クライスラービルの新しい所有者は、ブロックチェーンの不動産会社に1億3500万ドル相当の不動産を売却

クライスラービルの新しい所有者は、ブロックチェーンの不動産会社に1億3500万ドル相当の不動産を売却し、購入価格の5分の1をトークン化された証券で取得しています。

ニューヨークに本拠を置くRFRホールディングスは、2019年3月に共同契約でクライスラービル購入し、チューリッヒの商業用不動産の過半数の株式をスイスとドイツにオフィスを持つ不動産業者BrickMarkに売却することに合意しました。

水曜日に発表されたBrickMarkは、購入価格の約20%が会社のBMTセキュリティトークンで支払われると述べた。

この契約により、BrickMarkが建物の80パーセントを獲得し、RFRの残りの株式を9月まで購入するオプションが与えられます。購入価格は明らかにされていませんが、トークンシェアの価値は数千万ユーロと考えられています。

BrickMark CEOのStephan Rindによると、これはデジタルトークンを含む史上最大の不動産取引です。「この規模のトークンベースの不動産取引はこれまでにありませんでした。私たちはかつて不動産業界の概念に過ぎなかったものを実装しています」と彼は言いました。

このプロパティは、バーンホーフシュトラーセのダウンタウン通りにあり(写真)、1平方メートルあたりの家賃は一般に年間13,000ドルから15,000ドルで、世界で最も高価なショッピング地区の1つです。2014年、Swatch Group は報告された4億900万ドルで近くの不動産を購入しました。

cryptocurrencyが関与する最大の不動産の購入の一つだった販売 2018年4月の為替レートで約$ 4百万500ビットコインのためChinseの億万長者へのちょうど外側のサンフランシスコの邸宅の。

BrickMarkのイーサリアムベースのトークンはハイブリッドデジタル証券です。トークン化された永久債券であり、BrickMarkポートフォリオ(現時点では、この1つの建物のみ)の資産に裏打ちされます。BMTの価格は不動産の純資産価値のパフォーマンスを表しており、トークンは所有者に議決権を付与します。

この契約の下で、RFRはチューリッヒの不動産の賃貸可能スペースを6倍に拡大する再開発計画を主導し、年間収益を増やし、したがってトークンの価値を高めます。

今後の展開

Bahnhofstrasseの取引が完了すると、BrickMarkはポートフォリオを拡大する予定です。同社は、5,000万ユーロ(5570万ドル)の資金調達ラウンドを完了し、ヨーロッパおよび北米で他の高価値商業用不動産の取得を開始する予定です。新しい不動産の取得に伴い、より多くのトークンが発行され、既存の保有者が保有するものを薄めることなく、より多くの投資家が参加できるようになります。

現在、BMTトークンを保持しているエンティティはわずかです。当面は資格のある投資家に制限されていますが、BrickMarkが欧州規制のセキュリティトークンオファリング(STO)を通じて個人投資家にBMTトークンを提供できる評価中の計画があります。

ウェブサイトよると、BrickMarkには10億ユーロ(11億ドル)の資産があります。デジタル証券の発行により、投資可能な不動産市場は約80兆ドルに達し、機関にとってよりアクセスしやすくなると同社は考えています。

「上場不動産会社、不動産担保債またはファンド構造を通じて投資家が利用できるのは、[投資可能な不動産]の3%のみです」とRindは水曜日の電話会見で、取引されているのは5%だけであると強調しました。年間ベース。「私たちは、デジタル証券とトークンがこれらの途方もない価値を解き放ち、世界中の人々に、今まで特権を与えられた財産へのアクセスを与えることができると考えています。」

「残りの76兆米ドルの価値を解き放つことは、おそらく世界最大のアドレス可能な市場機会です」とRindはCoinDeskに語りました。

新生産業

他の企業も、不動産におけるブロックチェーンの破壊的な可能性を認識しています。tZEROセキュリティトークンプラットフォームとTezos Foundation 、2019年10月に6億4300 万ドルの英国の不動産をトークン化する契約に署名しました。AssetBlockとして知られる別の不動産スタートアップは、9月にAlgorandブロックチェーンで商業用不動産取引プラットフォームを立ち上げました。

とはいえ、以前のイニシアチブは高い期待に応えることができませんでした。テクノロジースタートアップのFluidityとブローカーディーラーのPropellrの有名なベンチャー企業は、昨年の夏、「十分な制度的欲求がなかった」ため静かに棚上げされました

RFRドイツのマネージングディレクターであるアレクサンダーコブリシェク博士は、バーンホフシュトラーセの取引について次のように述べています。「ブリックマークトークンを購入価格の一部として喜んで受け入れました。デジタル金融商品は、未来。”

「現在の取引は、その量と制度的特性の点で、このセクターの砕氷船機能を備えている可能性がある」とコブリシェックは述べた。 

参考資料:https://www.coindesk.com/chrysler-building-owner-sells-stake-in-zurich-property-for-erc-20-tokens-and-cash 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。(2020年02月~)

https://lin.ee/1rhkgzo  

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。