イーサリアムがPOSに移行するのはまだ時間がかかる!?POW →POSに移行時に注目です

f:id:moneygamex:20180104124439p:plain

かにたまです。

イーサリアムは将来POW(プルーフ・オブ・ステーク) →POS(プルーフ・オブ・ステーク)に移行されると言われています。ところが、その実現には思った以上に時間がかかりそうです。

 

POW、POSとは?

POWとは、「仕事量の証明」という意味で「Proof of Work」の略称です。その名前のようにWork(仕事量)が多ければ多いほど、恩恵が受けられる仕組みです。

一方、POS「保有による証明」という意味で「Proof of Stake」の略称です。簡単に言えば、通貨の持っている量に応じて増える仕組みです。

詳しく書くと、マイナーのcoin ageという係数(通貨の保有額と保有期間で算出されるポイント)により算出されるだけの報酬が支払われる仕組みとなっております。マイニングに相当する用語としてフォージング(鋳造)と呼ばれています。

詳細は下記事をご覧下さい。

www.bitcoin77777.com

 

 

2017年11月の台北ミートアップ

 

 

POSへの以降はあと3~5年!?

上のミートアップでPOW→POSの移行は3~5年ほどかかるとのことです。

今後3年から5年かけてイーサリアムをプルーフ・オブ・ステークに移行することが前提になる

うーん。想像以上に時間がかかりそうです。

 

jp.cointelegraph.com

ミートアップの内容は、コインテレグラフジャパンさんの記事で日本語で書かれていました。

 

 

POW →POSに移行時に注目です

実はこの移行時を本当に楽しみにしています。これまで小国1国分高い電気代を支払いPOWですが、それが価値を担保していたともいえます。POSになることで安価に生み出された時に市場がどのような反応をするかですね。

 

僕はPOSマイニングを経験して、POSも悪くないと考えるようになりました。

確かにPOSは最初に大量に保持している人が有利になると思います。しかし、それならば新しいPOS通貨をあなた自身が生み出してそっちを大量に保持していき価値を感じる人達の中で広げていけば良いですよね。幸い、仮想通貨は誰でも生み出せます。

結局は、POWだろうが、POSだろうが、その他でも、その通貨にみんなが価値があると思えば上がるし、価値がないと感じるなら下がるだけです。それにみんながずっと保持していれば通貨として流通せず価値は下がるだけです。

ADAやXPなどの通貨の躍進を見ると、POS通貨の支持も増えてきたと感じています。POS通貨で大量に増えても誰も価値を感じなければ価値は上がりません。それにPOS通貨も発行枚数上限がある仮想通貨もありますので、年々増えていかなくなる通貨もあります。

POSは電気代もほとんど関らず、万人がPOSマイニングできる仕組みです。一部のマイナーだけが独占しているわけではありません。

これはイーサリアムのような時価総額が大きい仮想通貨がPOW→POSに移行する際、市場がどんな反応をするかで知ることができると思っています。少し、期間はありますが、3~5年後が楽しみです!

 

 


人気ブログランキング

 良かったら応援お願いします~

 

仮想通貨おススメ取引所

 バイナンス 

 
長所:手数料安い(0.05~0.1%)、仮想通貨の種類が豊富、サーバーが軽快、日本語対応
短所:中国取引所のため規制の危険性がある

 

ビットフライヤー
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
長所:チャートがわかりやすい、CMや提携企業が多く安心感がある、米国にも進出、金融庁認定
短所:少し手数料が高い
 
Zaif

長所:手数料が安い、コイン積み立てが可能、トークンも購入できる、金融庁認定
短所:板が薄い、スマホ(携帯)のアプリが使いにくい
 
コインチェック
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
長所:わかりやすい、通貨の種類が豊富、貸仮想通貨サービス
短所:手数料が高く短期売買は不向き

 

 

Source: お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。