Huobi、BitTradeを買収し、日本市場への「積極的な」出現を計画

1 

Huobiの暗号暗号化取引は、BitTradeプラットフォームの政府機関で承認された主要暗号化取引プラットフォームの大半を取得することで、日本市場に登場する予定です。Huobi氏によると、この取引プラットフォームは、「この取引プラットフォームを日本最大の市場に積極的に拡大し、グローバルに展開したい」としている。

BitTradeの100%を所有するシンガポールの起業家Eric Cheng氏によると、Huobi暗号トラヒックの交換はBitTradeの大半を買収した。

「両当事者は、この取引プラットフォームを積極的に日本国内最大規模に拡張し、世界規模でサービスを拡張する可能性を秘めています」と、Eric Cheng氏は述べています。

Huobi Globalの子会社であるHuobi Japan Holding Ltd.は、2013年に中国で設立された暗号トラヒック交換会社であり、最近シンガポールに本社を移しました。同社によると、暗号交換プラットフォームは1兆ドルを超える取引量を集計し、世界中の何百万人ものユーザーを集計している。

Huobi氏は地理的に、シンガポール、韓国、香港、オーストラリア、アラブ首長国連邦、ルクセンブルク、そして世界中の他の諸国にHuobiがコンプライアンスチームを持っている、とHuobi氏は述べた。

Huobiは、日本で既に規制されている暗号トラヒック交換であるBiTradeを購入することにより、日本市場に積極的に出現しています

暗号市場での市場参入を望む企業の最大の課題は、金融庁(FSA)の承認を得ることです。

2017年、FSAは、日本全国で稼働する16の暗号化交換プラットフォームを承認しました。そのうちの1つは、シンガポールの起業家Eric Chengが5月に完全所有しているプラ​​ットフォームであるBitTradeです。

この買収により、アッパー・ジョイフル・リミテッドのCEOであるチェン氏は、FXトレード・ファイナンシャル・カンパニー(FXトレード・ファイナンス・カンパニー)とその関連会社であるBitTrade Co Ltd.の両社の支配権を所有することになります。その瞬間。

今、HuobiはEric Chengから直接BitTradeの株式を取得し、BitTrade経由で日本市場に直接アクセスできるようにした。

参考資料:https://oracletimes.com/huobi-acquires-bittrade-planning-an-aggressive-emergence-on-japanese-markets/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy


人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。