「LINE Yen」の商標出願、Twitterで一時話題に──LINEの「円トークン」構想?

LINEが商標を出願している「LINE Yen」が1月14日、Twitter上で一時、話題に上った。そのツイートは1月13日につぶやかれ、1月15日13時現在、22RT・47いいねされている。なお出願が公開されたのは2019年5月21日と昨年の話だ。

LINEは独自トークン「LINK(国内ではLINKポイント)」を中心とする経済圏を築き上げようと、2018年8月に「LINE Token Economy」構想を発表。2018年には海外(米国除く)で、2019年には国内で仮想通貨取引所を開設した。

ブロックチェーンを基盤としたトークンエコノミー構想では、日本円などの法定通貨に連動するステーブル・コインも流通するかが重要になる。LINE Yenは、日本円のトークン構想としてLINEトークンエコノミー構想の一環なのだろうか。

LINE広報担当者に、LINE Yenの商標登録について問い合わせてみたが、ノーコメントという答えが返ってきた。

「LINE Yen」と「LEN」を昨年出願

特許情報プラットフォームの出願情報によると、LINEは昨年4月25日に「LINE Yen」の商標を出願。出願人はLINE株式会社で、代理人は西村あさひ法律事務所の弁護士や弁理士だ。

同社はまた同日、「LEN」というシンボルも商標出願しているが、これが「LINE Yen」を短縮したものであるかは定かではない。現在のステータスはどちらも審査待ちだ。

金融に乗り出し、スーパーアプリ化するLINE

LINEは金融領域に注力しており、主力のメッセージアプリ「LINE」を基盤に、金融サービスを展開する施策を進めている。

中国や東南アジアでは、一つのスマートフォンアプリであらゆることができる「スーパーアプリ」が、ライフスタイルを変えるほどに影響力を持つようになっている。その代表例がアリババだ。LINE社もアプリ「LINE」のスーパーアプリ化を進めるための施策として、金融事業の拡大を図っている。

「LINE銀行」がみずほ銀行と連携、「LINE証券」が野村ホールディングスと協業しているのもその一環だ。 

参考資料:https://www.coindeskjapan.com/34374/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。