Fidelity Digital Assetsがヨーロッパで最初の顧客を獲得

Fidelity Investmentの暗号通貨に特化した部門、この地域への拡大から1か月後にヨーロッパで最初のクライアントを獲得しました。

フィデリティデジタル資産(FDAS)現在はロンドンをベースcryptocurrency投資会社にビットコインの保管サービス(または長期冷たいストレージ)を提供しますニッケルデジタル資産管理として報告火曜日にロイターが。

ニッケルは2番目のビットコインファンドを立ち上げており、その資金は現在FDASに保管されていると、両社はロイターにニュースを確認した。

FDASは2018年に開始され、昨年正式にサービスが開始されました。同社は機関投資家に主要な暗号通貨ビットコインの保管サービスのみを提供しています。

同社は、昨年末にニューヨーク州金融サービス局からニューヨーク州に拠点を置く仮想資産ビジネスにサービスを提供するライセンスを確保しました。

同時に、FDASも開かれた EUの地域で事業を誘致する目的で12月にロンドンに事務所を。

忠実度アセット

火曜日にロイターに話しかけ、FDASのEU支部長であるChris Tyrerは、少なくとも欧州地域でのBitcoinの大衆的採用を妨げる3つの要因を指摘しました。

彼は、規制要因デジタル資産変動性、および監護などのサービスの質の高いサービスプロバイダーの欠如に言及しました。

FDASは明らかに最後の要因に対応しようとしています。FDASの親会社であるFidelity Investmentsは、7.8兆ドルを超える資産を管理している有力な投資マネージャーの1つです。

FDAS部門との提携により、新しいエンティティは、世界中で暗号化の導入を先導することを目的として、野心的な機関クライアントを上陸させることができるようになります。

「これらの3つの要因が徐々に解消されており、その結果、機関投資家の関心が高まっていると考えています」とタイラー氏は言います。

Tyrerは火曜日の業界誌で、FDAS Europeの焦点を次のように付け加えました。

「欧州の顧客基盤を開発し、優れた運用およびサービスを提供することになります。[…]この市場に参入して以来、すでに早期採用者から家族などの主流の関心へと発展した関心の成熟を見てきました。オフィスや寄付など。」

タイラーによると、カストディ事業は、ファミリーオフィス、ヘッジファンド、ウェルスマネジャーなどの暗号通貨会社などの機関からの関心が高まっています。

しかし、ロイターとのインタビューで、彼はすでに管理下にある資金や資産の数を明らかにすることも、会社がこれまでに上陸した顧客の数を明らかにすることも拒否しました。 

参考資料:https://crypto-economy.com/fidelity-digital-assets-lands-first-customer-in-europe/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。