トロンの創設者であるジャスティン・サンは、いくつかのエキサイティングな発表を行っています。

Tronの創設者であるJustin Sunは、9月24日にコミュニティを更新し、近日中に行われるすべての更新と開発について更新しました。発表は、PeriscopeとYouTubeのライブストリームを通じて行われました。彼のライブストリームのハイライトには、9月25日のSun Network 1.0の発表、新しいTronプロトコルの更新、およびいくつかの追加機能が含まれます。

今月初め、Sun Network 1.0が発表され、Tronの創設者が遅滞なく「無制限のスケーラビリティ」を提供することになっていることをユーザーに示しました。

SunのLivestream:TRON Networkバージョン3.6.5アップデート、TIP53など

サンは、ライブストリームで、各Sun Networkサイドチェーンが毎秒2,000トランザクションを許可し、サイドチェーンを増やすと、2,000 TPSにアクティブなサイドチェーンの数が乗算されると説明しました。

不可欠な発表は、TRON Networkバージョン3.6.5の更新とTIP53の実装に関するものです。これにより、27名の代表者が127名に拡大されます。元の27名がスーパー代表となり、100名が代表になります。Tronネットワークでのブロック報酬は、スーパー代表に16 TRX(元の27は32 TRXを受信するために使用されました)も与えます。

サンは、新しいシステムがより多くのユーザー参加を奨励し、分散化が進むと、トロンネットワークはより安全で堅牢になると主張しています。

別の発表は、トロンがリレーハブを使用してチェーンから別のトランザクションを行う「ブロックチェーンの相互運用性とクロスチェーン通信」へのトロンの参入に焦点を当てました。システムには最初に3つのチェーンが含まれます。1つはTRON財団によって選択され、もう1つはユーザーによって選択されます。クロスチェーンメカ​​ニズムが開始されるのは12月です。

他の発表には、送信者、受信者、および金額が非表示になるTron匿名コインの発売が含まれます。サンは、中小企業向けのワンクリックブロックチェーンソリューションも提供します。サンは、小規模企業がブロックチェーンソリューションにアクセスできるAmazonのクラウドコンピューティングサービスに似ていると付け加えました。

最後に、Tronは現在、TRXで将来のIEOを実施することを楽しみにしているトップの取引所と話し合っていると結論付けました。 

参考資料:https://oracletimes.com/tron-founder-justin-sun-has-some-exciting-announcements-sun-network-1-0-launched-tron-protocol-updated-and-more/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。