金融ブロックチェーンアプリケーションのインフラを目指すFindoraとは?

金融ブロックチェーンアプリケーションのインフラを目指すFindoraとは?

Findoraは、DeFi(分散型金融)や金融ブロックチェーンアプリケーションのインフラストラクチャーを目指すプロジェクトです。また同プロジェクトは、自身をDeFiのアイデンティティレイヤーとも表現しています。

Findoraトップ画像
出典:Findora

金融サービスのためのインフラを目指すFindora

Findoraは、ゼロ知識証明を用いてユーザーは個人情報を開示することなく、金融機関XXからKYCを認証されている事実や、XX円以上のオンチェーン資産を証明することを可能にするといいます。

ゼロ知識証明は、ある人が他の人に、自分の持っている(通常、数学的な)命題が真であることを伝える際に、真であること以外の何の知識も伝えることなく証明できるようなやりとりの手法です。Findoraのバリデータノードやストレージプロバイダでさえも暗号化された情報を解読できずとも、ユーザーは自身の情報を証明する手段を持てるということです。

DeFiのプロトコルが数多く生まれ、地球の裏側の人に資産を貸し出して、金利収入を得ることも容易になりましたが、その世界には未だアイデンティティの仕組みや与信情報確認の仕組みが確立されていません。Findoraはまさにそのポジションを狙うプロジェクトで、ネットワークは金融機関やビジネス、ユーザーがいずれも使いやすくデザインされる予定であるとしています。

DeFiの中にも確実にアイデンティティレイヤーは必要とされていて、そのポジションを狙うプロジェクトです。

Coinbaseの元CTOやスタンフォード、MITの教授も参画

2019年8月、Findoraにコインベース(Coinbase)の元最高技術責任者(CTO)であるバラジ・スリニバサン(Balaji Srinivasan)氏とスタンフォード大学の暗号理論の教授のダン・ボネ(Dan Boneh)氏が参画することが発表されました。

スリニバサン氏は元々シリコンバレーの大御所ファンドのパートナーであり、その後earn.com(現在はコインベース傘下)とコインベースのCTOを務めるも2019年に退職した経歴を持ちます。マサチューセッツ工科大学の暗号理論の教授であるロザリオ・ジェンナーロ(Rosario Gennaro)氏が同じくアドバイザー参画しています。

Findoraの創業者であるチャールズ ・ルー(Charles Lu)氏もスタンフォード大学で暗号理論を専攻した卒業生で、在学中に同校のブロックチェーンクラブを設立しました。卒業後は、Binance Labで働いていた経験もあり、業界内のネットワークも十分でしょう。金融アプリケーションのアイデンティティ自体重要な領域であり、注目のプロジェクトです。

【こんな記事も読まれています】
分散型金融(DeFi)はどのような未来を作るのか?
仮想通貨で誰でも金融システムが使える時代が?Defi(分散型金融)の将来予想
DeFi(分散型金融)プラットフォームに合わせてリサーチできる厳選ツール7選!


d10n Labのリサーチコミュニティでは、ブロックチェーン業界の動向解説から、更に深いビジネス分析、技術解説、その他多くの考察やレポート配信を月に20本以上の頻度で行なっています。コミュニティでは議論も行えるようにしており、ブロックチェーン領域に積極的な大企業・スタートアップ、個人の多くに利用頂いています。
▼d10n lab 未来を思考するための離合集散的コミュニティ
https://d10nlab.com

Source: 仮想通貨ビットコイン

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。