ビットコイン(BTC)今後の予測!ウェブボットの最新予測等のまとめ 8回目 2018年1月!!

皆様!!

 

こんにちは!(。・▽・)ノ

 

タカです!

 

2018年1月22日!!

 

本日は雪ですね!!

 f:id:kasoutukausagi:20180122161416j:plain

 

それでは、ビットコイン(BTC)の日足チャートを見てみましょう!!

 

チャートはトレードビューでBITFINEXの日足チャートになります。

 

表示は一目均衡表にフィボナッチ・リトレースメントを重ねています(`・ω・´)

 

f:id:kasoutukausagi:20180122162947p:plain

 

大分、大きな調整となり不安に成られる方も多いと思います!!

 

まずは9/16日に2980ドルの安値をつけました。これはチャイナショックとも呼ばれる大幅下落です。

そこから、12/17日まで小さな調整はあったものの、一気に19,891ドルの高値までのぼりました(`・ω・´)

凄いですね!!!

 

しか~し、そこから長い調整期間に入ります。

 

そして、1/17日に9231ドルの安値をつけ、現在も価格は回復せず11,500ドル付近となっています(´・ω・`) 

一目均衡表の雲を下抜けし、フィボナッチ、0.618%押しの(9400ドル)をタッチしたところでリバウンドしていますが、雲に頭を抑えられてしまっている状態です。

 

因みにですが、今までの暴落もフィボナッチ・リトレースメントの0.618%押しの少し下で下げ止まって、その後リバウンドしていますので、その辺を見ておくと良いですよ(⌒-⌒)

 

では、ウェブボットの予測と照らし合わせましょう。

 

 

これは、これまでのビットコインの歴史でも見たことがない新しいパターンとなるはずだ。

 

そしてこの激しい乱高下のパターンは、6週間ごとに繰り返すとある。

 

このような相場展開は、ビットコインは移行期にあることを示している。

 

参考:

ビットコイン(BTC)今後の予測!ウェブボットの最新予測等のまとめ 7回目 2017年12月 – タカの仮想通貨(暗号通貨)投資をわかりやすく解説するブログ

 

また仮想通貨の変動のパターンだが、次の3つの時期に分かれている。

 

それは、10月の革命的な変動期冬の断絶期、そして来春の発現期の3つである。

 

・最後の「春の発現期」は2018年で終わるわけではない。

2019年まで続く。

 

 

参考:

ビットコイン(BTC)今後の予測!ウェブボットの最新予測等のまとめ 6回目 2017年11月!!続き!!その3 – タカの仮想通貨(暗号通貨)投資をわかりやすく解説するブログ

 

この2つの予測から、現在は冬の断絶期であり、そのスタートが12/18からと考えれば、そこから6週間ですね(`・ω・´)

 

1月中は冬の断絶期としてビットコインの歴史でも見たことがない値動きのパターンになっている可能性がありますね(`・ω・´)

 

しかし!!!これが終わったら春の発現期がスタートします(`・ω・´)

 

つまり、今が仕込み時ということですね!!ヽ(=´▽`=)ノ

 

悲観している場合ではありませんよ!!

 

春の発現期が始まる前に将来性の高い通貨は仕込みましょうネッ(oゝД・)b

 

それでは、最新の予測を出しましょう!!

 

・ビットコイン(BCT)

 

ビットコインは2018年の2月最終週から高騰する。

 

この高騰の波は止らない。

 

そのまま2018年一杯と2019年にかけて勢いよく上昇する。

 

ドルの価値低下に伴って、仮想通貨は上昇する。

 

もちろんこの間、ビットコインの価格の調整が行われる局面はあるだろうが、それはかなり短く、すぐにもとの価格に回復する。

 

また、ビットコインは主要メディアなどでも頻繁に取り上げられるようになるため、ビットコインの認知度は高まり、ビットコインはさらに上昇する。

 

