Cardanoコミュニティニュースレター・2019年9月20日

Cardanoニュースレターへようこそ!
このニュースレターは、Cardanoコミュニティチームによって2週間ごとに公開され、皆さんにプロジェクトについてのニュースやアップデート、イベントをお知らせします!
Cardanoニュースレターの購読を中止したい場合は、この電子メールの下部の「リストから退会する」をクリックしてください。
Cardano周年記念:Cardanoの2周年をお祝いしよう!

CardanoとADAは、2019年9月29日に上場2周年を迎えようとしています!
Cardanoエコシステムの三社は、コミュニティを受け入れ、コミュニティと一緒にお祝いをし、過去2年間の進捗を強調したいと考えています。
ここ数日の間に非常にうまくいったキャンペーンをいくつか完了しました。
まもなく皆さんに結果をご紹介します!
これらのキャンペーンに参加し、キャンペーンをアクティブにしてくださった皆さん全員に感謝申し上げます。
おかげで非常に興味深い結果が得られました。

詳細はこちらをご覧ください

最後にご協力をお願いします!
英語になりますが、フォーラムでアンバサダーたちによって30問の面白い質問が選択されました。
その中で、あなたのAMAに出て欲しい、回答して欲しい各質問への投票ができます。
Cardano財団、IOHK社、EMURGO社宛ての質問で最大3回投票することができます。
ぜひご参加くださいませ。

EMURGO専用質問の投票へ

IOHKブログ:Cardano Shelleyへの道、次の一歩を踏み出す

週、このShelley テストネット ニュースレターでは、主要な成果やプログラムで何が行われているかについて高水準の概要を共有しています。
しかしながら、IOHKのロールアップは2週間前とは少し違っていました…
9月上旬コロラド州で、IOHKテストネットチームは再編成し、会合を開き、これまでの進捗状況を確認し、Shelleyテストネットの次のフェーズの計画を確定し、その上ですべてを動かし始めました。
エキサイティングな時代が待っています!
すべての興味深い詳細については、以下のIOHKのブログ投稿をご覧ください!

IOHKの最新のブログ投稿を読む

Shelley テストネット:12週目

先週金曜日、Shelleyテストネット ニュースレターの定期的なアップデートも公開されました。
アップデートはフォーラムでご確認してください。お忘れなく:最新の技術アップデートについては、GitHubコミュニティ内ですべてのコミットとプルリクエストをフォローすることができます。

まだ会話に参加したことがない方は、ステークプールのBest Practice Telegramで活発な活動をご覧になれなれると思います。

Shelley テストネット:12週目を読む(英語)

Cardano財団、中国コミュニティへのサービス提供にRyan Heを任命

9月11日、Cardano財団は、中国コミュニティーのニーズへの直接の対応として、世界的な拡大計画に沿って、Ryan He (中国:何健浩、カナ:ライアン・へ)を新しいアシスタントコミュニティマネージャーとして即日付けで任命することで、中国のコミュニティ成長への取り組みを強化しました。
Ryanは、中国の上海を拠点とする新しい役割に基づき、現地の戦略を作成し、ブロックチェーンマーケティングにおける彼自身の経験を活かして中国コミュニティとの関係を向上させます。

IOHK&Cardano財団、ワイオミング州ハッカソンに出席しました

Cardano の採用とスマートコントラクト開発を促進するために、IOHKとCardano財団はブロックチェーン業界のインフルエンサーとワイオミング大学工学部と提携しています。
Cardano財団・IOHK社はスポンサーの1つであるため、Charles Hoskinson、David Esser、Bakyt Azimkanovなどが講演し、イベントに出席しました。ご興味のある方々は以下のプレスリリースをご覧ください!

Tangata Manu:Cardanoブロックチェーンのデータインポーター
EMURGO CTO、Nicolas Arquerosは、Cardano財団からの財政援助でどのようにEMURGOをサポートし、Icarusライブラリに代わるオープンソースライブラリである「Tangata Manu」を完成させリリースしたかを説明しています。
Tangata ManuはCardano ブロックチェーンのデータを簡単に使用できるデータベースストレージ(例えばPostgresデータベースなど)にインポートするツールです。
プロジェクトの主な目標は、メインの中間層機能を提供し、新しいカスタムデータストレージ コネクターやデータプロバイダー コネクターが簡単に接続できるようにすることで、基本的に、APIを使って(例えば、異なるフルノード実装)どのソースからでもブロックチェーンのデータを読み出し、ユーザーが接続できるカスタムストレージやデータベースにエクスポートできるようになります。

EMURGO:Sebastien GuillemotによるCardanoの進捗最新情報(2019年9月)

最新のCardano月刊レビューです!
EMURGOのエンジニアリング部門のリードSebastien Guillemotが、8月に起こったことを取り上げています。
        Shelley テストネットのアップデート
        Tangata Manuのリリース
        Plutusの進捗状況と新しいMarloweブック
        Yoroiの開発など!

Sebastienの更新を見る(英語)

EMURGO: Cardano ADA決済導入店舗事例紹介

EMURGOは、リサーチ主導のアプローチにより進化を遂げる初の第三世代ブロックチェーンCardanoの公式商業化部門です。
EMURGOはCardanoエコシステム、またはブロックチェーン業界全体の認知を確立する事に務めており、一般の方に一番身近な日々の決済にADAを利用していただく活動もしております。

Cardanoコミュニティー・ミートアップ 

新ミートアップグループ一覧:


Source: 非公式エイダコイン情報メモ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。