ビットコイン(BTC)相場からクジラが消える?Whale AlertCEOが回答

絶滅の危機に瀕するビットコインの「クジラ」

暗号資産(仮想通貨)市場で、数十~数百億円規模の取引を行う大口投資家を示すクジラ(Whales)が、ビットコイン(BTC)の界隈において絶滅の縁にいるとのことです。

動向を監視するWhale Alert

クジラが仮想通貨市場に現れるとき、何らかの目的を持って大口取引を行うようですが、市場で果たす役割についてははっきりと分かってはいません。それを突き止めるために活動を行っているのが、ホエールアラート(Whale Alert)というTwitterアカウントです。

このクジラの活動について、ホエールアラートの最高経営責任者(CEO)フランク(Frank)氏は、機関投資家向け取引プラットフォームであるサンフランシスコ・オープン・エクスチェンジ(SFOX)からのインタビューに答え、ビットコインの価格変動とクジラとの関連性について明らかにしました。

クジラが果たす役割

ホエールアラートの分析によると、少なくともいくつかの状況で、クジラは仮想通貨市場に大きな価格変動を引き起こしてきました。さらにクジラの活動は、現在でも市場に影響を与えています。

2019年10月にビットコインの価格は8,000ドル(約88万円)を割り込み、その後再び10,000ドル(約110万円)にまで回復しました。ビットコインの価格変動については詳しくデータ化されていますが、ホエールアラートはこの動きと関連するとされる複数のトランザクションを追跡し、市場が操作されているという考えへの信ぴょう性を高めています。

他にも2018年8月29日から9月6日の間には、あるクジラが約10億ドル(約1,100億円)相当のビットコインを市場に投じたことを、ホエールアラートは捉えていました。この時、ウォレットから仮想通貨取引所に向かう、完全に連結した状態のトランザクションが発生しています。この移動の数日後には、ビットコインは15%値下がりし、およそ30日間は価格が不安定となっています。

こうした変動とクジラとの因果関係は、確実に立証されたわけではありませんが、クジラによる取引が市場に大きな影響を与える可能性は充分にあります。その影響を確認する方法として、資金の流れをつかむことは非常に有効な手段です。

テザーによる影響

2017年に起きたビットコインの暴騰・暴落は、ある1匹のクジラによるものだとブルームバーグ社(Bloomberg)の記事で取り上げられています。ここで用いられたレポートでは、テザー(USDT)がビットコインの価格押し上げに使われ続け、何年にもわたって価格操作のために市場を循環していたとも報告しています。また、2019年にも、テザーが大きな影響を与えている可能性があり、初頭から数か月の間には膨大な量のテザーが発行され、市場心理に多大な影響を与えました。

多くの人々はこれを市場にとって肯定的にとらえており、多額のテザーがビットコインの購入に使われていると推測しています。その推測が正しいかどうかは別にしても、多くの人々がテザーの発行に反応したことは間違いありません。最終的な分析では、テザーとビットコインの値動きは、密接に関わり合いながら同時に起きていると考えられています。

クジラは過去のものになりつつある

フランク氏は、今後クジラが仮想通貨市場で影響力を強めるとは見ていません。市場が成長を続け、売りに対する経済的圧力が高まれば、クジラがその資産もろともに、すべて消え去ると見ています。

今後のクジラの動きと、ホエールアラートの活動についてフランク氏は、「これら大口投資家は手持ちの通貨を売らざるを得なくなり、より多くの人々が仮想通貨に興味を持ち、仮想通貨を買うようになるだろう。最終的にビットコインの流通は平準化され、クジラも絶滅に近づくことになる。我々は今、11のブロックチェーンを追跡しているが、これからもっと多くのブロックチェーンも対象にする予定だ。すべてのチェーンにおける最初のブロックからデータを集め、前後方向ともに分析できるようになる」と述べました。

ホエールアラートは更なる分析システムの開発を続けており、彼らの活動は仮想通貨市場のクジラがいなくなるまで止むことはないでしょう。

ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート

参考
Bitcoin Whales Are on the Verge of Extinction: Crypto Watchdog
Uncover the Mystery of Bitcoin Whales: SFOX Interviews Whale Alert

【こんな記事も読まれています】
仮想通貨市場に出現するクジラ、熊、雄牛が分かれば取引が面白くなる
Bakktの現物渡しビットコイン(BTC)先物は「バタフライ効果」を呼び込むか?
ビットコイン(BTC)に投資をするべき5つの理由

Source: 仮想通貨ビットコイン

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。