Taotao仮想通貨取引所とは?メリット、デメリットに関して

Taotaoは、Yahooグループによる仮想通貨取引所として大きな注目を集めています

まだ認知度も低いため、取引所としての使いやすさや手数料、スプレッドなど「今から開設すべき取引所なの?」と気になる方は、沢山いると思います。

そこで今回はTaotaoとはどんな取引所なのか、評判やメリットについて解説しますのでぜひ参考にしてください。

Taotaoの概要

日本でも、話題となりましたがYahoo! JAPANの100%子会社のZコーポレーションが出資するTaoTao株式会社が運営する仮想通貨取引所サービスです。

もちろん金融庁にも認可されており、登録番号は関東財務局長 第00011号です。

登録するためのハードルが非常に低く、気軽に利用でき、手数料関係も圧倒的に安く抑えられているため、仮想通貨取引の初心者や、初めての人でも利用しやすい取引所です。

Taotaoのメリット

日本には、すでにCoincheckやBitflyer等有名な仮想通貨取引所がありますが、
他社と比較した場合の実際のメリットはどのようなところにあるのでしょうか?

TAOTAOの特徴やメリットを詳しく解説します。

Yahoo!が出資している安心感

まず、大きなメリットとしてあげられるのが、運営母体の安心感です。

日本でも大手のYahooグループが出資しているため、信頼の面では、非常に安心できるのではないでしょうか。

ちなみに資本金は、7億6000万円となってます。

また、このYahoo!の系列企業のN.Avenue株式会社は仮想通貨業界では有名な「CoinDesk Japan」も運営しており、日本人投資家の仮想通貨に対する認知度にも影響を与えています。

各種手数料が無料

TAOTAOは口座管理料や取引手数料はもちろん、 入出金や入出庫にも手数料がかからない点もメリットとなっています。

[box class=”box8″]

      • 口座開設手数料
      • 口座維持手数料
      • 取引手数料
      • ロスカット手数料
      • 入出金手数料
      • 入出庫金手数料

[/box]

入金手数料が無料のところは多々ありますが、出金手数料が無料なのは、他社にはなく、非常に有利な点です。

ビットフライヤーやコインチェックでも、200円~400円はかかってきますので、圧倒的に使いやすいということです。

私も使っていますが、これだけでも十分な利用価値がありますね。

レバレッジ取引が可能

Taotaoでは、bitflyer等のようにレバレッジ取引が可能です。

仮想通貨の取引方法には、大きく分けて現物取引とレバレッジ取引の2種類の方法がありますが、

現物取引が、自分の持っている資金までしか取引ができないのに比べ、レバレッジ取引では、保有している少額の資金よりも大きな額を証拠金によって取引できることが可能です。

証拠金を預けることによって、それを担保にして、証拠金の何倍もの金額を運用できます。

例えば、レバレッジを4倍にしたレバレッジ取引では4倍の資金額で仮想通貨取引が可能となります。

セキュリティが高い

TAOTAOは、ソフトバンク・テクノロジー株式会社の「マネージドセキュリティサービス for Imperva Incapsula」を採用し、セキュリティをより強固にする取り組みを行っています。

  • コールドウォレットの実装
  • 二段階認証
  • クラウド型WAF(Web Application Firewall)の実装
  • 専用のハードウェア不要
  • 24時間365日のセキュリティ管理と運用が可

以上のような高いセキュリティ体制が整っているため、ユーザーは安心して取引が可能です。

初心者でも使いやすいシンプルなデザイン

Taotaoは非常に簡易的で見やすいデザインであり、

シンプレックス株式会社の「SimplexCryptoCurrency」というシステム採用しています。

このシステムは、競合となり得るLINEが最近開始した仮想通貨取引所BITMAX でも採用されており、使いやすさはユーザー確保の簡単から非常に大きなメリットになり得ます。

