ブロックチェーン大国のマルタ、大手仮想通貨取引所が集まる理由とその展望

マルタ政府のブロックチェーンに対する姿勢

マルタ政府は、革新的な技術としてブロックチェーンを認識し、その技術を経済の中心的な部分にしたいと考えている。実際に、税制や国としての支援など、マルタは世界中の国々の中でも仮想通貨関連の事業を開始するための最良の国の 1つだと見られている。

マルタでは、企業の新たな計画の立ち上げや起業がしやすい環境が整っており、最新のブロックチェーンに対する取り組みによって、世界中からトップクラスの才能を持つ人々を強く引き付けている。

また、ブロックチェーンに関連する4つの法案がマルタ議会の承認された。これは、マルタでの仮想通貨関連企業のスタートアップを手助けするものだ。加えて、仮想通貨の取引高で最も大きな2つの仮想通貨取引所のであるバイナンス(Binance)とオーケーイーエックス(OKEx)は、既にマルタへの事業運営計画を発表している。

そしてマルタに取引所が設立された場合、仮想通貨に関してより質の高い仕事がマルタの住民に提供されるようになり、マルタ経済はさらに上昇することに繋がるだろう。実際に、 Binanceなどの仮想通貨取引所における人手不足は深刻であり、世界でもブロックチェーンに特化した国となるマルタでは今後技術者の需要が高まりつづける。

マルタ証券取引所のデジタル資産子会社であるMSXがセキュリティトークンの取引とリスティングのための2つの新しいプラットフォームを開発しており、今後もこういった発表はマルタでは増加していく。

「ブロックチェーンアイランド」としての今後についての考察

BinanceやOKExの他に、世界でもトップクラスの取引高を誇るZB.comもマルタに取引所を設立することを発表している。同社は、マルタの中心にあるビジネスセンターに事務所を開設する予定だ。

それぞれの仮想通貨取引所の事業計画だけでなく、政府としても仮想通貨に関する事業で世界の主導権を握るという狙いがある。実際に、世界でもトップクラスの取引高を誇る仮想通貨取引所が数社もそろえば、仮想通貨大国と言っても過言ではないだろう。

ZB.comは、最初は仮想通貨と仮想通貨のやりとりを開始したうえで、最終的に欧州のマルタに拠点を置く新たなプラットフォームを通じて、仮想通貨と法定通貨の取引ペアを提供することになるそうだ。

さらにブロックチェーン技術の開発だけでなく、ビットコインATMやそれぞれの仮想通貨取引所の独自アプリによる決済などの取り組みもマルタが先陣を切って行っていく可能性が非常に高い。

マルタと比較した場合、他の国々は、仮想通貨とブロックチェーン企業の規制と実装に迷いがあり、ブロックチェーン技術の採用においても踏み切れていないケースも多い。

今後マルタでは、政府機関によるブロックチェーン技術の採用、マルタ発のブロックチェーンサービスの開発などに力を入れ国として活性化することで、仮想通貨の国際的な立ち位置を世界に対してアピールできる存在となるだろう。

参考資料:https://coinchoice.net/malta-become-blockchain-island/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy


人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。