スイスで暗号とブロックチェーンの導入が激化

2 

暗号とブロックチェーン技術の採用の主流は今年の重要な目標であり、これを実現するために暗号空間のステップを正しい方向に進めている多くの動きがありました。

今、例えば、それはスイスの番です。

暗号の大量採用が続く

Migrosと呼ばれる国内最大のスーパーマーケットチェーンは、食品の安全性を確保するブロックチェーンを活用したソリューションを統合しています。

TE-FOODと協力して、プロジェクトはMigrosとそのサプライチェーンパートナーに非常に重要な価値を提供するように設計されています。

「TE-FOODは、世界最大の公的にアクセス可能な農場から食卓への食品トレーサビリティソリューションです。公式発表によると、[6,000]を超えるビジネス顧客にサービスを提供し、毎日400,000のビジネストランザクションを処理しています。

ノートはまた言うサプライヤによって送信されたトレーサビリティデータは、自動的にGS1の電子製品コード情報サービス(EPCIS)形式に変換し、ミグロス自身のEPCISシステムに送信される」という。このシステムは内部で使用することを目的としており、消費者に開放することは現在のプロジェクトの範囲外です。」

このプロジェクトは、食品のトレーサビリティに関する興味深いユースケースを提供しているようです。

さらに、Migrosおよびそのサプライチェーンパートナーに高い価値を提供することを目指しています。

暗号空間の重要な動き

暗号市場は最近非常に不安定ですが、これは重要な動きが暗号空間で行われるのを止めませんでした。

Bakkt  は、世界が期待している暗号ゲームチェンジャーであると言われています。

Bakktはすぐに開始されます9月6日、顧客ビットコインを保管番目の 今後の暗号先物市場のための準備をするために。彼らは今週、ツイッターで監護権の開始を明らかにした。

発表では、「9月6日に、当社の倉庫は顧客ビットコインの安全なストレージの提供を開始し、9月23日に発売されるBakkt Bitcoin Daily&Monthly Futuresの発売に備えます。」 

参考資料:https://oracletimes.com/crypto-and-blockchain-adoption-intensifies-in-switzerland/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。