【考察】ブロックチェーンより優れている?「DAG」を採用している通貨ってどうなの?

スクリーンショット 2018 01 19 10 04 19

DAGについて聞かれることが多いので、イケハヤの意見を書いておきます。


DAGはブロックチェーンより優れてる?

ブロックチェーンよりも優れた仕組みとして注目されている「DAG(有向非巡回グラフ)」。

DAGはざっくりいうと、「手数料無料で高速にトランザクション処理ができる」仕組み。

詳しくはここらへんの記事をどうぞ。めっちゃまとまってるので、あえてぼくが解説するのはアホらしいですw

  • DAG型暗号通貨のすすめ ブロックチェーンを代替しうる新技術 | ビットコインの最新情報 BTCN|ビットコインニュース
  • 仮想通貨の未来はDAGコインにあり?ブロックチェーンに代… | News | Cointelegraph
  • 銘柄としては、

    • IOTA
    • ByteBall
    • RaiBlacks
    • Aidos Kuneen

    なんてところがありますね。RaiBlockとAidos Kuneenが爆上げしている関係で、「DAGって言っておけば価格上がるだろ」みたいな雰囲気も出てきています。一種のトレンドですね。

    TravelFlexなんかは、まだDAGではないけれど、今後DAGに移行するという触れ込みでICOをやってます。斬新だなw


    課題はここらへんかな。

    ただし、はたしてこれがブロックチェーンより優れているかは、当然ながら異論があります。

    よく指摘されるものとしては、「歴史が浅すぎるのでほんとうに有用なものかわからない」という話。

    特にセキュリティの面ではたびたび指摘があり、IOTAもMITに批判にされてますね。

    実際、昨年は攻撃とバグが原因で、メインネットでの送受金が停止される自体になっています。MITが辛辣でいいですねw

    Whether or not IOTA’s ledger is “tamper-proof,” the entire IOTA network went down in November, and was completely inoperable for about three days.

    That this has never happened in Bitcoin or Ethereum suggests the extent to which the IOTA network relies on the “coordinator”—a single point of failure—and is not truly decentralized.

    Our response to “A Cryptocurrency Without a Blockchain Has Been Built to Outperform Bitcoin” — MIT Media Lab

    また、そもそもブロックチェーンにおけるオフチェーン系のソリューションが十分に開発されたら、技術的な優位性が失われる可能性もあります

    Lightning Networkだって手数料無料かつ高速ですしね。

    マイクロペイメント等の取引をオフチェーンで実行し、最初と最後の取引だけをビットコインのブロックチェーンにブロードキャストして確定させることで、本来発生するはずだった多額の取引手数料が無料になり、かつ即時の取引確定が可能となるという考え方だ。

    ビットコイン 次の革新 “ライトニングネットワーク”


    ブロックチェーンのキラーアプリともいえる「スマートコントラクト」の実装についても、DAGにおいてはまだ開発途上のようです

    IOTA right now had no smart contract feature. A huge reason for this is that the Tangle doesn’t have a native timestamp function, and this is not easily implemented.

    (5/24) What’s the difference between IOTA Smart Contracts vs. Ethereum Blockchain App Platform? – Quora

    現状、DAGにおいてイーサリアムのようなプラットフォーム性を実装するのは困難だと思われます。DAGでdAppsって実際事例ないですよね?もしご存知でしたらぜひ。


    最後に、interoperability(相互運用可能性)の課題も指摘できます

    DAGとブロックチェーンの間に相互運用性がないと、実際のアプリケーションレベルでは使い物にならない可能性があるんですよね。

    IOTAはここらへんも意識しているようで、公式にもちょっとした説明があります。が、2018年1月時点では開発はここまで進んでいません。

    1 7mgAvIDuCX8Yif0ndoBMzQ

    PolkadotやCOSMOSといったソリューションに、DAGがどのように適応するのかは、ひとつの論点になるでしょう。

    interoperabilityがボトルネックとなり、実用化がブロックチェーンよりだいぶ遅れる……なんてストーリーはありえそうですね。


    まとめ。

    というわけで、DAGの論点をまとめます。

    • ブロックチェーンに比べると、セキュリティリスクが残っている。
    • スマートコントラクトの実装に課題あり。
    • インターオペラビリティに課題あり。
    • dAppsとか作れるのこれ?
    • オフチェーンソリューションとの差別化は?
    • DAGだからすごい!買うべきだ!みたいな煽りは危険

    結局のところ、ブロックチェーンの技術開発のスピードのほうが早いので、DAGは一部のソリューションに特化した技術にしかならないと思うんですよね〜

    DAGが強みを持っているように見える「手数料ゼロの送金」に関しても、どうなんでしょうね。

    主要な仮想通貨に関しても、すぐにペイメントチャネルが整って無料になっていくと思うのですが……。

    ワンチャンあるのはたしかなので、投資対象としてはありだと思います。ぼくは持ってませんけどね。なんかpumpされてる印象があって手を出しにくいんですよね……。

    関連記事:【2018年版】イケハヤが選ぶ、仮想通貨おすすめ銘柄ランキング!



    Source: まだ仮想通貨持ってないの?

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。