イーサリアム公式サイトが日本語に対応 基礎解説から学習リンク集まで

イーサリアムの公式サイト、日本語に対応

イーサリアムのオフィシャルサイト「ethereum.org」が日本語に対応した。

イーサリアムジャパンの運営を行う宇野雅晴氏によると、有志で集まったボランティアの方々の協力で日本語対応が実現、日本語を含めて4ヶ国語への対応となったという。

サイトでは、Ethereumの基礎情報から学習内容、デベロッパー向けの内容も補完している。また、深く調べていくためのLink集などの掲載も行なっている。

イーサリアムは、開発者向けカンファレンス「Devcon 5」を2019年10月8日から11日に大阪で開催する。Devconは2015年11月に英国ロンドンで第1回を開催して以降、上海、メキシコ、チェコと毎年開催してきたが、2019年に初めての日本開催が実現する。

ethereum.org 

参考資料:https://coinpost.jp/?p=109263 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。