ArcBlockと中国最新取引所Biboxはブロックチェーン3.0プロジェクトのために戦略的に提携する

 

ArcBlockとは

ArcBlock は、分散型のアプリケーション(DApps)を構築するためのコンピューティングプラットフォームであり、ブロックチェーン3.0型のプロジェクトです。

詳細はこちらで説明しています。

ArcBlock(ABT)分散型ブロックチェーンアプリケーションを構築および展開するためのプラットフォームおよびエコシステム

ArcBlockはBiboxと戦略的に提携する

中国の最新取引所であるBiboxは正式にArcBlockの戦略的パートナーになり、ArcBlockとBiboxはリソースを共有し、DAppsのArcBlockプラットフォームへの移植とアップグレードを加速するために協力しあうことを正式に発表しています。

 

DAppdsのためのブロックチェーン3.0を促進する

ブロックチェーン 1.0は、ビットコインでの先駆け分権化のトラストレス取引によって定義され、ブロックチェーン 2.0は、スマート契約アプリケーションとICOの新興国、プログラマビリティと考えることができますが、

ブロックチェーン 3.0は、技術の質量実装とエコシステム構築と考えることができます。

ArcBlockは一般にブロックチェーン 3.0内蔵のクロスチェーンDAPP開発フレームワークであり、アプリケーション層の開発インターフェースを提供します。

既存のクロスチェーンプロトコルとは異なり、Arcblockプラットフォーム上のDAppsが相互作用し、並列レベルでブロックチェーンを接続しようとするのではなく、一般標準化を達成するために異なる下層のブロックチェーンを使用しています。

このソリューションは、現在のクロスチェーンの複雑さを巧妙に回避します。

Biboxとは?

Biboxは2017年11月に中国で開始された暗号通貨の取引所サービスです。

Biboxは、世界初の人工知能デジタル資産取引プラットフォームでもあり、各国のトップ開発者とブロックチェーンの専門家によって構成されたブロックチェーン3.0デジタル資産交換を内蔵しています。OkcoinやHuobiの開発者も携わっており、技術的にも専門家で構成されています。

Bibox(ビボックス)-BIX-Binance、Kucoinに続く中国最新暗号通貨取引所

中国の取引所でもあり、同じ中国の最大級の取引所であるBinanceやHuobi、Kucoinに次ぐ可能性がある期待の取引所です。

ブロックチェーン3.0の時代には、今日人々がWebやアプリを使用しているような便利な方法でブロックチェーン技術によってもたらされるプライバシー、相互運用性、自律性を享受することができます。

 

そして、Biboxブロックチェーンは、世界初の人工知能、デジタル資産の取引プラットフォーム、オンライン取引量を構築するために、トップの技術チームと多くのよく知られた業界の専門家の外に国際協力を通じて、高品質のデジタル資産の取引プラットフォームの最先端でもあります。

Bibox取引所の魅力としては以下の点ではないでしょうか。

独自で選定したマイナー銘柄の取り扱い

厳選されたICOトークンの早期上場

自社トークンであるBIXを発行している

Binance 同等のユーザーエクスペリエンス

個人的には現時点ではBinance取引所が取引高も多くユーザーエクスペリエンスの面でも優れているため、こちらで事足りると思いますが、Binanceにはない銘柄の取引ができる点や今後成長していく可能性を考えると開設しておくべき取引所の一つと思います。

