エティハド航空がブロックチェーンを導入!

2 

あらゆる部門で、さまざまなサービスを提供するために常に仲介者が配置されており、航空会社にとって、セイバーアマデウスなどのグローバルな流通システムは仲介者の一部です。サービスは大丈夫ですが、企業もいくつかの課題を経験しています。

エティハド航空、グローバルな流通システムは、顧客に製品やサービスを提供する場所ではありますが、blockchainを通じて、エティハド航空は、そのサービスのデジタル化に目を設定しています。Winding Treeと提携することで、エティハドはGDSを廃止し、ブロックチェーンプラットフォームでサービスと製品をオンボーディングしています。これは、顧客が在庫に直接アクセスできることを意味します。Winding Treeは、ブロックチェーン技術 使用して、顧客へのフライト や宿泊サービスなどの情報をデジタル化するプラットフォームです

その実装はいくつかのビジネスを排除しますが、その混乱は素晴らしい機会を明らかにします。特に、GDS事業者は仲介者として事業から追い出されますが、消費者は獲得する立場にあります。Winding Treeプラットフォームを組み込むと、競争が発生します。つまり、旅行者にとってより良い価格になります。さらに、さまざまな航空会社がWinding Treeに登録しているため、顧客はより多くのサービスを利用できます。後者はユーザーに異なるパッケージを提供します。同様に、仲介者なしは追加料金なしを意味します。

「ワインディングツリーは小売消費者向けではありませんが、GDS料金をなくすことでコストを削減できます。」ウィンドツリーの最高執行責任者で共同設立者のペドロアンダーソン「世界中で、旅行業界は不快な体験に関連しています。しかし、当社の革新的なソリューションにより、これらの悪い経験を取り除くことでビジネスのやり方に革命をもたらします。その過程で、当社のプラットフォームはサービスプロバイダー間の競争を促進し、消費者にとって公正な価格になります。」

一方、エティハドのデジタルおよびイノベーションのディレクターであるトリスタン・トーマスは、こう言うべきでした。

「Winding Treeプラットフォームは以前の配信プラットフォームに取って代わりつつありますが、主要な流通システムが支配的な市場を混乱させることにもなります。」

ルフトハンザ、エールフランスKLM、エアカナダなどの航空会社に誘い込むほか、ウィンディングツリーはホテルとも協力しています。Winding Treeには、航空サービス会社であるSwissportも、そのプラットフォームのサービスプロバイダーの1つとしてあります。 

参考資料:https://www.crypto-economy.net/en/etihad-airways-signs-up-on-switzerland-based-winding-tree-platform-to-explore-blockchain-technology/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。