投資初心者向け教育|5G市場で日本は負けている!?

5G市場において、今中国とアメリカの戦いが激化しています。

むしろアメリカすら圧倒的に、中国に押されているというレポートをアメリカが提出しています。詳しくはコチラ

そして、日本はどうなのか?その事について紹介します。

5G基地局において日本の存在感はゼロ!?

5Gの基地局において、通信行政を担当する総務省は、以前から5Gの推進に力を入れており、一部メディアでは「5Gが日本の未来を切り拓く」といったタイトルをつけ宣伝に躍起になっていました。

しかし、グローバルに見た場合、5Gにおける日本の存在感は薄く、仮に国内で5Gの基地局整備を政府が支援しても、誰が得するのかという状況に陥っています。

その理由は、5Gにおけるインフラ整備の鍵を握る基地局市場において日本メーカーのシェアがゼロに近い状況まで落ち込んでいるからである。

世界の基地局インフラ市場は以下の通りのシェアーになっています。

・1位 中国のファーウェイ(華為技術)
・2位 スウェーデンのエリクソン
・3位 フィンランドのノキア
・4位 中国のZTE
・5位 韓国サムスン

このような状況で、日本メーカーのシェアはわずか2%程度しかなく、基地局ビジネスではほとんど存在感がありません。

ちなみに、アジア各国では、米国の禁輸措置など御構い無しでファーウェイ製品の導入に走っております。

また、イギリスもファーウェイ製品導入のニュースが舞い込んできました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

この状況からファーウェイなしでは5Gのインフラは成り立たない状況になっています。

本来であれば、中国の禁輸措置に対して、日本に良い製品があれば、絶好のチャンスになったのですが、そのような対抗製品が日本にないという悲しい状況です。

さいごに

一部の専門家の中には、5Gは諦めて6Gで勝負しようという話も出ています。

しかし、私から言わせれば、非常にナンセンスな話です。

5G回線のインフラが整ったばかりで、これからその上で走らせるサービスに集中投資しなければいけません。

にも関わらず、6Gなど言語道断ですよね。

5Gの出現により、今までにないサービスが生まれる可能性が高く、それにより多くの産業が影響を受けます。

ドローンや自動運転・スマートウォンなど5Gとの親和性が高い産業でどれだけ盛り返せるか。ここに日本の次のステップアップの鍵がありますね。

Source: 暗号通貨

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。