スマホアプリが使いやすい

スマホアプリもリリースしており、以下のような特徴があります。

  • 現物/レバレッジ取引がミスなく直感で操作可能
  • 現在の総資産、ポジション、予約状況、損益が一目でわかる
  • 予約機能で注文可能
  • アカウント管理、売買、入金・送金、通知などの必要な機能へ簡単アクセスできる

iOS 版

Android版

ちなみにPC版は見ての通りかなり専門的な形になっており、プロのトレーダーにとっても使いやすくなっています。

Taotaoのデメリット

様々なメリットをあげてきましたが、いくつかデメリットもあります。

取り扱い通貨がまだ少ない

まだ、始まったばかりの取引所ですので、当然ですが5種類の通貨しか扱っていません。

[box class=”box8″]

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル
  • ビットコインキャッシュ
  • ライトコイン

[/box]

時価総額を低いマイナーなアルトコインを取引するには、海外取引所を使用するしかないです。

今後、増えていくと思いますので、今のうちに新規登録しておくことをおすすめします。

利用者がまだ少ない

ユーザー数はまだかなり少ないです。

他社に比べて、スプレッドや手数料の点から様々なメリットもありますので、用途に応じてユーザーが増えていくことでしょう。

大規模キャンペーン実施中

前回大好評だった レバレッジ取引時に発生する建玉管理料まで無料になる 「手数料すべて無料」キャンペーンを4週間ぶりに再開しています!!

すべての手数料が無料になります。

キャンペーン期間

2019年8月28日(水)~当分の間(終了する場合は、30日前にお知らせします。)

キャンペーン内容

上記日時から、レバレッジ取引時に発生する建玉管理料※を無料といたします。
この期間のレバレッジ取引すべてが対象となります。特別な手続きや申込などは一切必要ありません。

「建玉管理料」:取引日をまたいで建玉を保有した場合に建玉ごとに建玉総額の0.04%/日(現状)の手数料が発生します。

取引画面では「レバレッジ手数料」と表示されます

レバレッジ手数料も無料なので、実質この期間は、すべてのサービスが無料で使用できるという破格のキャンペーンになってます。

TAOTAOはこうした利用者向けのキャンペーン模定期的に行っているので、ぜひ今のうちに新規登録を済ませておいてください。

Taotaoの口コミや評判は?

日本の取引所は大手で言うと、ビットフライヤーやコインチェックがありますが、手数料が高めであったり、セキュリティの問題があったりと、不評も多々ありますが、

TAOTAOはやはりセキュリティやユーザーエクスペリエンスの点が評価されています。

今後に期待の持てる仮想通貨取引所ですね。

Taotaoをおすすめできる人

Taotaoは以下のようなユーザーにおすすめできます。

取り扱い通貨が限られているため、BTC ETHを現物保有したい方やレバレッジ取引でメジャーなアルトコインを取引したい方に向いてます。

また、各種手数料も無料なので、海外取引所から日本円を現金化したい方にも非常に使い勝手がよい取引所です。

初心者問わず、ある程度の経験のあるユーザーにとってもレバレッジ取引が無料で利用できる点は強みです。

幅広いユーザーって、使い勝手のある取引所となっています。

Taotaoをおすすめできない人

やはり取り扱い通貨が少ないため、積極的に他のアルトコインでトレードしたい方には向いていません。

現物保有も今のところ、BTC ETHのみなので、かなり限られています。

日本の取引所はどうしても取引できる通貨が制限されてしまうため、マイナーな通貨を取引したい方は、海外取引所にも目を向けてみるとよいかもしれませんね。

Taotaoのまとめ

始まったばかりの仮想通貨取引所ではありますが、他社にはない手数料無料や

安心できる会社で、セキュリティ面もしっかりしているため、初めて仮想通貨取引をする方だけでなく、既存の取引所を使っている方でも利用するメリットがかなりあるのではないかと思います。

ぜひ、今の早い段階で登録しておきましょう。

Source: BAB

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。