リップルのトップ送金パートナーが明らかに

Rippleは、2019年の第4四半期に 、ドル投資の観点から、暗号スペースの他のフィンテック凌ぐことできたと報じられたとき、最近  注目を集めました。

Rippleは2019年に非常に成功し、同社は金融分野で多くの認知を得ることができました。

同社は2020年にさらに成功を収めることを計画しており、製品のプロモーションとデジタル資産XRPの採用を開始するための努力を行っています。

リップルのトップ送金パートナー、明らかに

SBIホールディングスは現在、リップルに関してリップルのトップパートナーです。

同社の送金サービスSBI Remitによると、RippleNetの取引量は他の追随を許さないと述べているというオンライン出版物Daily Hodlで言及されている新しい財務報告があることが明らかになりました。

同社は、Swiftのより高速な代替手段を目指すRippleの支払いメッセージングシステムを使用しています。

SWIFTは何十年も銀行や金融機関で使用されてきましたが、Rippleが製品を通じて修正しようとしてきたあらゆる種類の問題に悩まされました。

Rippleは、ユーザーに迅速かつ安価で安全な国境を越えた支払いを提供できます。

サンフランシスコに本拠を置く会社は、おそらくXRPデジタル資産が持っている最も重要なユースケースは、国境を越えた支払いに関係していると言いました。

同社は、XRPを搭載した製品を作成しました。これは、On-Demand Liquidityと呼ばれています。これは以前はxRapidとして知られていましたが、基本的にはSWIFTを置き換えようとしています。

SBI Remitは新しい廊下を開設しました

SBI Remitは、この技術を使用して日本とベトナムの間に新しい廊下を開設しました。

2019年10月にSBIがMoneyTapと呼ばれるRippleを使用した支払いアプリを公開したことは注目に値します。

SBIは、60の日本の銀行を採用することを推進しており、Rippleはアプリの成長に資金を提供できると述べました。

公式メモによれば、「マネータップは、技術協力を強化し、国際送金に関連するイニシアチブを促進するために、US Rippleからの投資を受け入れることを検討する」と述べた。 

参考資料:https://cryptogazette.com/ripples-top-remittance-partner-in-terms-of-volume-is-revealed/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。