開設はこちらから

ABT(ArcBlock Token)はBiboxに上場するか 

今回BIBOXと提携したことを発表したわけですが、これは、トークンの取り扱いではなく、ブロックチェーン3.0を促進するためのプロジェクト上の提携です。

しかし、ArcBlockが発行するABTトークンも取り扱われる可能性は高いと考えられます。

特に、Binance やKucoinには上場していない通貨も早期に取り扱うケースが最近見られますし、

ArcBlock が提携しているブロックチェーンプロジェクトであるCyberMiles のCMTトークンもBiboxでは取り扱いが開始されてます。

同時期に紹介プログラムも開始したことから、Bibox側も新規トークンの取り扱いを積極的に行う方針なのではないでしょうか。

トークンセール前にこうした材料があることは非常に好印象と思いますし、私は期待してます。

取引所に関しては正式に発表はありませんがトークンセールが終了して2月中には上場してくるかと思います。

Binanceまで上場させて来ることができると、トークンの価格もグッと伸びていくでしょうね。

トークンセールは、2月から開始

KYC期間は終了しており、無事通過された方は個人的にメールが届いているはずです。

上記のようなメールが届いており、2月3日からの公式セールに参加できます。

おそらくですが、コミュニティも非常に多く、一人当たりのキャップもかなり少なめに設定されていることが予想できますので、十分な量のトークンは購入できないのではと思っています。

KYC漏れで参加できない方もいるようですし、ICO 終了後も、取引所次第では多少価格も付いて来るのではと思っています。

ArcBlockに関する質問

Q:ArcBlockとは何ですか?

ArcBlockは、分散アプリケーションの開発と展開に焦点を当てたブロックチェーンサービスプラットフォームとエコシステムです。

Q:ArcBlockはどのような問題を解決できますか?

ArcBlockは、分散型ブロックチェーンアプリケーションの開発と展開のためのスケーラブルでスケーラブルで使いやすいプラットフォームの作成に取り組んでいます。

ArcBlockの主な目標は、ブロックチェーン技術の普及を妨げる障壁を取り除くことです。私たちは、ブロックチェーンの開発を大きく進歩させる革新的な方法を見つけることに情熱を持っています。

Q:ArcBlockの競争相手は誰ですか?ArcBlockを目立たせるには?

現在のブロックチェーンは、競争力のある広大な新大陸です。多くの同プロジェクトはArcBlockで見つかった類似の問題を解決しようとしますが、それぞれ異なるアプローチと戦略があります。たとえば、EOSは新しいチェーンの周りに生態系を構築し、新しいブロックチェーン技術を構築しようとします。

ArcBlockは異なる戦略を、ゼロからスタートして、新しいチェーンを作成するつもりはありませんが、新しいプラットフォームの構築は、イーサリアム、ハイパーレジャー、ビットコインなどの既存の主流のブロックチェーンをサポートしている企業と密接に協力します。

ArcBlockプラットフォームを構築するには、トップダウンのユーザー中心の戦略を使用します。代わりに、多くの既存のソリューションの焦点または限られた思考の新しいチェーンを構築しますが、使いやすさを犠牲にして、アプリケーションArcBlockプラットフォームを通じてチェーン新世界を遮断するために、ユーザフレンドリーなリアルタイムの体験を提供します。

Q:ArcBlockとEthereumの違いは何ですか?ArcBlockはどのくらい速く安全ですか?

 ArcBlockがオープンコンピューティング・プラットフォームであり、ブロック・チェーン・アプリケーションを展開、イーサネット・スクエアは、両方の既存の連絡先も非常に異なっている、ブロックチェーン技術です。

リンゴとオレンジを比較するのと同じように、ArcBlockとEthereumを比較してください。

ArcBlock独自のトークン・エコノミー用に最適化されたブロックチェーンを開発し、多くのアプリケーションで十分な1秒あたり100,000トランザクションで設計された高性能トランザクションをサポートする公的帳簿サービスを開発します。将来、このブロックチェーンは、より多くのアプリケーションニーズとシナリオをサポートするように拡張されます。

Q:ArcBlockの機能は何ですか?

