.com/e-commerce-giant-rakuten-launch-cryptocurrency-rewards-program/
E-Commerce Giant Rakuten to Launch Cryptocurrency Rewards Program

 
 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Source: TradeBitLab

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。