仮想通貨モネロ(Monero)とは〜価格推移と今後の予想、匿名性機能の特徴について

仮想通貨モネロ(Monero 通貨名:XMR)はプライバシーを強化する匿名性の機能を持った有名な通貨です。 

この記事ではモネロの今後の将来性とこれまでの価格推移と専門家の予想を踏まえた今後の価格予想をご紹介して行きます。

モネロは2016年からの1年間で約20倍もの価格上昇を記録してして、以前は国内の取引所である「コインチェック」で取扱がされていましたが、2018年に取扱が停止されています。

現在では海外の取引所だる「Binance(バイナンス)」や「HitBTC」「Bithumb(ビッサム)」と世界的に有名である取引所で取引することができます。

モネロは今後どう言った使い方をされていくのかその「将来性」も含めてまとめました。

仮想通貨「モネロ(Monero)」について

Monero(モネロ)は、エスペラント語で、「コイン」「硬貨」という意味を持つ仮想通貨(アルトコイン)の一種です。
Bitcoinのソースコードを元にしておらず、CryptoNoteプロトコルに基づくオープンソースのProof of Work(送金の認証方法)を使用しています。
CryptoNightは匿名性に特化しており、Bitcoinよりも匿名性が強いことが特徴です。
Moneroは、CryptoNightを採用している「Bytecoin」というコインのソースコードを元にしています。

Moneroのアドレスは「閲覧用」と「送金用」の二つの秘密鍵から生成されており、非常に長いという特徴があります。
アドレスはマスターキーのような役割を果たし、送金を行うたびにマスターキーがランダムなワンタイムアドレスを生成します。
送金の際はワンタイムアドレス宛にコインを送信するため、第三者がマスターキーとなるアドレスを見ても、取引履歴を確認することができません。「閲覧用」の秘密鍵を公開することで取引履歴のみを外部に公開することができます。-coincheck

 

このようにモネロの取引履歴は一般的に暗号されており、「閲覧用の秘密鍵」を持つ人しかその取引履歴を見ることができません。

同じ種類の通貨に「ジーキャッシュ(Z-cash)」がありますが、ジーキャッシュは取引履歴内容のすべてを暗号化できると言われています。

ヨリコ
ヨリコ
なるほど。モネロもジーキャッシュの同じ匿名性を持つ通貨だけど、その中でお互い機能が違うのね。

関連記事▼▼(仮想通貨ジーキャッシュについて)

Zcash(ジーキャッシュ)注目の仮想通貨の将来性と価格について

モネロ(Monero)のこれまでの値動きについて

 

モネロのこれまでのチャートになります。

パッと見ただけでかなりの値上がりをしているのが分かります。

期間 価格
2016年1月 55円
2017年1月 1400円
2018年1月 40000円
2018年9月 13000円
ヨリコ
ヨリコ
ひえー 2016年からと2018年の一番価格が上がった時を比較すると「720倍」も値上がりしているわ。10万円分持っていれば、7200万円よ! 

モネロの現在価格のチャートは🔗こちら

モネロの現在の価格

モネロの現在の価格はこちら▼▼

https://files.coinmarketcap.com/static/widget/currency.js

https://s3.tradingview.com/tv.js

new TradingView.widget(
{
“width”: 700,
“height”: 610,
“symbol”: “KRAKEN:XMRUSD”,
“interval”: “W”,
“timezone”: “Etc/UTC”,
“theme”: “Light”,
“style”: “1”,
“locale”: “ja”,
“toolbar_bg”: “#f1f3f6”,
“enable_publishing”: false,
“allow_symbol_change”: true,
“container_id”: “tradingview_e89c9”
}
);

匿名性の持つ機能がハッカーに使われる?

//platform.twitter.com/widgets.js
  翻訳→声明によると、ワナクライ(コンピュータウイルス)のハッカーはShapesift取引所を通じてビットコインからモネロに交換していた。Shapeshift(取引所)はその件について警察の捜査協力をしている。

このようにモネロだけでなく、ジーキャッシュを含めプライバシーを保護するのは、企業と顧客の取引だけでなく、犯罪に使われる可能性も一部ではあります。 

しかしながらこのように取引所が警察に捜査協力をすることにより、この後コンピュータウイルス「ワナクライ」の犯人は逮捕されています。

匿名性を持つ通貨は注目され始めている。

プライバシーを保護する匿名性を持つ通貨は実は注目され始めているのです。

ジーキャッシュについては世界的に大手銀行であるJPモルガンと、ジーキャッシュの持つ匿名性の技術である「ゼロ知識証明」について提携を結び大きく価格が高騰しています。

またイーサリアムについても、2017年注目のアップデートでは、ジーキャッシュの技術を使い、通貨に匿名性を持たせる改良を行う予定となっています。

このように匿名性を持つ通貨の技術は日に日に注目を集めているの確かです。 今後モネロの技術がどこかの企業等で採用されたりすることがあればさらに価格に影響してくると思われます。

ヨリコ
ヨリコ
国内では2018年にコインチェックが取り扱っていた、モネロ、ジーキャッシュ、ダッシュの3つの通貨は匿名性がある通貨のため取扱を中止しています。 中止した理由は金融庁の登録(仮想通貨交換業)をスムーズに行うためと言われています。

モネロが有名投資会社のポートフォリオに!

//platform.twitter.com/widgets.js

ロンドンの仮想通貨専門投資会社である「Kaiseirex」のオススメの投資通貨のポートフォリオに「ビットコイン」「ライトコイン」「モネロ」「バイトボール」が入っています。 

通貨として、支払いや送金としての機能を持つ仮想通貨でプライバシー機能を持つ「モネロ」がポートフォリオに含まれています。

モネロの価格予想について

https://platform.twitter.com/widgets.js

ICOのコンサル業などを手がけるサティス・グループは30日、今後の仮想通貨市場についてレポートを公表し、ビットコイン(BTC)とモネロ(XMR)が急上昇する一方、リップル(XRP)は急落すると予想した。

サティス・グループが今後1年~10年にかけて一番上昇すると予想したのは匿名性の高さで知られているモネロ (XMR) 。現在約98ドルで推移して時価総額で第11位だが、サティスは今後1年で1476ドル、5年で18498ドル、それぞれ1336%と17887%上昇すると予想した。

この機関によると、モネロは今後税金を逃れるために使用される可能性を予測して、5年後で最大200万円へ上昇すると予想をしています。

2018年9月で1300円なので、約150倍もの値上がりとなる計算です。

一機関の予想なので参考程度にとどめておいてください。

ヨリコ
ヨリコ
この専門家の予想は、オフショア地域など税金がかからない地区にモネロを送金したりする需要が増えるため価格上昇につながるとの見方を持っているわ。 なので、その部分に特化したモネロの見方と言えるわね。

モネロの取引ができる取引所

モネロが取引できる取引所として、おすすめなのが世界最大の取引所である「バイナンス」になります。

イギリスの取引所の「HitBTC」でも同様に取引が多いのですが、日本在住者の取引は禁止されているため、多くの人はバイナンス で取引を行っています。

バイナンスの詳細については「Binance(バイナンス)仮想通貨取引所の登録(口座開設)方法と評判について」を参考にしてください。

「バイナンス 」公式ページ

 

 

Source: 仮想通貨の投資方法

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。