ArcBlockは、複数のブロックチェーンプロトコルを接続することを可能にする「オープンチェーンアクセスプロトコル」を発表しました。開発者は、独自のブロックチェーンアグリーメントの評価を選択する権利を得て、異なるチェーン間を行き来することさえできます。

Blockletは、最新のマイクロサービスアーキテクチャとサーバーレスコンピューティングをフルに活用する革新的なコンポーネントです。

また、リアルタイムメッセージングサービスの購読/公開をサポートし、BlockletのAPIゲートウェイとして機能する分散型メッセージングシステムを作成しました。ArcBlockアプリケーションゲートウェイは、分散型設計と安全なメッセージングチャネルを使用します。アプリケーションは、ブラウザとモバイルアプリケーション内のゲートウェイと通信し、エンドユーザにリアルタイムで応答性の高いユーザエクスペリエンスを提供します。

ArcBlockは、集中化されたソフトウェアプラットフォームだけでなく、自己進化するエコシステムです。私たちのArcBlockとArcBlock Foundationは、まもなく開始されており、将来的に私たちのコミュニティのサポートを受けて成長し、進化していきます。

Q:ArcBlockトークンとは何ですか?どのように機能するのですか?

ArcBlockトークン(ABT)は、ArcBlockプラットフォームサービスの使用料を支払うアプリケーショントークンです。プラットフォームにコンピューティングリソースまたはサービスを提供する「マイナー」は、トークンを得ることができます。

Q:ArcBlockトークンをマイニングできますか?

ABTトークンは、システムの作成時にプリキャストされます。ArcBlockプラットフォーム上の一般的な意味のArcBlockプラットフォームでは「鉱業」、「マイナー」は、プラットフォームとしてのコンピューティングリソースの寄与である、さらに、プラットフォームの構築を支援するために、再利用可能なアプリケーションコンポーネントであってもよいし、新たなサービスでも提供によって展開されます。リソースまたはサービスを提供する参加者は、トークン報酬を受け取ることがあります。

Q:ArcBlockは別のパッケージですか?

むしろ、個々のパッケージやAPIのセットよりもArcBlockサービスプラットフォームは、ブロックチェーンとクラウド・コンピューティングを組み合わせた完全なソリューションであり、ArcBlockも、アプリケーションモジュールを提供するために、再利用可能なコンポーネントを開発するために、参加を奨励するために、市場のインセンティブを構築されていますトランザクションを実行します。

Q:ArcBlockはオープンソースプラットフォームですか?

ArcBlock上のオープンソースプロジェクトやプラットフォームがない一般的な意味、我々は分散型ブロックチェーンアプリケーションの開発と展開を促進するための盛んなエコシステムを構築するために、ArcBlockプラットフォームを開発するために、商用ソフトウェアの開発とプロセスの実用的な操作をしているが、出産しました。したがって、ArcBlockプラットフォームは公共サービスチェーンの独自のトークン経済と公共図書をArcBlock専用のサポートが含まれ、それはまた、いくつかの主要なオープンソースのプロトコル参照モデルの重要なノードであると実装を開発します。

オープンソースではありませんが、ArcBlockの設計はオープンスタンダードに準拠しています。我々は、ストーブを再起動しないで、むしろ開発者のニーズを開発するために最善を尽くしています。その間、私たちは様々なブロックチェーン技術コミュニティにも積極的に貢献してきました。

Q:ArcBlockは新しいチェーンを作成することですか?

 ArcBlockたちはゼロからスタートするつもりはなく、異なる戦略を採用しながら、新しいチェーンを作成します。

新しいプラットフォームの構築は、既存の主流のブロックチェーンをサポートして、既存の技術と互換性のない新しいものを作るのではなく、主流のブロックチェーンテクノロジーと連携して開発します。

Q:他のプロジェクトがArcBlock Block Foundation Platformで独自のトークンを発行できますか?

はい。ArcBlockプラットフォームでは、独自のユーザートークンを作成し、ネイティブトークンのすべての機能に直接統合することもできます。

近い将来、開発者がArcBlockプラットフォームにアプリケーションをデプロイしてデプロイすると、ArcBlockアプリケーショントークンを使用してトークンを起動できます。

関連リンク 

公式サイト:https://www.arcblock.io/ja/

白書:https://www.arcblock.io/file/whitepaper/WhitePaperEnV2_en-US.pdf?v=4

Twitter :https://twitter.com/ArcBlock_io

facebook:https://www.facebook.com/arcblock.io/

Source: BAB

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。