大規模証券取引所がビットコイン取引を開始、「未来の取引センターを構築」

100 

ドイツで2番目に大きい証券取引所であるExchange Boerse Stuttgartは、9月23日から完全に規制されたデジタル資産取引所の開設を発表しました。これにより、シュトゥットガルト証券取引所(BSDEX)のデジタル取引所は、投資家がもはやサードパーティを使用する必要のないドイツで最初の規制された取引会場となります。

Boerse Stuttgart Digital Exchange GmbH(BSDEX)が将来さらにアルトコインを追加する

ビットコインは最初に追加されたコインであり、ユーロ/ビットコイン(BTC)取引はほぼ年中無休で開かれます。この取引所は、2019年にイーサリアム、ライトコイン、XRPを追加することを楽しみにしています。2020年には、トークン化された資産も追加されます。

CEOのダーク・スターツ博士は次のように述べています。

「暗号通貨の市場は数十億の価値があり、ブロックチェーンに基づいてより多くのデジタル資産が出現します。私たちの目標は、これらの資産のためにヨーロッパの主要な取引場所を構築することです。」

最初は、選択したクライアントのみが取引を使用できるようになりますが、将来的にはより多くの人が取引にアクセスできるようになります。

Boerse Stuttgartは、SolarisBank AGのパートナーでもあります。SolarisBankAGは、法定管理サービスを提供し、ユーロ支払いも処理します。

solarisBank AGの元CTOであるPeterGroßkopfは、BSDEXのCTOになりました。

「BSDEXは、小売および機関投資家にデジタル資産への直接アクセスを提供し、柔軟で比較的低コストの取引を提供します。ブロックチェーンは金融業界に大きな変化をもたらすと信じており、その可能性を活用して将来の取引場所を創出したいと考えています。」 

取引所は最初に通常の市場と指値注文を提供しますが、将来的にはより多くのオプションが含まれます。

今年1月、Boerse Stuttgart Groupは暗号取引アプリBisonを開始しました。これにより、投資家が暗号通貨に簡単にアクセスできるようになります。このモバイルアプリは、ユーロで取引される他のアルトコイン(ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、およびリップル)も提供します。

レポートでは、BSDEXの取引プラットフォームにより、トークン化された資産の取引がよりアクセスしやすくなることが示されています。BoerseはSwisscomと提携し、スイスで取引プラットフォームを立ち上げることを楽しみにしています。 

参考資料:https://oracletimes.com/large-stock-exchange-launches-bitcoin-trading-building-the-trading-center-of-the-future/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。