Facebookがイスラエルのチャットボット開発者Servicefriendを買収

100 

ソーシャルメディアの大手Facebookは、「ハイブリッドボット」開発者であるServicefriend を買収しました。これはイスラエルを拠点とする技術系新興企業で、買収は未公開です。

ニュースは、イスラエルの出版物The Markerによって報告されました。これは、Servicefriendの投資家の一人であるRoberto Singlerによって提供された情報に基づいています。Facebookは、契約の詳細についてあまりコミュニケーションをとっていませんでした。Facebookの広報担当者は、「小規模なテクノロジー企業を随時買収しています。計画について常に話し合うわけではありません。」

Facebookは計画を明らかにする意欲に欠けているにもかかわらず、この開発から買収の目的を推測できます。Servicefriendの共同設立者であるIdo AradとShahar Ben Ami、およびスタートアップの少なくとも2人のチームメンバー(研究開発部門の副社長、および技術部門の副社長)はすべて、Facebookの最近立ち上げたCalibra子会社に加わりましたCalibraは、技術巨人の提案したLibra暗号通貨Libraの使用をサポートするウォレットサービスの開発を担当する会社です。また、現在Uber、MasterCard、Coinbaseを含む28人のメンバーがいるLibra AssociationへのFacebookの関心を表しています。

サービスフレンドのスタートアップFacebookは、Calibraウォレットの顧客サービスのためにボットまたはボットのネットワークを構築することになると、他の情報源によると最も明白に取り組むことを明らかにしていません。同社は2015年にサービスを開始して以来、約30人の従業員を擁しており、その主力製品はサービスセンターで顧客とのコミュニケーションに使用される人工知能(AI)ソリューションです。スタートアップはFacebookと協力して、Messengerサービス用のハイブリッドボットを開発し、社内の人間のチームを補完しました。

この開発は、LibraのリードとFacebook幹部のDavid Marcusが、来年もFacebookはまだ暗号通貨の問題を開始する予定であると認めている中で起こります。先週の金曜日に公開スイスの新聞NZZとのインタビューで、マーカスは、と言った、「それまでは、私たちは、適切な規制環境を作成し、適切にすべての質問に対処する必要があります…目標は来年天秤座を起動することがある。」 フランス ドイツ 表明していますEUでの天秤座の立ち上げを禁止する彼らの関心は、他のユーロ圏のメンバーがこの禁輸措置の一部となるかどうかはまだ不明です。 

参考資料:https://www.crypto-economy.net/en/facebook-libra-facebook-acquires-israeli-chat-bot-developer-servicefriend/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。