リップルの今後の行方は??IDT(通信大手)とMercury FX(両替サービス)とリップルが提携!!

2018年の注目の通貨として知られるリップルですが、

リップルは強みの1つとして、マーケットの着実な拡大という強みがあります。

例えば、リップルアジアの設立や、イギリスの事務所の設立など、各地域に根を張り、普及活動を進めています。

そんな中、さらなる拡大が期待できるニュースがありましたので、紹介します。

リップルの今後の行方は??IDT(通信大手)とMercury FX(両替サービス)とリップルが提携!!

リップル社は2018年1月24日、

通信サービス大手のIDT Corporationと外貨両替サービスを手がけるMercury FXの2社と提携し、リップルのソリューションxRapidを使用することを発表しました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

リップル社の提供するソリューションであるxRapidは、デジタルアセットのリップル(XRP)を使うことで、

リアルタイムにオンデマンドで流動性が担保されます。

これにより、時間やコストをさらに削減し、確実な送金をすることが可能にします。

そのxRapidに期待し、IDT社とMercury FXは業務提携したようですね。

業務提携によるリップルの今後は??

業務提携による、今後のリップルの動向について、気になるところですが、

リップルには、いくつかの強みがあります。

その1つが送金スピードの速さです。

しかし、その市場は、現状金融市場がメインでした。

従い、その市場拡大のために、OMNI社に投資することで、徐々に金融市場だけの送金ソリューションではなく、

個人間の送金ソリューションという市場へ拡大を図っています。

その良い一例がOmni社への投資であり、

今回のIDT社との業務提携です。

IDT社とは、BOSS Revolutionという個人間でのオンライン送金アプリケーションを提供しており、

ユーザーに対し、低コストかつグローバルな送金を提供できるように努力しています。

その低コストでグローバルな送金へのソリューションとして、リップルに期待が寄せられています。

その事が分かるコメントが、IDT社のSVP(シニア・バイス・プレジデント)である、Alfredo O’Hagan氏から以下の通り述べられていました。

オンデマンドで流動性を調達するためにリップルのソリューションのxRapidを試みることにIDTとして興奮しています。

私たちは、xRapidがより多くの取引をリアルタイムかつ低コストで解決できると期待しています。

IDT社のAlfredo O’Hagan氏は、実績のあるベテランで、

American Express, Western Union, MoneyGram, およびXoomといった非銀行系の金融サービス業界で20年以上の経験を有しています。

そのAlfred氏が、認めるリップルは、やはり、本物であり、今後に期待が持てるのではないでしょうか。

さいごに

リップルは、今回の2社との提携により、

ますます、使われる場が広がり、需要が拡大しそうです。

リップル社は、ただの通貨ではなく、

「IoV(価値のインターネット)」の実現を目標としており、またその目標に一歩近づいていますね。

やはり、今後の動向に目が離せません。

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

注目

ちなみに、みなさん国内の取引所(例:Coincheck,bigFlyer 等)は取引手数料が高いという事は知っていますか?

Coincheck: 0.5~0.7%
bittrx:     0.25%
Polonix:   0.15~0.25%
Binance:     0.1%

現在、よく私が使用しているBinance(バイナンス)は、非常に手数料もお得であり、安全な取引所ですので、ぜひこちらから購入してはどうでしょうか?

また、バイナンスは、日本の取引所では買えない、第2のビットコインと言われている通貨を購入する事がでいます!!

確かに、バイナンスは英語のサイトであるため、ハードルが高いと思う方もいるかもしれませんが、

英語という理由だけでチャンスを逃して良いのですか?

英語のハードルは、 LINEの友達追加 していただければ私もサポートしますので、

ぜひ皆さんで億り人を目指しましょう!!

まずは、以下からアカウント作成と送金をトライしてみてください!!

↓↓↓ Binance作成(クリック)

↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

Source: 暗号通貨

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。