NASAのジェット推進研究所(JPL)

100 

NASA JPLは暗号の才能を望んでいます

ジェット推進研究所(JPL)は、1936年に設立されたカリフォルニアにある研究開発施設であり、主に米国航空宇宙局(NASA)向けのロボット宇宙船の開発に焦点を当てています。宇宙機関は現在、JPLチームに加わる新しいデータサイエンティストを募集しており、その役割の資格リストに驚くべきポイントがあります。募集広告には、「暗号通貨とブロックチェーンの経験はプラスと見なされます。」

暗号通貨の経験がJPLでの仕事に有益である理由については説明がありませんが、推測するのは楽しいでしょう。おそらく、NASAは、独立した火星コロニーの新しい経済を開発する方法、月の基地に資金を供給するICOを立ち上げる方法、または宇宙人と取引する方法を見つける方法を探しています。それはまた、潜在的な申請者に、深い技術的および数学的概念に飛び込むのが本当に好きな人を探していることを知らせる方法であるかもしれません。

NASAがビットコインを月に発射しますか? 宇宙機関が暗号化の経験を求める
JPLミッションコントロールセンター

募集広告によると、データサイエンティストは、ロボット工学、人工知能、マルチミッションシステム、ミッションアシュアランス、クラウドコンピューティング、次世代フライトハードウェア、インテリジェントデジタルアシスタントなど、JPLのさまざまな分野のアプリケーションを開発します。また、モデリング、データマイニング、研究、予測分析の目的で使用される複雑で大規模なデータセットを分析するプログラムの設計も担当します。

必要なものはありますか?

暗号通貨の経験を活用してNASAで仕事をしたい場合、最初に必要な資格がいくつかあります。これらには、ビッグデータ、クラウドコンピューティング、統計、分析、機械学習、ディープラーニング、コンピュータープログラミング、データベース、データ統合、データ収集、データ「変更」、視覚化、モノのインターネット(IoT)および通信の知識が含まれます。JPLでこのような役割を取得するには、通常、少なくとも1年の関連経験を持つ工学、科学、コンピューターサイエンス、または情報システムの学士号、または経験のない同様の分野の修士号が必要です。

NASAがビットコインを月に発射しますか? 宇宙機関が暗号化の経験を求める

暗号の経験はあるが、NASAにアクセスできない場合は、他にも多くのオプションがあります。Linkedinで「Blockchain」という用語を含む募集広告を検索すると、現在、世界中に16,000を超える求人があります。「暗号通貨」という用語を含むサイトには、3,000以上の募集広告もあります。 

参考資料:https://news.bitcoin.com/nasa-to-launch-bitcoin-to-the-moon-space-agency-seeks-crypto-experience/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。