【配当ウォレット】SKYTEX(スカイテックス)SKXの将来性やSBLOCKとの比較は?

【配当ウォレット】SKYTEX(スカイテックス)SKXの将来性、独自の 分析、その他情報

2019年は、ウォレット系案件が大流行しており、いくつも出てきました。現在、バタバタと出金できなくなったり不具合が生じています。

現在、生き残っていると言えるのはSBLOCK,Youbankくらいなのではないでしょうか。いつまでも続く訳ではないので、参入は時期を間違えると、大変なことになりますね。

基本的にウォレット系案件は紹介していませんが、なぜ今回やることになったか先に申しますと、私のアップが今回の案件の運営側と仕事仲間であり、一次情報が受け取れるためです。

SKYTEXに関しては本日から世界同時スタートなので、トークン価格が最も安い段階で手に入れることができます。

SKYTEXの概要

SKYTEXは金融市場で経験を積んだ専門家チームによってカナダ設立された仮想通貨取引基金によるプロジェクトです。

会社の主要ビジネスは、仮想通貨取引、ベンチャー投資 (ITおよびブロックチェーンスタートアップ)および仮想通貨取引所の向上です。

TRENDBERG INVEST LP
106 Street
エドモントンアルバータ州
カナダ

会社ホームページ

本社はニューヨークにあります。

単なるウォレット案件ではなく、リスクを最小限に抑えながら収益を生み出す暗号プラットフォームとも言えるでしょう。

主な事業は以下のようになっています。

SKYTEX TRADING BOT (スカイテックストレーディングボット)の開発

SKYTEXには専門チームがおり、トレーディング専門家の経験と分析を基に、 データ処理、自動化のための高度なツールを組み合わせて作成された、暗号取引と取引所間の差益取引のための独自アルゴリズムが含まれています。

暗号通貨ウォレットと取引ツール

多様な銘柄の通貨暗号通貨ウォレットだけでなく、仮想通貨取引から受動的な収入を受け取りブロックチェーンやITプロジェクトに投資することができるツール、

そして独自のSKXトークンを備えた
モバイルアプリケーションを開発しています。

SKX決済システム

SKXは、近い将来始動する金融エコシステムの基盤です。

世界中の膨大な数の商品やサービスで決済手段として利用できます(飛行機、ホテル、大規模な小売チェーン)これにより、SKXの普及と価格の上昇が保障されます。

また、商品やサービスの支払いにSKXを使用する場合、キャッシュバックのシステムがありま、トークンを使用したショッピングが便利になるだけでなく、収益性も向上します

会社の収益源

暗号通貨トークン化基金として、世界中の数千人の投資家が資産を委託し、アナリストのチームがさまざまな企業や新興企業に投資しているため、毎月の収益を受け取っています。

複数の資金投資スキームがあります。

アービトラージ取引

独自開発したアルゴリズムを通じて銀行間の差益取引の遂行に成功しており、
アービトラージとは、異なる取引所間の差益を利用した投資法ですが、ボットを用いて行っています。

レバレッジ取引

顧客がレバレッジ取引できる環境もあり、安定した収益創出を行うための、安全で効果的な手段です。

ベンチャー投資

有名どころでは、LibraやTelegramのTPN,Bakkt等に投資を行ってきています。

以上のような投資管理で、収益を得ています。

自動トレーディングによる配当が受けられることに関して

SKYTEXウォレットでは、自動取引によってユーザーは資金を預けることで受動的な配当が受けられます。

また、取引の際はトレーダーのチームがあり、市場の挙動を常に監視し、詳細な分析を行ってトレーディングボットを微調整します。

会社の資金を信用することにより、SKXトークンで月収の8~17%の配当を手に入れる
ことができます。配当は毎日発生します。

• 保有手数料は 2%です。

• 引き出し手数料はなし(最初の30日間の引き出しのみ、手数料は4%です)。

入れた通貨の額に対して配当が、毎日SKYTEXの独自トークンであるSKX(スカイデックストークン)でウォレットに配布されます。

配当は1日約0.3%前後で、例えば100万円入れたなら、1日3000円程度のSKXトークンで、月にすると約10万円ちょっとのSKXトークンを無償で受け取れます。

トークン価格が上がる事によってそのリターンはもちろん変わってき、SKXの初期設定価格は0.1$です。

価格は上がる設定なので、SKXトークンの価格が三倍になれば、30万円を毎月受けとれるようになります。

もちろんすぐにお金が欲しい人は毎日のSKXトークンをウォレット内でUSDTに換えていつでも引き出すこともできます。

マーケティングによる利益還元に関して

紹介報酬に関しては、どのウォレットでも採用されている特徴の一つですが、紹介して登録者が出た場合、毎日受け取れるSKXに一定の報酬が加算されます。

例えば、私の紹介者が100万円を投資した場合、その紹介者の月の配当収益が10%であった場合、私にもその配当が100%そのまま入ります。

その他にも様々なプランがあり、割愛しますが以下のようになっています。

チームボーナス:10%

SBLOCKやYoubankとの比較

まず、月利に関してですが8~17%です。これがどのように変動するかは現在、確認中です。

直紹介は運用益の100%、第二世代以降は10%。この辺も他のウォレットと大差ありません。

懸念点を述べるとすれば、多くのウォレットが破綻しているなか、どこまでユーザーを確保できるかです。また、会社の利益がどの程度あるのかも気になる点なので、この辺も直接詳しく聞いてみようと思います。

SKYTEXの強みとしては、以下のような点が挙げられます。

  • 初期の段階から登録できる
  • 話題性(SBLOCK関連)
  • 先進技術を活用
  • 匿名性(テレグラムのような認証システム
  • 定期的なレポートと完全な透明性
  • 資金の確実な保護
  • 収入源の多様化
  • 運営の公開性
  • 世界中のどこからでもビジネスを行う能力

今からSBLOCKに参加する方は、あまりいないでしょうし、初期から参加している方は、利益を出せたはずなのでそういったユーザーが次の機会を求めて流れてくる可能性もあります。

SKYTEXの効率的な運用方法

ウォレット系案件もSBLOCK Youbankは、比較的固い案件として紹介され、幸いなことにまだ続いている状況です。ローンチの初期段階で参加できた方は、原資をすでに抜いており、配当生活をおくれているかもしれません。

配当ウォレット の性質上、利益を出すスキームがあったとしても、高配当すぎるため、新規登録ユーザーが頭打ちになれば、その後はたいていは破綻の道をたどります。

したがって、開始された初期の初期の段階で登録しておけば、まず原資金は抜ける可能性が高くなります。

SBLOCKのトークンも3ヶ月続いてトークンは、6倍になりました。世界中に拡散されましたが、SKYTEXもアジアから世界に拡散されます。完全な先行利益を狙うことが可能です。

今回のSKYTEXに関しても、11月から世界中に拡散されていきます。

そして、原資の回収が一番ですので、複利運用は一切やりません。原資を回収できたら、追加投資もしないようにしましょう。

今後のロードマップやイベントに関して

インフルエンサー向け説明会が、10/14東京であります。

その他、タイ、ホーチミン、ハノイ、韓国でも開かれる予定であり、11月に、シンガポール、マルタで、大きなブロックチェーンカンファレンスもあります。

したがって、11月から一気に広がると考えられます。

その前に登録が可能ですので、興味がある方は、ご連絡下さい。まずは、資料をお渡しします。

友だち追加

Source: BAB

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。