2019年から2022年までの長期のデータを見ると、仮想通貨に関係した新しいテクノロジーが開発され、それが仮想通貨のルネサンスの背景になるとある。

 

ところで、これまでのウエブボットの仮想通貨相場予測の的中率は高かった。

価格までも予想通りに展開した。

しかし、ウエブボットのデータに現れる数値には二種類ある。

 

ひとつは、感情値の変動を表す数値だ。これを見ると223万円台まで急騰したときの感情値は38であった。

 

これは100を最大値とした基準である。

驚くべき価格の急騰があったが、それでも感情値は38でしかなかったのだ。

そして来年の3月には感情値の数値は57となる。

 

それともう一つの数値は価格である。

ただウエブボットのデータが示す価格は、感情値ほど正確ではない。

そうであっても、最近の予測の的中率は高く、ほぼ予想された価格が実現した。しかし、予測された期間は2カ月ほど前倒しになってしまった。

 

ところで現在のデータでは、2018年の夏には440万円(4万ドル)になるとある。

 

さらに、2018年の末には1100万円(10万ドル)に達するとある。

 

1100万円への到達は大きな驚きを呼び起こし、10万ドル突破を祝うパーティーやイベントが世界のあちこちで開催される。

 

しかし、ビットコインが1100万円の水準を突破する前に、710万円(6万4千ドル)あたりで30%を越える調整がある。下落は短期間で回復するものの、パニックの原因となる。

 

さて!!大変、楽観的な予測であることがおわかりでしょうヽ(=´▽`=)ノ

 

つまり、BTCや仮想通貨に関しては2018年から2019年には高騰が期待できるということです(`・ω・´)

そして、今までの予測が2ヶ月前倒しになっていることからも、夏に4万ドル(440万円)という予測も前倒しになる可能性があります(`・ω・´)

 

そして、2月の後半からの高騰と3月の感情値が高いということからも、その前に仕込んでおきたい所ですね(⌒-⌒)

 

そして、何よりも1100万に今年中には到達するという予測です!!

絶対に安値売りは避けたい所ですね(⌒-⌒)

 

 

そして、クリフハイの最新インタビューのコメントです!!

 

「この(ビットコインの)「ワニの歯」に似た乱高下のパターンはしばらく続く。

 

そして2月半ばからは155万円(13880ドル)を底値として、そこから急上昇の過程に入る。

 

5月になると驚くような価格水準になっているはずだ」

 

 ここから、解釈できることはビットコイン(BTC)の2月の底値が155万前後である可能性がたかいということです!!

 

そして、そこから5月に向けて高騰するということですね(⌒-⌒)

 

つまりですよ!?今日現在2018年1月22日の日本のBTC価格は約130万前後ですね!!

つまりは仕込み時です!!!

 

 

 

まとめ

 

今、現在、大きめなビットコインの調整に戸惑いを見せる方も多いでしょう!!

 

しかし、これは以前から予測されていた事です!!

 

そして、この苦しい期間を乗り越えれば、非常に楽観的な予測の春の発現期がスタートし、2018年中にはBTCは1,100万の予測もでています(`・ω・´)

 

つまり!!!

この冬の断絶期の間にBTCをはじめとした、将来性の高い仮想通貨を多く仕込めば、春は笑っていられるということです!!

 

結論!!今保有しているBTCはホールドあるのみ!!余剰資金がある方は今の安い間に買い増ししておくのも良いでしょう!!(`・ω・´)

 

 

 

ビットコインの取引手数料がマイナス0.01%と大変お得なのはザイフですね!!(⌒-⌒)

BTC ETH MONA BCH はザイフでの購入がおすすめです(`・ω・´)

簡単に口座開設がこちらから出来ます(⌒-⌒)

 

スマホで手軽にビットコイン投資をやるならコインチェックがお勧めです!!

解りやすくて、口座開設も直ぐ出来ます!!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

 

 

Source: タカの仮想通貨(暗号通貨)投資をわかりやすく解説するブログ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。