バイナンス、年利最大15%の仮想通貨レンディングを開始

取引量において世界最大級の仮想通貨取引所、バイナンス(Binance)は、顧客の入金を増やすためにレンディングサービスをローンチした。

バイナンスは2019年8月26日(現地時間)付の声明の中で、8月28日午前6時(UTC)以降、先着順で「バイナンス・レンディング(Binance Lending)」の申し込みが可能になると発表した。

ユーザーは、利子を獲得するために、自身の保有するUSDT、イーサリアム・クラシック(ETC)、そしてバイナンスのネイティブコインBNBを貸し付けることができるようになる。期間は8月29日から9月11日まで。

このレンディング商品の満期は14日間に固定されており、BNB、USDT、ETCに対する金利は、年換算するとそれぞれ15%、10%、7%に設定されている。

バイナンスは全体で申し込みできる上限額を20万BNB、500万USDT、そして2万ETCに設定している。同社は商品の申し込みが完全に埋まった場合、全体で1150BNB、19178USDT、53ETCの金利を支払うことになる。記事執筆時点でそれらは合計約5万ドル(約530万円)に相当する。

1人のユーザーが申し込むことができる最大額は、500BNB、100万USDT、そして1000ETC。

一方、バイナンスが最近ローンチした証拠金取引事業では、BNBとUSDTを借りるユーザーに対して、それぞれ年利に換算すると最大109%と10.0375%の金利を課している

バイナンスはレンディングサービスを発表するわずか数時間前、同社ウェブサイト上で、8月27日以降、ETCの証拠金借り入れに対する金利(年利換算)を今までの7.3%から14.6%へと引き上げると発表した

バイナンスは、「需要に基づき、レンディング商品として提供するために新しいコインやトークンを絶えず評価」し、毎週月曜日に新しい商品が発表され、水曜日から申し込み可能になる、と述べた。

バイナンスのCEO、ジャオ・チャンポン(Zhao Changpeng)氏が先日のロンドンでのイベントで、同社が8月中旬ごろに貸付事業の開始を計画していると述べていたことを考えると、一部の人は今回の計画にさほど驚きを覚えないかもしれない。

今回のローンチは、事業内容を多様化し、ユーザーを引き付け、維持するためのバイナンスの取り組みの1つ。同社は、7月に証拠金取引と借り入れサービスを正式に展開し、同社プラットフォームに先物取引を追加する計画を数週間前に明かしている。

参考資料:https://www.coindeskjapan.com/18109/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。