予言。2018年は「法定通貨ペッグの仮想通貨」が乱立するよ。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

壮大なのでわかりにくいですが、AURORAの「Boreal」は設計が面白いんですよ。上でイケハヤがツイートしている話と似てます(仕組みは違うので各自勉強!)。

Boreal is the stablecoin of the Aurora network.

Inspired by free banking, each boreal is backed by a combination of ether reserves, debt from loans, and dapp endorsement.

As boreal usage grows, Aurora will begin to issue loans in the currency through the first cryptobank, Decentralized Capital.

These debts will act as another form of collateral for boreals and will generate additional boreal demand due to the required use of boreals in loan repayment, both principal and interest.

価格固定、流動性担保、送金手数料なし、匿名トランザクション可能、という性質のペッグ通貨です。

スクリーンショット 2018 01 26 10 58 24

Borealはまだリリースされてませんが、出てきたらけっこう注目されるんじゃないかな〜と思ってます。

他にも面白いのは「DAI」と「MKR」。こちらも法定通貨ペッグです。

スクリーンショット 2018 01 26 11 00 38

MKRを「ガバナンストークン」と位置づけているのが特徴的です。まだ始まったばかりですが、この設計はペッグ通貨を作る上で有効なのではないかと。

MKRはたぶん価格も上がっていくんじゃないかな……と思って少額持ってたりします。といいつつ仕組みを完全に理解していないので、これから勉強しますw

ペッグ通貨はエコシステムを作る上で必須のものであり、しかもそれを作る金銭的なインセンティブがあるので、今後乱立していくと思われます。イケハヤも「dJPY」作りたいんですよね〜。

たくさん出てきたら困る?

「でも、ペッグ通貨がたくさん出てきたら不便じゃないですか?」

な〜んて声も聞こえますね。

ここらへんについては、長期的には特に問題はないと考えます。

Bancorや0x、アトミックスワップなどなどの技術が発展していけば、どんなペッグ通貨であろうとも、瞬時に交換できる未来がやってくるでしょう。

イケハヤが発行する「dJPY」と「MUFJコイン」を瞬時にバックグラウンドで交換できる……なんてイメージですね。価値は変わらないので、ユーザーサイドでは特に気にすることはありません。

関連記事:Bancorが革命すぎる!実際に使ってみたよ!

ペッグ通貨が使われるようになれば、仮想通貨の経済圏はさらに広がります。2018年の動向に注目ですね!

//platform.twitter.com/widgets.js

Source: まだ仮想通貨持ってないの?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。