ICOのきな臭い話。「調達額の偽装」が原因で暴落する銘柄も出てくるかもね。


COMSAのTelegramは面白いのでぜひ加入しましょう。


きな臭い話。

本題とは微妙にそれるんですが、朝山さんがこんな投稿をしていました。

スクリーンショット 2018 01 15 11 36 38

スクリーンショット 2018 01 15 11 37 19スクリーンショット 2018 01 15 11 36 10

ICOの調達額偽装

基本的にICOって中身が見えないので、信頼するしかないところがあるんですよね……。

これはまだ大きな問題として火が付いてませんが、国内外でけっこう燃える案件が出てきそう。

偽装が明らかになった案件は、やっぱり価格も大きく下がるのでしょう。健全なことだと思います。


告発するつもりはないですが、あの案件とかあの案件とか……不自然なところがある気がします。

調達金額が大きければ、まさに朝山さんの言うとおり、もっと話題になるはずなんですよねぇ。

オープンなICOで、誰も話題にしてないのに一瞬で巨額を調達して終了→しれっと上場とか、純粋に違和感があります。

偽装までいかなくとも、大口の購入を確保していた可能性は高いですね。公平性はどこへやら……。


そういう疑念がある銘柄は、怖くて買えないし、ブログでも紹介できないですね……。

トランザクションデータの公開は当然の義務としてプロジェクトに課されていきそうですね。




Source: まだ仮想通貨持ってないの?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。