イーサリアム(ETH)は、●●によると明るい未来

1 

Dion Rabouin、Rick Newman、Dan Roberts、Mark Yusko、Morgan Creek Capital Management CEOは、ETHネットワーク上で実行されるERC-20トークンに基づくEthereum(ETH)市場の低下と不正なICOについて議論しました。それにもかかわらず、Ethereum(ETH)は2018年にかなり大幅に減少したとMark YuskoはEthereum(ETH)は明るい未来を持っていると述べています。

Dan RobertsとMark Yuskoは、不正なICOと詐欺の話題について議論しました。彼らはまた、詐欺ではないイニシャルコインオファーリングがエテリアム(ETH)をどのようにキャッシュに入れたかについても話しました。しかし、Mark Yuskoは、インターネットが1996年に機会を創出し、商取引のデジタル化を支援したので、次のステップはTrustNetの創設であり、Ethereum(ETH)はそれを構築するように設計されていると述べた。

モルガン・クリーク・キャピタル・マネージメントのマーク・ユースコ最高経営責任者(CEO)は、「人々は今から6年後のことだ。グーグルが考えられたばかりの1993年か1994年のインターネットのようだ。

モルガン・クリーク・キャピタル・マネジメントのCEOであるMark Yusko氏によれば、エテリアム(ETH)は明るい未来を持ち、2024年までにTrustNetを創設する

Mark Yusko氏は、TCP / IP、HTTP、およびSMTPが人々が今日使用するスマートフォンとテクノロジーを開発するのを助けたため、Ethereum(ETH)がTrustNetの基盤となったと付け加えました。

“エテリアムは違う。それをTrustNetのワールドワイドウェブと考えてください」とYusko氏は付け加えました。

一方、Dion RabouinはBitcoin(BTC)が詐欺であったというJordan Belfortの発言についても話しました。ディオン氏は、ベルフォールがクリプトカルトの真の信者であったことはないと付け加えた。しかし、ヨルダン・ベルフォートは、彼自身が詐欺師だったが、Bitcoinはその中で最大のものだと言った。

“問題は[ヨルダン・ベルフォート]がBitcoin(BTC)でもEthereum(ETH)でもなく、ユーティリティトークンについて話していたICOの話であり、ユーティリティトークンのいくつかは詐欺だった。資本があるところならどこでも悪い人が現れるだろう」とモルガン・クリーク・キャピタル・マネジメントのCEOは答えた。

参考資料:https://oracletimes.com/ethereum-eth-has-a-bright-future-according-to-morgan-creek-capital-ceo/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy


人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。