リップルの拡大が続く

コメント 2019-08-15 231706.PNG 

Rippleは製品を宣伝するために一生懸命に取り組んでおり、同社は完全なXRPエコシステムを後押ししています。

Rippleの技術採用が増加

SCB Thailandは、Easy Payアプリ経由で国境を越えた取引を行うためにRippleの技術を使用しています。

同社は、Rippleの技術を使用している方法のかなり詳細な説明でWebサイトを更新しました。

このアプリにより、SBCタイのお客様は、米国、英国、ドイツ、イタリア、フランス、シンガポール、スペインなど、より多くの国に資金を移動できます。

Daily Hodlからの最新のレポートによると、英国とシンガポールへの支払いはリアルタイムで転送されるようです。

「Rippleブロックチェーンテクノロジーを使用すると、送金先の国の送金システムに応じて、数秒または3日以内に送金先の口座にお金が届きます。」

また、SBCは以前、少なくとも現時点では、XRPを搭載したxRapidではなく、Rippleの支払いメッセージングシステムxCurrentを使用していると述べたことに注意することも重要です。

削除されたツイートは次のとおりです。

リップルはSWIFTよりも優れています

リップルは最近、再び注目を浴びており、従来の支払いシステムであるSWIFTとの戦いに再び注目しています。

SWIFTは銀行や金融機関で何十年も使用されてきましたが、より専門的な意見によると、SWIFTは時代遅れになっています。

最近、東南アジア最大の銀行であるDBS Bankの新しいレポートによると、Rippleは国境を越えた支払いを行う最も安価な方法を機関に提供します。

このレポートは、国内および国境を越えてお金を移動するさまざまな伝統的な形式をランク付けしています。

国際的な支払いに関しては、SWIFTが現金を移動する最も高価な方法であると報告書で強調されており、これに続いてACH振替があり、次にリップルが最も費用効果の高い方法です。

「通常、企業は支払いコストを最小限に抑えようとします。他のすべてが同じであれば、国内の支払いは国境を越えた支払いよりも安くなり、これはIHBと国境を越えたACHの推進力になります」と報告書は述べています。詳細については、以前の記事をご覧ください。 

参考資料:https://oracletimes.com/ripple-expansion-continues-thailands-largest-commercial-banks-uses-ripples-tech/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。